文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【看護学科】授業紹介 災害看護演習

看護学科
今回は看護管理学Ⅱで学ぶ災害看護の授業を紹介します。
災害発生時の看護はもちろんですが、災害が発生していない時にも多くの役割があります。
授業では、災害看護に必要な基礎知識を講義で学ぶだけではなく、体験的な学びも行います。





写真は、多数の傷病者が発生した際に、治療や搬送の優先順位をつけるトリアージ演習を行っているところです。
トリアージとは、傷病者の重症度と緊急度に応じて、適切な人に、適切な時間(速さ)に、適切な場所で治療を行うために、優先順位を決定します。演習では、学生自身が患者さん役と看護師さん役に分かれて、トリアージタッグ(災害時のカルテ)を使用し、体験学修しています。





災害発生時だけではなく、日頃から災害対策(備災活動)に看護職は活躍しています。また、災害看護は病院、避難所、仮設住宅、在宅療養者等と幅広い活動が求められます。
近年、「災害は忘れた頃にやってくる」と言われていた時代から、「災害がいつも隣り合わせになる」時代へと変化しています。
看護学科で“まさか”の災害に対応できる看護職を目指してみませんか。