2015年7月13日(月) 3年次生配当科目「空調・省エネルギー設備」「環境と設備システム」の共同学外授業として、仙台市松森工場の見学に行ってきました。

松森工場は、仙台市のごみ焼却工場の中では最も新しい工場で、高温燃焼でかつ排ガス量の少ない新しい燃焼方式の導入や、ダイオキシン類の排出抑制のため、触媒反応装置など最新の排ガス処理技術を導入し、周辺環境に十分配慮した施設となっています。また、ごみ焼却の余熱を利用して蒸気による発電を行って工場内の電力を賄うとともに、余剰電力を売電したり、温水をつくる熱源にして隣接する「スポパーク松森」へ電力・高温水を供給するなど、エネルギーの有効利用も図っています。

IMG_1907 IMG_1908

IMG_1929 IMG_1917

IMG_1936 IMG_1940

IMG_1953 IMG_1955