文字サイズ

研究業績

2013年1月から2018年6月までの主な業績を以下に記します。

英文(原著論文)

1Kohno S, Imamura Y, Shindo Y, Seki M, Ishida T, Teramoto S, Kadota J, Tomono K and Watanabe A: Clinical practice guidelines for nursing- and healthcare-associated pneumonia (NHCAP)[Complete translation]. Respiratory Investigation 51(2):103-126, 2013.
2Fuse K, Fujimura S, Kikuchi T, Gomi K, Iida Y, Nukiwa T and Watanabe A: Reduction of virulence factor pyocyanin production in multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa. J Infect Chemother 19(1):82-88,2013.
3Watanabe A: A randomized double-blind controlled study of laninamivir comparing with oseltamivir for the treatment of influenza in patients with chronic respiratory diseases. J Infect Chemother 19(1):89-97,2013.
4Hayami H, Takahashi S, Ishikawa K, Yasuda M, Yamamoto S, Uehara S, Hamasuna R, Matsumoto T, Minamitani S, Watanabe A, Iwamoto A, Totsuka K, Kadota J, Sunakawa K, Sato J, Hanaki H, Tsukamoto T, Kiyota H, Egawa S, Tanaka K, Arakawa S, Fujisawa M, Kumon H, Kobayashi K, Matsubara A, Naito S, Tatsugami K, Yamaguchi T, Ito S, Kanokogi M, Narita H, Kawano H, Hosobe T, Takayama K, Sumii T, Fujii A, Sato T, Yamauchi T, Izumitani M, Chokyu H, Hara H, Akiyama K, Yoshida M, Uno S, Monden K, Kano M, Kaji S, Kawai S, Ito K, Inatomi H, Nishimura H, Ikuyama T, Nishi S, Takahashi K, Kwano Y, Ishihara S, Tsuneyoshi K, Matsushita S, Yamane T, Hirose T, Fujihiro S, Endo K, Oka Y, Takeyama K, Kimura T and Uemura T: Nationwide surveillance of bacterial pathogens from patients with acute uncomplicated cystitis conducted by the Japanese surveillance committee during 2009 and 2010: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli and Staphylococcus saprophyticus. J Infect Chemother 19(3):393-403, 2013.
5Fujita J, Niki Y, Kadota J, Yanagihara K, Kaku M, Watanabe A, Aoki N, Hori S, Tanigawara Y, Cash HL and Kohno S: Clinical and bacteriological efficacies of sitafloxacin against community-acquired pneumonia caused by Streptococcus pneumoniae: nested cohort within a multicenter clinical trial. J Infect Chemotherpy 19(3):472-479, 2013.
6Kohno S, Niki Y, Kadota J, Yanagihara K, Kaku M, Watanabe A, Aoki N, Hori S, Fujita J, and Tanigawara Y: Clinical dose findings of sitafloxacin treatment: Pharmacokinetic- pharmacodynamic analysis of two clinical trial results for community-acquired respiratory tract infections. J Infect Chemother 19(3):486-494, 2013.
7Hamasuna R, Yasuda M, Ishikawa K, Uehara S, Takahashi S, Hayami H, Yamamoto S, Matsumoto T, Minamitani S, Watanabe A, Iwamoto A, Totsuka K, Kadota J, Sunakawa K, Sato J, Hanaki H, Tsukamoto T, Kiyota H, Egawa S, Tanaka K, Arakawa S, Fujisawa M, Kumon H, Kobayashi K, Matsubara A, Naito S, Tatsugami K, Ito S, Narita H, Kanokogi M, Sumii T, Ito K, Hosobe T, Kawai S, Kawano H, Takayama K, Yamaguchi T, Endo K, Yamauchi T, Maeda S, Yoh M, Horie M, Ito M, Chokyu H, Ihara H, Akiyama K, Uno S, Monden K, Kaji S, Nishimura H, Kawahara M, Sato T, Koniishi T, Nishi S, Ishihara S and Yoshioka M: Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japan. J Infect Chemother 19(4):571-578,2013.
8Kashiwagi S, Watanabe A, Ikematsu H, Awamura S, Okamoto T, Uemori M and Ishida K: Laninamivir octanoate for post-exposure prophylaxis of influenza in household contacts: a randomized double blind placebo controlled trial. J Infect Chemother 19(4):740-749,2013.
9Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Iwai K, Sakamaki Y, D van der Heijde, Miyasaka N and Koike T. Efficacy and safety of certolizumab pegol without methotrexate co-administration in Japanese patients with active rheumatoid arthritis: The HIKARI randomised, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol 24(4):552-560,2014.
10Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Sakamaki Y, van der Heijde D, Miyasaka N and Koike T. Efficacy and safety of certolizumab pegol plus methotrexate in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate: the J-RAPID randomized, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol 24(5):715-724. 2014.
11Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N and Koike T: Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients who could not receive methotrexate: 52-week results from an open-label extension of the HIKARI study. Mod Rheumatol 24(5):725-733. 2014.
12Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N and Koike T: Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate: 52-week results from an open-label extension of the J-RAPID study. Mod Rheumatol 24(5):734-743. 2014.
13Kikuchi T, Kobashi Y, Hirano T, Tode N, Santoso A, Tamada T, Fujimura S, Mitsuhashi Y, Honda Y, Nukiwa T, Kaku M, Watanabe A and Ichinose M. Mycobacterium avium genotype is associated with the therapeutic response to lung infection. Clinical Microbiology and Infection 20(3):256-262, 2014.
14Kohno S, Tateda K, Kadota J, Fujita J, Niki Y, Watanabe A and Nagashima M: Contradiction between in?vitro and clinical outcome: Intravenous followed by oral azithromycin therapy demonstrated clinical efficacy in macrolide-resistant pneumococcal pneumonia. J Infect Chemothr 20(3):199-207.
15Naito T, Matsuda N, Tanei M, Watanabe Y and Watanabe A: Relationship between public subsidies and vaccination rates with the 23-valent pneumococcal vaccine in elderly persons, including the influence of the free vaccination campaign after the great East Japan earthquake. J Infect Chemothr 20(7):450-453, 2014.
16Izumikawa K, Watanabe A, Miyashita N, Ishida T and Kohno S: Efficacy and safety of garenoxacin tablets on clinically diagnosed atypical pneumonia: postmarketing surveillance in Japan. J Infect Chemother 20(9):541-548. 2014.
17Izumikawa K, Watanabe A, Miyashita N, Ishida T and Kohno S: Efficacy and safety of garenoxacin tablets on bacterial pneumonia: postmarketing surveillance in Japan. J Infect Chemother 20(9):549-557, 2014.
