体験入学会

オープンキャンパス開催報告(2019年9月1日)

視能訓練士科

今回は『車が急に目の前へ!車が悪い!?それとも・・・』をテーマに、
視能訓練士の観点から原因を追究しました!


車はスピードをだしていない、歩いている人もよそ見をしていない・・
他に原因は??みんな真剣にお話を聞いています!


見える範囲に異常があると・・・


うわ~こんなに見えづらいのか・・・
この後視野検査を体験して無事原因追究できました!



その他にもいろいろな検査を体験したり、


教科書や在学生のノートを拝見!


出身高校の先輩は視能訓練士科にいるかな?
在校生とのフリートークも弾んだようです!

10月には学園祭もあるので、ぜひまたおいでくださいね!ご参加ありがとうございました!

介護福祉科

介護福祉科体験授業
テーマ:「聴覚障害のある田中さんといっぱいお話がしたい。~基本手話入門~」


手話での自己紹介、挨拶を勉強しました。


「始めまして。私の名前は○○です。出身は○○県です。」
「誕生日は〇月〇日です。よろしくお願いします」



参加者全員で手話しりとり。「しりとり→リス→スイカ→カモメ等等」


本日はご参加ありがとうございました。皆さんの進路のお役に立てていれば幸いです。
機会がありましたら、また、遊びに来てください。

社会福祉科

社会福祉科では、『地域で活躍するコミュニティ・ソーシャルワーカーの仕事を知ろう』というテーマで、社会福祉士の魅力を紹介しました。

模擬授業では、参加者全員で“理想のサロン作り”を体験し、グループワークを通して実施した本校在校生と高校生の皆さんとの交流は、楽しい時間となりました。

また、参加した高校生から

「私は児童分野に興味があったのですが、その他の分野についても知ってみたいと思うようになりました。」

「社会福祉士の仕事は今まで、ぼんやりとしか分からなかったのですが、今回のオープンキャンパスの参加で、いろいろなことを知ることができました。」

という感想が聞かれました。

医療秘書科

この度のオープンキャンパスでは、
午前中に「医療秘書」「診療情報管理士」の仕事を資格試験を中心に
お話を聞いていただきました。


ランチの後、
「医療秘書実習室」で、
実習形式で先輩と一緒に、
医療機関での受付から、会計までの流れを
体験してもらいました。


実際に患者様を医療機関でお呼びする体験や
会計の考え方など体験を通して、理解してくれたようです。

また、今回は、
医療秘書科の卒業生の弟が来てくれました。
姉弟で、同じ分野を志すと言うことは素敵なことですね。

医療秘書科は、姉妹で入学することが多いのです。
3姉妹が全員医療秘書科ということもあります。
卒業生の紹介できてくれたりと、本当に嬉しいです。

医療情報管理科

 医療情報管理科では、午前中は職業紹介や科の特徴の説明、キャンパス内見学、ランチをはさんで、午後は「似ている薬に注意!!」と題し、患者さんの登録から病名の登録、診療内容の薬の部分を中心に医事コンピュータへの入力体験を行いました。
 病院で扱われている薬には、名前の似ているものもあり、間違えると大変なことになります。気を付けて入力したいものですね。
 支援スタッフとしての在校生も笑顔で明るく対応してくれ、参加した高校生のみなさんも安心してお話ししていたようでした。



建築環境学科

夏のオープンキャンパス最終日は『地震に強い建物を考える』をテーマに体験学習を行いました。

簡単な模型を使用し、『免震』・『制振』の構造について体験し、どういう建物が地震に強い建物かという事を学びました。

次に、『ペーパータワーコンテスト』と題し、高さを競うタワーを紙でつくりました。決められた、材料の中で、どれだけ高くタワーを作れるかがポイント!安定するには、どのように補強したらいいのか。試行錯誤しながら、楽しんでつくっていました。一番高く作れたペーパータワーは、安定感バツグンでした!


A4サイズの普通紙3枚でどのよう加工したら、高くなるか検討中。


安定しなければ、材料を加え補強する。

インテリア科

オリジナルフォトフレームのワークショップ開催

インテリア科では、インテリアコーディネーターの仕事を体験的に理解して頂くために、今回は、「オリジナルフォトフレームのワークショップ」を企画しました。

これはまず、好きなポストカードを1枚選び、そのイメージやデザインを出発点にして、周りを囲む無地の生地、周囲の額となる絵柄(えがら)の入った生地、そしてカードを抑えるリボンなどを、コーディネートしながら作っていくワークショップです。

皆さん、思い思いのポストカードを選んだらコーディネートスタート!です。無地も絵柄のある生地も多数ご用意しています。組合わせは無限大に広がり、迷ってしまいます。でも、20分ほどでそれぞれの作品が完成。高校生の皆さんのみずみずしい感性に、私たちも感心しました。


もちろん、科の説明や授業の内容、資格取得についてもしっかり説明を行います。

支援学生の皆さんも、今年のお手伝いはほぼ終了。「去年の今頃は、自分がオープンキャンパスに参加してたんだよね~」と、懐かしくも、ちょっと誇らしそうです。
インテリア科は、高校生の皆さんの「デザインを仕事にしたい!」をこれからも熱烈応援していきます!


オープンキャンパス支援学生のみなさん