文字サイズ
医療福祉学部 保健福祉学科 保健福祉専攻・生活福祉専攻

生活福祉専攻

生活福祉専攻
介護サービスの提供や相談業務に対応できる理論と技術を学び、介護現場のリーダーとなる人材を目指します。

生活福祉専攻の特徴

1. 資格取得にむけて実践力を養う
 介護福祉士国家資格取得に必要な知識と技術を、講義のみでなく、多くの技術演習によって修得します。さらに修得した知識と技術を深く理解し実践するため、介護の福祉現場や地域で4回の実習を行います。また、介護福祉士と社会福祉士のWライセンス取得が可能です。

2. 介護現場のリーダーを育成
 介護福祉士としての素養を身につけるために4つの側面から指導しています。 ①専門科目による効果的学習(講義・演習・実技)、 ②450時間以上の介護実習による実践的学び、 ③少人数教育制での人間教育、 ④SA制度と連動し、学科全体としての指導。これらの教育体制によって、介護現場のリーダー的存在となる人材を育成しています。
目標とする資格

介護福祉士(国家試験受験資格取得)

社会福祉士(国家試験受験資格取得)

生きがい情報士

社会福祉主事任用資格

身体障害者福祉司任用資格

知的障害者福祉司任用資格