18Fujimura S, Nakano Y, Watanabe A: A correlation between reduced susceptibilities to vancomycin and daptomycin among the MRSA isolates selected in mutant selection window of both vancomycin and daptomycin. J Infect Chemother 20(12):752-756, 2014.
19Yamamoto Y, Ohmichi M, Watanabe A, Niki Y, Aoki N, Kawai S, Chida K, Mikasa K, Seki M, Ishida T, Kadota J, Matsuse A, Fujita J and Kohno S. A study on the management of acute respiratory tract infection in adults. Jpn J Antibiotics 67(4):223-232, 2014.
20Takeuchi T, Yamamoto K, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N, and Koike T: Early response to certolizumab pegol predicts long-term outcomes in patients with active rheumatoid arthritis: results from the Japanese studies. Mod Rheumatol 25(1):11-20, 2015.
21Watanabe A, Yates PJ, Murayama M, Soutome T and Furukawa H: Evaluation of safety and efficacy of intravenous zanamivir in the treatment of hospitalized Japanese patients with influenza: an open-label, single arm study. Antiviral Ther 20(4):415-423, 2015.
22Hamasuna R, Yasuda M, Ishikawa K, Uehara S, Hayami H, Takahashi S, Matsumoto T, Yamamoto S, Minamitani S, Watanabe A, IwataS, Kaku M, Kadota J, Sunakawa K, Sato J, Hanaki H, Tsukamoto T, Kiyota H, Egawa S, Deguchi T, Tanaka K, Arakawa S, Fujisawa M, Kumon H, Kobayashi K, Matsubara A, Naito S, Kuroiwa K, Hirayama H, Narita H, Hosobe T, Ito S, Ito K, Kawai S, Ito M, Chokyu H, Matsumura M, Yoshioka M, Uno S, Monden K, Takayama K, Kaji S, Kawahara M, Sumii T, Kadena K, Yamaguchi T, Maeda S, Nishi S, Nishimura H, Shirane T, Yoh M, Akiyama K, Imai T and Kano M: The second nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japan, 2012-2013. J Infect Chemother 21(5):340-345, 2015.
23Yanagihara K, Kadota J, Aoki N, Matsumoto T, Sato J, Ogasawara K, Wakamura T, Sunakawa K, Watanabe A, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Ohsaki Y, Watari T, Takeuchi K, Shiokoshi M, Takeda H, Miki M, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Kobayashi N, Takasaki J, Mwzaki K, Konosaki H, Aoki Y, Yamamoto Y, Shoji M, Goto H, Saraya T, Kurai D, Okazaki M, Niki Y, Yoshida K, Kawana A, Saionji K, Miyazawa N, Kudo M, Sato Y, Yoshida T, Asano Y, Tsukada H, Imai Y, Honma Y, Tamamoto T, Ban N, Mikamo H, Sawamura H, Miyara T, Toda H, Sato K, Nakamura T, Fujikawa Y, Mitsuno N, Mikasa K, Sano R, Sugimoto K, Asari S, Nishi I, Miyashita N, Koguchi Y, Kusano N, Mihara E, Kuwabara M, Watanabe Y, Kawasaki Y, Takeda K, Tokuyasu H, Masui K, Negatyama K, Hiramatsu K, Aoki Y, Fukuoka M, Magaribuchi H, Nagasawa Z, Suga M, Muranaka H, Honda J, Fujita M: Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the Surveillance Committee of Japanese Society of Chemotherapy, Japanese Association for Infectious Diseases, and Japanese Society for Clinical Microbiology in 2010: general view of the pathogens' antibacterial susceptibility. J Infect Chemother 21(6):410-420, 2015.
24Tamayose M, Fujita J, Miyagi K, Maeshiro T, Hirata T, Higa F, Tateyama M, Watanabe A, Aoki N, Niki Y, Kadota J, Yanagihara K, Kaku M, Hori S and Kohno S: Correlations between extent of X-ray infiltration and levels of serum C-reactive protein in adult non-severe community-acquired pneumonia. J Infect Chemother 21(6):456-463, 2015.
25Suzuki K, Kurono Y, Ikeda K, Watanabe A, Iwamoto A, Totsuka K, Sunagawa K, Iwata S, Kadota J and Hanaki H: Nationwide surveillance of 6 otorhinolaryngological infectious diseases and antimicrobial susceptibility pattern in the isolated pathogens in Japan. J Infect Chemother 21(7):483-491, 2015.
26Ishikawa K, Hamasuna R, Uehara S, Yasuda M, Yamamoto S, Hayami H, Takahashi S, Matsumoto T, Minamitani S, Kadota J, Iwata S, Kaku M, Watanabe A, Sunakawa K, Sato J, Hanaki H, Tsukamoto T, Kiyota H, Egawa S, Deguchi T, Matsumoto M, Tanaka K, Arakawa S, Fujisawa M, Kumon H, Kobayashi K, Matsubara A, Wakeda H, Amemoto Y, Onodera S, Goto H, Komeda H, Yamashita M, Takenaka T, Fujimoto Y, Tsugawa M,Takahashi Y, Maeda H, Onishi H, Ishitoya S, Nishimura K, Mitsumori K, Ito T, Togo Y, Nakamura I, Ito N, Kanamaru S, Hirose T, Muranaka T, Yamada D, Ishihara S, Oka H, Inatomi H, Matsui T, Kobuke M, Kunishima Y, Kimura T, Ichikawa T, Kagara I, Matsukawa M, Takahashi K, Mita K, Kato M, Okumura K, Kawanishi H, Hashimura T, Aoyama T, Shigeta M, Koda S, Taguchi K and Matsuda Y: Japanese nationwide surveillance in 2011 of antibacterial susceptibility patterns of clinical isolates from complicated urinary tract infection cases. J Infect Chemother 21(9):623-633, 2015.
27Fujimura S, Sato T, Hayakawa S, Kawamura M, Furukawa E and Watanabe A: Antimicrobial efficacy of combined clarithromycin plus daptomycin against biofilms-formed methicillin-resistant Staphylococcus aureus on titanium medical devices. J Infect Chemother 21(10):756-759,2015.
28Nakano Y, Fujimura S, Sato T, Kikuchi T, Ichinose M and Watanabe A: Sterilization method using plasma discharge against biofilm-producing Pseudomonas aeruginosa on surface of contact lens. Journal of Medical and Biological Engineering 35(5):626-633, 2015.
29Watanabe A, Matsumoto T, Igari H, Sawa J, Yamaguchi Y, Sakatani M: Risk of developing active tuberculosis in rheumatoid arthritis patients on adalimumab in Japan. Int J Tuber Lung Dis 20(1):101-108,2016.
