沿革

実学教育の伝統と実績

大学の母体は、1978年に開設した宮城デザイン専門学校(現 東北文化学園専門学校)に始まります。医療・福祉・工科・情報のライセンススクールとして発展し、東北科学技術短期大学開設を経て、1999年に本学が開学いたしました。2003年には大学院を設置、東北地域の中核を担う総合大学として発展してきました。現在、時代のニーズに応える実学をより充実させるための改革を行っています。

[資料]写真で振り返る東北文化学園(PDF)
[資料]久慈幼稚園創設者タマシンアレンの生涯(PDF)

1978年 3月
(昭和53年)
学校法人東北文化学園の設立認可。専修学校として宮城デザイン専門学校の設置認可。
1978年 4月
(昭和53年)
仙台市青葉区本町に宮城デザイン専門学校開校。
1983年 12月
(昭和58年)
専修学校として東北医療専門学校の設置認可。
1984年 4月
(昭和59年)
東北医療専門学校開校。
1985年 3月
(昭和60年)
東北商科専門学校継承。
1985年 9月
(昭和60年)
東北商科専門学校に科を増設。東北情報工学専門学校に学校名称変更。
1988年 4月
(昭和63年)
東北医療専門学校が厚生大臣から臨床工学技士養成校として認可。
1990年 4月
(平成2年)
仙台市青葉区国見にキャンパスを移転。科増設に伴う東北工科美術専門学校と東北情報工学専門学校を統合、東北工科情報専門学校に学校名称変更。東北医療専門学校に学科を増設、東北医療福祉専門学校に学校名称変更。東北医療福祉専門学校が厚生大臣から作業療法士養成校及び介護福祉士養成校として認可。
1992年 4月
(平成4年)
東北医療福祉専門学校が厚生大臣から理学療法士養成校及び視能訓練士養成校として認可。
1993年 4月
(平成5年)
東北初の理工系カレッジとして東北科学技術短期大学開学。
1995年 1月
(平成7年)
東北工科情報専門学校及び東北医療福祉専門学校の平成6年度卒業生から、文部大臣告示により「専門士」の称号を付与。
1998年 12月
(平成10年)
東北文化学園大学の設置認可、学校法人東北文化学園大学に法人名称変更。
1999年 4月
(平成11年)
東北文化学園大学開学。東北医療福祉専門学校と東北工科情報専門学校を統合、東北文化学園専門学校に学校名称変更。
2000年 10月
(平成12年)
東北科学技術短期大学の廃止認可。
2002年 9月
(平成14年)
学校法人東北文化学園大学に設置していた東北文化学園専門学校を、友愛幼稚園を設置している学校法人友愛学園に移管。
2002年 10月
(平成14年)
東北文化学園大学医療福祉学部収容定員の変更認可。
2002年 12月
(平成14年)
東北文化学園大学大学院の設置認可。
2003年 3月
(平成15年)
学校法人東北文化学園大学とアレン国際短期大学及び久慈幼稚園を設置している学校法人頌美学園が合併。
2003年 4月
(平成15年)
東北文化学園大学大学院開学。東北文化学園大学医療福祉学部収容定員の増加。
2003年 9月
(平成15年)
東北文化学園大学総合政策学部収容定員の変更認可。
2004年 4月
(平成16年)
東北文化学園大学総合政策学部収容定員の増加。
2006年 4月
(平成18年)
東北文化学園大学科学技術学部の応用情報工学科及び環境計画工学科を、コンピュータサイエンス学科及び住環境デザイン学科に学科名称変更。
2006年 11月
(平成18年)
東北文化学園大学大学院修士課程を博士課程に課程変更認可。
2007年 1月
(平成19年)
アレン国際短期大学の廃止認可。
2007年 4月
(平成19年)
東北文化学園大学大学院博士課程前期課程及び博士課程後期課程を設置。
2008年 4月
(平成20年)
東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科に言語聴覚学専攻及び視覚機能学専攻を設置。東北文化学園大学科学技術学部のコンピュータサイエンス学科及び住環境デザイン学科を、知能情報システム学科及び人間環境デザイン学科に学科名称変更。
2009年 10月
(平成21年)
学校法人東北文化学園大学と学校法人友愛学園が合併。
2010年 4月
(平成22年)
東北文化学園大学医療福祉学部に看護学科を設置。
2011年 4月
(平成23年)
東北文化学園大学大学院博士課程前期課程の健康社会システム研究科健康福祉専攻にナースプラクティショナー養成分野を設置。
2013年 4月
(平成25年)
東北文化学園大学科学技術学部の人間環境デザイン学科を、建築環境学科に学科名称変更。
2016年 4月
(平成28年)
東北文化学園大学科学技術学部に臨床工学科を設置。
 
 

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941