実習紹介

エンジニアとしての能力を完成させる「卒業研究」

 本科の学生は、4年間の集大成として「卒業研究」の成果発表を義務付けています。卒業研究は教員から教わる講義とは異なり、自らの意志で研究を進めていかなければならないものです。自ら問題を提起し、解決方法を考え、結果を人に理解してもらえるよう伝える。そのプロセスの中で、講義でよくわからなかったことが理解できることもあります。卒業研究を通し、激動する社会の流動化や国際化に対し、学んだ知識を習得するだけでなく、技術やスキルとして専門分野を通して社会に貢献できる人材を育てます。卒業研究はその第一歩になるものです。特に技術者に求められる「解析⇒設計・デザイン⇒要件充足⇒プレゼンテーション」というプロセスを卒業研究を通して理解し、問題解決の手法を身につけます。

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941