30Atsumi T, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Yasuda S, Yamanishi Y, Kita Y, Matsubara T, Iwamoto M, Shoji T, Okada T, Heijde D, Miyasaka N and Koike T: The first double-blind, randomised, parallel-group certolizumab pegol study in methotrexate-na?ve early rheumatoid arthritis patients with poor prognostic factors, C-OPERA, shows inhibition of radiographic progression. Ann Rhum Dis 75(1):75-83, 2016.
31Hirano T, Kikuchi T, Tode N, Santoso A, Yamada M, Mitsuhashi Y, Komatsu R, Kawabe T, Tanimoto T, Ishii N, Tanaka Y, Nishimura H, Nukiwa T, Watanabe A, Ichinose M: OX40 ligand newly expressed on bronchiolar progenitors mediates influenza infection and further exacerbates pneumonia. EMBO Mol Med. 8(4):422-436.2016.
32Takeuchi T, Yamamoto K, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Kobayashi M, Shoji T, Togo O, Miyasaka N, Koike T: Post-hoc analysis showing better clinical response with the loading dose of certolizumab pegol in Japanese patients with active rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol 26(4):473-480, 2016.
33Kashiwagi S, Watanabe A, Ikematsu H, Uemori M, Awamura S: Long-acting neuraminidase inhibitor laninamivir octanoate as post-exposure prophylaxis for influenza. Clin Infect Dis 63(3):330-337, 2016.
34Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M, Ishikawa K, Hayami H, Uehara S, Yamamoto S, Minamitani S, Kadota J, Iwata S, Kaku M, Watanabe A, Sato J, Hanaki H, Masumori N, Kiyota H, Egawa S, Tanaka K, Arakawa S, Fujisawa M, Kumon H, Wada K, Kobayashi K, Matsubara A, Matsumoto T, Eto M, Tatsugami K, Kuroiwa K, Ito K, Hosobe T, Hirayama H, Narita H, Yamaguchi T, Ito S, Sumii T, Kawai S, Kanokogi M, Kawano H, Chokyu H, Uno S,Monden M, Kaji S, Kawahara M, Takayama K, Ito M, Yoshioka M, Kano M, Konishi T, Kadena H, Nishi S, Nishimura H, Yamauchi T, Maeda S, Horie M, Ihara H, Matsumura M, Shirane T, Takeyama K, Akiyama K, Takahashi K, Ikuyama T, Inatomi H, Yoh M: Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Chlamydia trachomatis from male urethritis in Japan. J Infect Chemother 22(9):581-586, 2016. Availlable online July 21, 2016.
35Hayakawa S, Furukawa E, Kawamura M, Kikuchi T, Hirano T, Watanabe A, Fujimura S: Exposure to reactive oxygen species and piperacillin leads to multidrug resistance in Pseudomonas aeruginosa PAO1. Clin Microniol: Open access 5(6), p.1000264, published Nov.10, 2016.
36Atsumi T, Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Yasuda S, Yamanishi Y, Kita Y, Matsubara T, Iwamoto M, Shoji T, Togo O, Okada T, Heijde D, Miyasaka N, and Koike T. Clinical benefit of 1-year certolizumab pegol (CZP) add-on therapy to methotrexate treatment in patients with early rheumatoid arthritis was observed following CZP discontinuation: 2-year results of the C-OPERA study, a phase III randomised trial. Ann Rheumat Dis 76(8):1348-1356, 2017.
37Tode N, Kikuchi T, Sakakibara T, Hirano T, Inoue A, Ohkouchi S, Tamada T, Okazaki T, Koarai A, Sugiura H, Niihori T, Aoki Y, Nakayama K, Matsumoto K, Matsubara Y, Yamamoto M, Watanabe A, Nukiwa T, Ichinose M. Exome sequencing deciphers a germline MET mutation in familial epidermal growth factor receptor-mutant lung cancer. Cancer Science 108(6):1263-1270, 2017.
38Tokuda H, Harigai M, Kameda ,H, Tomono K, Takayanagi N, Watanabe A, Tasaka S, Suda T, Tateda K, and Kadota J. Consensus statements for medical practice: Biological agents and Lung diseases [Abridged english translation by the Japanese Repiratory Spciety]. Respir Invest 55(3):229-251, 2017.
39Hirano T, Yamada M, Sato K, Murakami K, Tamai T, Mitsuhashi Y, Tamada T, Sugiura H, Sato N, Saito R, Tominaga J, Watanabe A, and Ichinose M. Invasive pulmonary mucormycosis: rare presentation with pulmonary eosinophilia. BMC Pulmonary Medicine 17:76, 2017.
40Takesue Y, Kusachi S, Mikamo H, Sato J, Watanabe A, Kiyota H, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Sumiyama Y, Kitagawa Y, Mizuguchi T, Ambo Y, Konosu M, Ishibashi K, Matsuda A,Hase K, Harihara Y, Okabayashi K, Seki S, Hara T, Matsui K, Matsuo Y, Kobayashi M, Kubo S, Uchiyama K, Shimizu J, Kawabata R, Ohge H, Akagi S, Oka M, Wakatsuki T, Suzuki K, Okamoto K, Yanagihara K: Antimicrobial Susceptibility of pathogens isolated from surgical site infections in Japan: comparison of data from nationwide surveillance studies conducted in 2010 and 2014?2015. J Infect Chemother 23(6):339-348, 2017.
41Watanabe S, Ohnishi T, Yuasa A, Kiyota H, Iwata S, Kaku M, Watanabe A, Sato J, Hanaki H, Manabe M, Suzuki T, Otsuka F, Aihara M, Iozumi K, Tamaki T, Funada Y, Shinozaki M, Kobayashi M, Okuda M, Kikyo G, Kikuchi K, Okada Y, Takeshima M, Kaneko O, Ogawa N, Ito R, Okuyama R, Shimada S, Shimizu T, Hatta N, Maeda M, Tsutsui K, Tanaka T, Miyachi Y, Asada H, Furukawa F, Kurokawa I, Iwatsuki K, Hide M, Muto M, Yamamoto O, Niihara H, Takagaki K, Kubota Y, Sayama K, Sano S, Furue M, Kanekura T: The first nationwide surveillance of antibacterial susceptibility patterns of pathogens isolated from skin and soft-tissue infections in dermatology departments in Japan. J Infect Chemother 23(8):503-511, 2017.
