文字サイズ
学科専攻NEWS

新着情報

【理学療法学専攻】科目紹介 ~臨床実習セミナー~/4年次生

理学療法学専攻
科目名:臨床実習セミナー
開講年次:4年前期

4年生は来春には勤務先も決まり、理学療法の専門家として社会の一員として働き始めます。
そこにむかって最終学年では、総合臨床実習という大きなイベントがあります。
過去2回の実習での経験!そして今まで学んだことを総動員して、病院や施設で実際の理学療法士の指導を受けながら研修します。
総合臨床実習では、学生でありながら社会人としての姿勢も求められつつ、障害を持った患者さんや先輩理学療法士の仕事に向き合うことになります。
学生にとって非常に重要な機会であり、理学療法専攻ではその臨床実習に参加する前のセミナーを複数の項目で開講しています。

今回はそのひとつ、脳卒中片麻痺の運動療法をテーマにしたセミナーを紹介します。


後ろに立っているのが理学療法士役、座っているのが患者さん役です。上前方に手を伸ばす運動を通して、座る能力を高めたり、体幹や両足の機能を高めたりする練習を体験しています。
脳卒中の理学療法には様々な介入方法がありますが、その一つとして学生に紹介しました。


合間には青春の語りがされている・・・でしょうか?



患者さんの立ち上がりや立位能力の改善に向けた理学療法介入場面を練習してみました。
これでさっそく実施できるわけではありませんが、部分的にも体験していくことで実際の運動療法の理解に結びつくことを期待しています。

文章:星