文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【作業療法学専攻】臨床実習Ⅲ前ゼミ活動の紹介 

作業療法学専攻
今週から4年生は10週間の臨床実習Ⅲへ行っています。
4月から臨床実習が始まるまでの約1か月間、領域ごと、5~6人の小グループに分かれてゼミ活動を行なっています。
ゼミ活動では、これまでの授業の復習、評価の練習などグループ単位で学習します。
また、週1~2回、教員と一緒に勉強状況の確認、評価の練習などを行なっています。



(教科書だけでなく、授業でまとめたノートを見たり、ポイントが書かれたメモ帳なども作成しました)



(腱反射の練習中。2年生前期に習いました。うまくできずに先生と再度確認しました)


(血圧測定中。1年生後期に勉強しました)



(関節の角度を測定中。患者さんにうまく伝わるよう、話し方を工夫します)

臨床実習Ⅲは作業療法の一連の流れを見学、経験する実習です。
そのため、学生は前ゼミ活動を通して1年生の時からこれまで学んだことを総復習して実習に臨んでいます。
また、教員も実習中には病院や施設の指導者の先生方と連絡を取り合いながら、学生が成長できるよう支援しています。