42Yanagihara K, Watanabe A, Aoki N, Matsumoto T, Yoshida M, Sato J, Wakamura T, Sunakawa K, Kadota J, Kiyota H, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Ohsaki Y, Fujiuchi S, Takahashi M, Takeuchi K, Takeda H, Ikeda H, Miki M, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H10), Kawakami S, Morino E, Takasaki J, Mezaki K, Chonabayashi N, Tanaka C, Sugiura H, Goto H, Saraya T, Kurai D, Iwata S, Katono Ya, Inose R, Niki Y, Yoshida K, Kudo M, Ehara S, Sato Y, Tsukada H, Watabe N, Aoki N, Honma Y, Mikamo H, Yamagishi Y, Nakamura A, Ohashi M, Seki M, Hamaguchi S, Toyokawa M, Fujikawa Y, Mitsuno N, Ukimura A, Miyara T, Nakamura T, Mikasa K, Kasahara K, Nakayama A, Fukuda S, Nakamura A, Morimura M, Yamashita M, Takesue Y, Wada Y, Sugimoto K, Kusano N, Nose M, Mihara E, Kuwabara M, Doi M, Watanabe Y, Tokuyasu H, Takeda K, Hino S, Negayama K, Mukae H, Kawanami T, Ota T, Fujita M, Honda J, Hiramatsu K, Aoki Y, Fukuoka M, Magarifuchi H, Nagasawa Z, Kaku N, Fujita J, Higa F, Tateyama M.: Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2012: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility. J Infect Chemother 23(9)587-597, 2017.
43Fujimura S, Sato T, Watanabe A: In silico evaluation of impurities found in some generic drugs of piperacillin/tazobactam. J Antimicrob Agents 3(2):1-3, 2017.
44Miyashita N, Higa F, Aoki Y, Kikuchi T, Seki M, Tateda K, Maki N, Uchinou K, Ogasawara K, Kiyota H, and Watanabe A: Clinical presentation of Legionella pneumonia: evaluation of the clinical scoring systems and therapeutic efficacy. J Infect Chemother 23(11):727-732, 2017.
45Nakai H, Sato T, Uno T, Furukawa E, Kawamura M, Takahashi H, Watanabe A and Fujimura S: Mutant selection window of four quinolone antibiotics against clinical isolates of Streptococcus pneumoniae, Haemophilus influenzae and Moraxella catarrhalis. J Infect Chemother 24(2):83-87,2017.
46Miyashita N, Higa F, Aoki Y, Kikuchi T, Seki M, Tateda K, Maki N, Uchinou K, Ogasawara K, Kiyota H, and Watanabe A: Diagnostic predictors of Legionella pneumonia in Japan. J Infect Chemother 24(3):159-163, 2018.
47Miyashita N, Kobayashi I, Higa F, Aoki Y, Kikuchi T, Seki M, Tateda K, Maki N, Uchinou K, Ogasawara K, Kurachi S, Ishikawa T, Ishimura Y, Kanesaka I, Kiyota H, and Watanabe A: In vitro activity of various antibiotics against clinical isolates of Legionella species isolated in Japan. J Infect Chemother 24(5):325-329, 2018.
48Takesue Y, Kusachi S, Mikamo H, Sato J, Watanabe A, Kiyota H, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Sumiyama Y, Kitagawa Y, Nakajima K, Ueda T, Uchino M, Mizuguchi T, Ambo Y, Konosu M, Ishibashi K, Matsuda A, Hase K, Harihara Y, Okabayashi K, Seki S, Hara T, Matsui K, Matsuo Y, Kobayashi M, Kubo S, Uchiyama K, Shimizu J, Kawabata R, Ohge, Akagi S, Oka M, Wakatsuki T, Suzuki K, Okamoto K, Yanagihara K: Antimicrobial susceptibility of common pathogens isolated from postoperative intra-abdominal infections in Japan. J Infect Chemother 24(5):330-340, 2018.DOI: https://doi.org/10.1016/j.jiac.2018.02.011
49Hirano T, Ohkouchi S, Kobayashi M, Ono M, Satoh T, Mitsuishi Y, Watanabe A, Irokawa T, Ogawa H, Sugiura H, Kikuchi T, Akasaka K, Tazawa R, Inoue Y, Nakata K, Kurosawa H and Ichinose M: Alveolar nitric oxide concentration reflects macrophage inflammation and severities of auto-immune pulmonary alveolar proteinosis. ERJ open research 2018, 4:00071-2017[https://doi.org/10.1183/2312054.00071-2017].
50Naito T, Yokokawa H, Watanabe A: Impact of the national routine vaccination program on 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine vaccination rates in older persons in Japan. J Infect Chemother 24(6):496-498, 2018.
51Hayden FG, Sugaya N, Hirotsu N, Lee N, de Jong MD, Hurt AC, Ishida T, Sekino H, Yamada K, Pourtsmouse S, Kawaguchi K, Shishido T, Arai M, Tsuchiya K, Uehara T, Watanabe A: Baloxavir Marboxil for treatment of uncomplicated influenza in adults and adolescents. New Engl J Med (in revision).

邦文原著論文等(学会誌レビューを含む)

1渡辺 彰、菊地利明:非結核性抗酸菌症の診断と治療はどうなっているか?――生物学的製剤への対応を含めてー.日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 35(1):39-45,2015.
2渡辺 彰:生物学的製剤と抗酸菌症.結核(日本結核病学会誌) 91(11-12):677-684, 2016.
3渡辺 彰:生物学的製剤と感染症・化学療法.日本化学療法学会雑誌 65(4):568-576,2017.
4渡辺 彰:生物学的製剤の登場で対応の変革を迫られている抗酸菌症診療.第47回結核・非定型抗酸菌症治療研究会講演記録集(教育講演):15-24,2017.
5渡辺 彰:感染症と抗感染症薬の過去・現在・未来~緑膿菌感染症を含めて~.第51回緑膿菌感染症研究会講演記録集(特別講演):1-7,2017.
6渡辺 彰、柏木征三郎、池松秀之、山口広貴、關 静香、塩境一仁:高齢者等ハイリスク者に対する長時間作用型ノイラミニダーゼ阻害剤laninamivir octanoate hydrateの予防投与における安全性とインフルエンザ発症予防効果の検討.日本感染症学会雑誌92(1):51-60,2018.
7渡辺 彰、榎本 信哉、渋谷 友幸、杉浦 敏之、田島 博山、野崎 稔:トリメブチンマレイン酸塩を配合したかぜ薬の臨床評価.医薬ジャーナル 54(3):842-852, 2018.
8早川幸子、藤村 茂、渡部祐司、古川恵美子、河村真人、宇野浩一、佐藤寿夫、渡辺 彰:東北地方で臨床材料から分離された各種病原細菌に対するチゲサイクリンの抗菌力.日本化学療法学会雑誌 63(6):576-579,2015.
9髙橋 洋、神宮大輔、矢島剛洋、生方 智、庄司 淳、渡辺 彰:当院において冬季2 シーズンに経験した成人RS ウイルス感染症例の臨床像.日本感染症学会雑誌 90(5):645-651, 2016.
10館田一博、石井良和、大西健児、星野一樹、木村利美、岩田 敏、渡辺 彰、清田 浩、門田淳一:Clostridium diffcile感染症“1日”多施設共同研究.日本化学療法学会雑誌 65(1):1-3, 2017.
11泉川公一、渡辺 彰、宮下修行、石田 直、久志本 理、高木宏育、河野 茂.ガレノキサシンの呼吸器疾患を有する患者に発症した肺炎に対する臨床効果―ガレノキサシンの肺炎に対するレトロスペクティブ解析―.化学療法の領域 33(5):131-146, 2017.
12亀田秀人、西田圭一郎、南木敏宏、渡辺 彰、大島行哉、桃原茂樹:関節リウマチに対するセルトリズマブペゴルの安全性及び有効性:使用成績調査の中間解析.日本臨床免疫学会会誌 40(3):196-205, 2017(June 26).
13村上義孝、西脇祐司、金津真一、大庭真梨、渡辺 彰:65歳高齢者における23価肺炎球菌ワクチン(PPSV23)接種率および接種啓発活動の実態に関する全国調査.日本公衆衛生学会誌 65(1):20-24, 2018.

ガイドライン・委員会報告等

1社団法人日本感染症学会・インフルエンザ委員会(渡辺 彰、荒川創一、谷口清州、青木洋介、石田 直、國島広之、菅谷憲夫、三鴨廣繁):一般社団法人日本感染症学会提言, 鳥インフルエンザA(H7N9)への対応【暫定】.日本感染症学会[http://www.kansensho.or.jp/influenza/pdf/1305_teigen.pdf](2013年5月17日).
2徳田 均,門田淳一,亀田秀人、須田隆文、高柳 昇、田坂定智、舘田一博、朝野和典,針谷正祥、渡辺 彰:生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き(日本呼吸器学会 生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き作成委員会編集),日本呼吸器学会,東京,2014年2月28日発行,pp1-94(pp49-58「抗酸菌感染症 a.結核」を担当).(http://fa.jrs.or.jp/guidelines/guidance_respiratory-disease.pdf)
3新型インフルエンザ等、標準診療ガイドライン策定委員会(庵原俊昭、氏家良人、石井芳樹、石田 直、大石和徳、大曲貴夫、川名明彦、竹田普浩、舘田一博、中川 聡、藤田次郎、細矢光亮、森島恒雄、行岡哲男、渡辺 彰).成人の新型インフルエンザ治療ガイドライン 2014年3月31日.[ 厚生労働省 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業 重症のインフルエンザによる肺炎・脳症の病態解析・診断・治療に関する研究班(研究代表者:森島恒雄、厚生労働省 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業 成人の重症肺炎サーベイランス構築に関する研究班(研究代表者:大石和徳)、科学特別研究事業 新型インフルエンザ等を起因とする急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対する体外式膜型人工肺(ECMO)療法の治療成績向上の為のシステム構築班(研究代表者:竹田普浩)].厚生労働省[http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/dl/guideline.pdf](2014年6月6日、厚生労働省ホームページ掲載)
4日本呼吸器学会呼吸器ワクチン検討WG委員会/日本感染症学会ワクチン委員会・合同委員会(大石和徳[委員長]、岩田 敏、岡田賢司、河野 茂、朝野和典、永井英明、二木芳人、丸山貴也、宮下修行、渡辺 彰).65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方.日本呼吸器学会/日本感染症学会,東京,2015年1月5日 [http://www.kansensho.or.jp/guidelines/pdf/o65haienV/o65haienV_150105.pdf]
5日本呼吸器学会呼吸器ワクチン検討WG委員会/日本感染症学会ワクチン委員会・合同委員会(大石和徳[委員長]、岩田 敏、岡田賢司、河野 茂、朝野和典、永井英明、二木芳人、丸山貴也、宮下修行、渡辺 彰).65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方(アップデート版、2015-9-5).日本呼吸器学会/日本感染症学会,東京,2015年9月5日 [http://www.kansensho.or.jp/guidelines/pdf/o65haienV_150905.pdf]
6公益社団法人日本化学療法学会レジオネラ治療薬評価委員会(宮下修行、青木洋介、菊地利明、関 雅文、舘田一博、比嘉 太、牧 展子、内納和浩、小笠原和彦、渡辺 彰).レジオネラの診断と治療に関するアンケート調査結果.日本化学療法学会雑誌 64(1):66-75,2016 (Jan 10).
7河野 茂,青木洋介、今村圭文,門田淳一,志馬伸朗,高橋 洋,塚田弘樹,寺本信嗣,朝野和典,比嘉 太,松本哲哉,丸山貴也,三木 誠,宮下修行,迎 寛,吉田雅博,青木信将,井手昇太郎,上池隆史,大塚竜也,片岡裕貴,倉井大輔,小宮幸作,中村 造,南宮 湖,野口真吾,原永修作,藤倉雄二,堀田信之,間辺利江,茂呂 寛,葛谷雅文,佐々木英忠,中田紘一郎,中浜 力,渡辺 彰,鈴木昭仁:成人肺炎診療ガイドライン2017.日本呼吸器学会,東京,2017年4月20日発行,pp1-175.
8徳田 均,門田淳一,亀田秀人、須田隆文、高柳 昇、田坂定智、舘田一博、朝野和典,針谷正祥、渡辺 彰:短縮版:生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き(日本呼吸器学会 生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き作成委員会編集),日本呼吸器学会,東京,2017年4月20日発行,pp1-34(pp19-21「抗酸菌感染症 a.結核」担当). (http://fa.jrs.or.jp/guidelines/guidance_respiratory-disease_s.pdf)
9一般社団法人日本感染症学会肺炎球菌ワクチン再接種問題検討委員会(大石和徳、大島信治、川上和義、川上健司、永井英明、渡辺 彰[委員長]):肺炎球菌ワクチン再接種のガイダンス(改訂版).感染症学雑誌 91(4):543-552,2017(July 28). [http://www.kansensho.or.jp/guidelines/pdf/pneumococcus_vaccine_re_1707.pdf]
10日本呼吸器学会呼吸器ワクチン検討WG委員会/日本感染症学会ワクチン委員会・合同委員会(大石和徳[委員長]、岩田 敏、岡田賢司、河野 茂、朝野和典、永井英明、二木芳人、丸山貴也、宮下修行、渡辺 彰).65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方(第2版 2017-10-23). 日本呼吸器学会/日本感染症学会,東京,2017年10月23日[http://www.kansensho.or.jp/guidelines/pdf/o65haienV/o65haienV_171023.pdf]
11成人の新型インフルエンザ治療ガイドライン(第 2 版)作製委員会(森島恒雄、石田 直、大石和徳、大曲貴夫、門田淳一、川名明彦、國島広之、関 雅文、竹田普浩、田坂定智、舘田一博、藤田次郎、渡辺 彰).成人の新型インフルエンザ治療ガイドライン第2版 2017年11月.[平成28~29年度 日本医療研究開発機構 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業、新型インフルエンザ等への対応に関する研究(研究開発代表者:森島恒雄)].厚生労働省(2018年1月11日、厚生労働省ホームページ掲載)[http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/kenkyu.html]
12渡辺 彰、岩田 敏、坂田 宏、佐藤吉壮、鈴木賢二、宮下修行、堀 誠治、山口禎夫、小田島正明、交久瀬善隆、長谷川寿一、牧 展子、和田光市:委員会報告、小児感染症分離菌における感受性サーベイランス.日本化学療法学会雑誌 66(3):341-350,2018(May 10)
13三学会合同ブレイクポイント臨床応用検討委員会(館田一博、石井良和、猪川和朗、大塚喜人、菅野治重、川上小夜子、小松 方、冨山直樹、中村竜也、二木芳人、花木秀明、平松和史、松永直久、山本 剛、矢野寿一、栁原克紀)、三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス運営委員会(清田 浩、賀来満夫、坂田 宏、佐藤智明、竹末芳生、館田一博、保富宗城、前﨑繁文、渡辺 彰)、三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス実務委員会(渡辺 彰、竹末芳生、山本新吾、青木信樹、池田勝久、石川清仁、岩淵博史、大西誉光、金子明寛、草地信也、黒野祐一、小林加直、坂田 宏、佐藤淳子、佐藤吉壮、鈴木賢二、高橋 聡、濵砂良一、速見浩士、保富宗城、松本哲哉、三鴨廣繁、安田 満、栁原克紀、矢野寿一、渡辺晋一、和田耕一郎、今井啓之、高橋義三郎、辻 敏勝、南谷進市、藤巻一雄、丸尾彰範、若村友太郎):ブレイクポイントの臨床応用を考える、①フルオロキノロン剤.ライフサイエンス出版株式会社、東京、2018年3月16日発行、pp3-51.
14渡辺 彰、岩田 敏、坂田 宏、佐藤吉壮、鈴木賢二、宮下修行、堀 誠治、山口禎夫、小田島正明、交久瀬善隆、長谷川寿一、牧 展子、和田光市:委員会報告、小児感染症分離菌における感受性サーベイランス.日本感染症学会雑誌92(3):339-346,2018 (May 20)

書籍編集・監修

1渡辺 彰:プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2013-2014(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2013年9月1日発行,pp.1-67.
2渡辺 彰、尾内一信:そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクトガイド(渡辺 彰、尾内一信編著),診断と治療社、東京,2014年1月30日発行,pp.1-238.
3森下宗彦、渡辺 彰:結核ハンドブック(森下宗彦、渡辺 彰編著),アトムズ、東京,2014年6月2日発行,pp.1-232.
4渡辺 彰:プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2014年9月20日発行,pp.1-62.
5渡辺 彰:プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2015-2016(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2015年9月20日発行,pp.1-79.
6渡辺 彰:抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日初版発行,pp.1-359.
7渡辺 彰:プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2016-2017(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2016年12月20日発行,pp.1-87.

著書分担執筆(一部再掲あり)

1三木 誠、渡辺 彰:Ⅰ 巻頭トピックス,5 抗菌薬療法の進歩―Hit and Away.呼吸器疾患最新の治療2013-2015(貫和敏博・杉山幸比古・門田淳一編),南江堂,東京,2013年2月15日発行,pp.23-26.
2渡辺 彰:2 呼吸器疾患、Ⅱ 主な疾病と診療、1 感染症、5 結核,非結核性(非定型)抗酸菌症.臨床病態学1(北村 聖 編),ヌーヴェルヒロカワ,東京,2013年3月25日発行、第2版、pp.269-273.
3渡辺 彰:13.ノイラミニダーゼ阻害薬.インフルエンザUpdate-課題と問題点(菅谷憲夫 編)、医歯薬出版㈱、東京、2013年4月10日発行、第1版、pp.83-88.
4渡辺 彰:ⅩⅤ-2,インフルエンザ.診療ガイドラインUP-TO-DATE 2012-2013(門脇 孝・小室一成・宮地良樹監修),メディカルレビュー社、大阪,2012年5月1日発行,pp.712-716.
5渡辺 彰:1.内科、f.結核および非結核性抗酸菌症.最新・感染症治療指針 2013年改訂版(後藤 元 監修),医薬ジャーナル社、大阪,2013年5月30日改訂18版発行,pp.125-135.
6渡辺 彰:4-12 Q熱.内科學第10版(矢崎義雄 総編集),朝倉書店,東京,2013年6月10日発行,pp.338-339.
7渡辺 彰:序にかえて、インフルエンザの歴史と本書の意義~インフルエンザはいつからあったのか?~.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2013-2014(渡辺 彰 編著),医薬ジャーナル社、大阪,2013年9月1日発行,pp.3-6.
8渡辺 彰:1. 2013~2014年シーズンの最新知識とトピックス、2)オセルタミビル耐性インフルエンザウイルスはどうなったのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2013-2014(渡辺 彰 編著),医薬ジャーナル社、大阪,2013年9月1日発行,pp.14-18.
9渡辺 彰:1. 2013~2014年シーズンの最新知識とトピックス、3)H5N1やH7N9などの鳥インフルエンザはパンデミックを起こすのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2013-2014(渡辺 彰 編著),医薬ジャーナル社、大阪,2013年9月1日発行,pp.19-23.
10渡辺 彰:2. インフルエンザの予防対策指針、4)高齢者施設ではインフルエンザ予防対策をどうするのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2013-2014(渡辺 彰 編著),医薬ジャーナル社、大阪,2013年9月1日発行,pp.52-56.
11渡辺 彰:Ⅲ.呼吸器感染症・インフルエンザ,インフルエンザ(Influenza).別冊日本臨牀・新領域別症候群シリーズ No.25 感染症症候群(第2版)、下(舘田一博・山口惠三監修).日本臨牀社,大阪,2013年9月20日発行,pp202-206.
12渡辺 彰:Chap.3,D.予防,高齢者施設における予防投与-病院の場合と比較して.インフルエンザ診療ガイド2013-14(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2013年10月19日発行,pp.88-96.
13渡辺 彰:Chap.6, インフルエンザ治療薬.インフルエンザ診療ガイド2013-14(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2013年10月19日発行,pp.111-122.
14渡辺 彰:呼吸器感染症と防御.全部見える呼吸器疾患(玉置 淳監修),成美堂出版,東京,2013年11月30日発行、pp.84-85.
15渡辺 彰:かぜ症候群.全部見える呼吸器疾患(玉置 淳監修),成美堂出版,東京,2013年11月30日発行、pp.86-89.
16渡辺 彰:インフルエンザ.全部見える呼吸器疾患(玉置 淳監修),成美堂出版,東京,2013年11月30日発行、pp.90-93.
17渡辺 彰:肺炎球菌感染症.今日の治療指針 2014年版 (山口 徹・北原光夫監修、福井次矢・高木 誠・小室一成総編集).医学書院,東京,2014年1月1日発行,pp229-230.
18渡辺 彰:序章 成人における予防接種がなぜ重要か?.そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクトガイド(渡辺 彰、尾内一信編著),診断と治療社、東京,2014年1月30日発行,pp.2-7.
19渡辺 彰:第一章 内科医に必要な予防接種のポイント,2.成人用肺炎球菌ワクチン.そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクトガイド(渡辺 彰、尾内一信編著),診断と治療社、東京,2014年1月30日発行,pp.15-20.
20渡辺 彰:第5章 感染症,8.リケッチア感染症.わかりやすい内科学第4版(編集主幹;井村裕夫、足立壯一・岡崎和一・尾崎承一・木下彩栄・陳 和夫・中井義勝・中泉明彦・藤田正俊・柳田素子編集),文光堂、東京,2014年2月4日発行,pp.422-423.
21渡辺 彰:第5章 感染症,9.Q熱.わかりやすい内科学第4版(編集主幹;井村裕夫、足立壯一・岡崎和一・尾崎承一・木下彩栄・陳 和夫・中井義勝・中泉明彦・藤田正俊・柳田素子編集),文光堂、東京,2014年2月4日発行,pp.423-424.
22渡辺 彰:第5章 感染症,10.マイコプラズマ感染症.わかりやすい内科学第4版(編集主幹;井村裕夫、足立壯一・岡崎和一・尾崎承一・木下彩栄・陳 和夫・中井義勝・中泉明彦・藤田正俊・柳田素子編集),文光堂、東京,2014年2月4日発行,pp.424-425.
23渡辺 彰:第5章 感染症,11.クラミジア感染症.わかりやすい内科学第4版(編集主幹;井村裕夫、足立壯一・岡崎和一・尾崎承一・木下彩栄・陳 和夫・中井義勝・中泉明彦・藤田正俊・柳田素子編集),文光堂、東京,2014年2月4日発行,pp.425-426.
24徳田 均,門田淳一,亀田秀人、須田隆文、高柳 昇、田坂定智、舘田一博、朝野和典,針谷正祥、渡辺 彰:生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き(日本呼吸器学会 生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き作成委員会編集),日本呼吸器学会,東京,2014年2月28日発行,pp1-94(pp49-58「抗酸菌感染症 a.結核」を担当).
25渡辺 彰:Ⅸ.関節リウマチの合併症,治療薬による有害事象,感染症.日本臨牀増刊号「最新関節リウマチ学)寛解・治癒を目指した研究と最新治療」.日本臨牀社,大阪,2014年4月20日発行,pp640-644.
26渡辺 彰:Ⅴ 結核の治療,1 治療の原則(治療の進め方).結核ハンドブック(森下宗彦、渡辺 彰編著),アトムズ、東京,2014年6月2日発行,pp.85-86.
27渡辺 彰:Ⅴ 結核の治療,2 化学療法.結核ハンドブック(森下宗彦、渡辺 彰編著),アトムズ、東京,2014年6月2日発行,pp.86-90.
28渡辺 彰:Ⅸ 結核の将来の展望,2 化学療法.結核ハンドブック(森下宗彦、渡辺 彰編著),アトムズ、東京,2014年6月2日発行,pp.207-212.
29渡辺 彰:序にかえて、改訂の意義と「新型インフルエンザ」について.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2014年9月20日発行,pp.3-5.
30渡辺 彰:2. インフルエンザの予防対策、1.ラニナミビルによるインフルエンザ予防指針.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2014年9月20日発行,pp.38-42.
31渡辺 彰:3. 日常診療でよくある疑問、2.インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種は安全である.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2014年9月20日発行,pp.50-54.
32渡辺 彰:補足、海外のインフルエンザ診療事情~海外ではどのように診ているのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2014年9月20日発行,pp.55-58.
33渡辺 彰:Chap.3 予防・治療,D 高齢者施設における予防投与-病院の場合と比較して.インフルエンザ診療ガイド2014-15(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2014年10月20日発行,pp.97-105.
34渡辺 彰:Chap 6, インフルエンザ治療薬.インフルエンザ診療ガイド2014-15(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2014年10月20日発行,pp.121-133.
35渡辺 彰:Ⅲ章 主要な感染症(原因微生物毎)、E 抗酸菌症.結核.感染症診療update [日本医師会雑誌 143(S2)特別号(2)[生涯教育シリーズ87],河野 茂・跡見 裕監修,岩田 敏、岩本愛吉、大曲貴夫、齋藤昭彦、竹末芳生 編集],日本医師会,東京,2014年10月15日発行,pp.S330-S333.
36渡辺 彰:Q熱.今日の治療指針 2015年版 (山口 徹・北原光夫監修、福井次矢・高木 誠・小室一成総編集).医学書院,東京,2015年1月1日発行,pp215.
37三木 誠、渡辺 彰:微生物学的検査 細菌関連検査、レジオネラ.これだけは知っておきたい検査のポイント(矢富 裕編集、medicina 52, No.4 2015増刊号):536-537,2015 (Apr.1).
38渡辺 彰:12.感染性疾患、インフルエンザ.今日の診断指針 第7版 (金澤一郎、永井良三 総編集).医学書院,東京,2015年3月31日発行,pp1385-1386.
39渡辺 彰:5.被災3県における予防接種事業~23価肺炎球菌ワクチン莢膜ポリサッカライドワクチンの無料接種事業の展開.肺炎球菌ワクチンの新しい展開・改訂4版(金澤 實・大石和徳 編),医薬ジャーナル社、大阪,2015年8月20日発行,pp.74-89.
40渡辺 彰:第2章 接触・飛沫・空気による職業感染の予防、3.医療従事者のインフルエンザ感染予防と曝露後の対策―病院と高齢者施設、季節性インフルエンザと高病原性鳥インフルエンザのそれぞれを考える―.医療現場夷における職業感染予防と曝露後の対処(木村 哲編),医薬ジャーナル社、大阪,2015年9月10日発行,pp.58-67.
41渡辺 彰:序にかえて、改訂の意義と「新興・再興感染症」考.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2015-2016(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2015年9月20日発行,pp.3-6.
42渡辺 彰:2. インフルエンザの予防対策、1.ラニナミビルによるインフルエンザ予防指針.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2015-2016(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2015年9月20日発行,pp.51-55.
43渡辺 彰:2. インフルエンザの予防対策、3. 抗インフルエンザ薬予防投与の効果はどのくらいあるのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2015-2016(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2015年9月20日発行,pp.62-64.
44渡辺 彰:3. 日常診療でよくある疑問、2.インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種は有効で安全である.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2015-2016(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2015年9月20日発行,pp.71-76.
45三木 誠、渡辺 彰:CASE04、両下肢に浮腫が出現し、食思不振を訴える85歳男性.New専門医を目指すケースメソッドアプローチ、呼吸器疾患第3版(永井厚志編),日本医事新報社,東京,2015年10月4日発行,pp.33-42.
46渡辺 彰:Chap 6, インフルエンザ治療薬.インフルエンザ診療ガイド2015-16(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2015年10月15日発行,pp.128-140.
47渡辺 彰、髙橋 洋:Ⅱ各論、8.Q熱.小児の肺炎・改訂版(砂川慶介・尾内一信 編),医薬ジャーナル社,大阪,2016年1月10日発行,pp.251-262.
48渡辺 彰:リケッチア感染症(ツツガムシ病、日本紅斑熱).今日の治療指針 2016年版 (山口 徹・北原光夫監修、福井次矢・高木 誠・小室一成総編集).医学書院,東京,2016年1月1日発行,pp232-233.
49渡辺 彰:Ⅲ.症候・病態編,咽頭痛.内科診断学(福井次矢,奈良信雄 編,第3版),医学書院,東京,2016年2月15日発行,pp.376-382.
50渡辺 彰:Ⅲ.症候・病態編,咳・痰.内科診断学(福井次矢,奈良信雄 編,第3版),医学書院,東京,2016年2月15日発行,pp.444-452.
51渡辺 彰、高橋 洋:Ⅳ 呼吸器感染症,7 Q熱.呼吸器疾患最新の治療2016-2018(杉山幸比古・門田淳一・弦間昭彦編),南江堂,東京,2016年3月10日発行,pp.224-226.
52渡辺 彰:はじめに.抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.3.
53渡辺 彰:序章.抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.19-20.
54渡辺 彰:第三章 抗菌薬関連の基礎知識と最新知見、①抗生物質と抗菌薬.抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.330.
55渡辺 彰:第三章 抗菌薬関連の基礎知識と最新知見、②抗菌薬の殺菌作用と静菌作用.抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.330.
56渡辺 彰:第三章 抗菌薬関連の基礎知識と最新知見、③組織内移行.抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.330-331.
57渡辺 彰:第三章 抗菌薬関連の基礎知識と最新知見、④Drug lag(使い方を含めて).抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.331.
58渡辺 彰:第三章 抗菌薬関連の基礎知識と最新知見、⑤De-escalation.抗菌薬パーフェクトガイド(渡辺 彰 編著),ヴァン メディカル社,東京,2016年4月15日発行,pp.331.
59渡辺 彰:Chap 6, インフルエンザ治療薬.インフルエンザ診療ガイド2016-17(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2016年10月21日発行,pp.134-148.
60渡辺 彰:序にかえて、新規抗インフルエンザ薬の展望.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2016-2017(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2016年12月20日発行,pp.3-6.
61渡辺 彰:2. インフルエンザの予防対策、2. 抗インフルエンザ薬予防投与の効果はどのくらいあるのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2016-2017(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2016年12月20日発行,pp.57-63.
62渡辺 彰:3. 日常診療でよくある疑問・質問、2.インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種は有効で安全である.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2016-2017(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2016年12月20日発行,pp.67-74.
63渡辺 彰:コラム1. 「強毒性」、「弱毒性」を使うのは法律違反? プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2016-2017(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2016年12月20日発行,pp.85.
64渡辺 彰:コラム2. 異常行動/言動は本当に抗インフルエンザ薬によるものか? プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2016-2017(渡辺 彰編著),医薬ジャーナル社、大阪,2016年12月20日発行,pp.86.
65渡辺 彰:Q熱.今日の治療指針 2017年版 (福井次矢・高木 誠・小室一成総編集).医学書院,東京,2017年1月1日発行,pp180.
66三橋善哉、渡辺 彰:2.院内肺炎における一般的な抗菌薬治療について.呼吸器疾患-最新の薬物療法- 2.感染症・免疫アレルギー・びまん性肺疾患ほか.(川名明彦・江口研二 編),克誠堂出版,東京,2017年1月6日発行,pp.9-14.
67徳田 均,門田淳一,亀田秀人、須田隆文、高柳 昇、田坂定智、舘田一博、朝野和典,針谷正祥、渡辺 彰:短縮版:生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き(日本呼吸器学会 生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き作成委員会編集),日本呼吸器学会,東京,2017年4月20日発行,pp1-34(pp19-21「抗酸菌感染症 a.結核」担当). (http://fa.jrs.or.jp/guidelines/guidance_respiratory-disease_s.pdf)
68渡辺 彰:Q熱.呼吸器疾患 診断治療アプローチ2, 呼吸器感染症 (三嶋理晃総編集、藤田次郎責任編集).中山書店,東京,2017年9月15日発行,pp182-188.
69渡辺 彰:Ⅳ インフルエンザウイルス感染,4 インフルエンザ(季節性、新型)に合併する二次性細菌感染への対処法.高齢者の肺炎 治療・リハビリテーション・予防 改訂版(松本慶蔵 総監修、佐々木英忠・福地義之助 監修、山谷睦雄 編),医薬ジャーナル社,大阪,2017年10月10日初版発行,pp.290-297.
70渡辺 彰:Chap 6, インフルエンザ治療薬.インフルエンザ診療ガイド2017-18(菅谷憲夫編集),日本医事新報社、東京,2017年10月11日発行,pp.136-147.
71渡辺 彰:ウイルス性気道感染症(感冒症状など).今日の治療指針 2018年版 (Volume 60、福井次矢・高木 誠・小室一成総編集).医学書院,東京,2018年1月1日発行,pp223-225.