学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
介護福祉士となるための基礎教育を通して教養と人間の理解を深めます。 介護の対象者のニーズを的確に把握できる専門的能力を身につけます。 適切な介護を実践できる知識・技術の集大成です。 国家試験対策と希望の職場への就職活動が始まります。
介護の基本Ⅰ・Ⅱ
生活支援技術Ⅰ・Ⅱ
こころとからだのしくみⅠ
介護過程Ⅰ
介護総合演習Ⅰ
介護実習Ⅰ 他
介護の基本Ⅲ
生活支援技術Ⅲ・Ⅳ
こころとからだのしくみⅡ
発達と老化の理解Ⅰ
認知症の理解Ⅰ
介護実習Ⅱ 他
生活支援技術V
発達と老化の理解Ⅱ
認知症の理解Ⅱ
コミュニケーション技術
介護実習Ⅲ
専門職連携セミナー 他
医療ケア論Ⅰ〜Ⅲ
医療ケア演習Ⅰ・Ⅱ
介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンス取得を目標に学びます。
総合福祉
現代社会と福祉
相談援助の基盤と専門職
社会学
心理学
人体の構造と機能及び疾病 他
ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ
高齢者福祉論
障害者福祉論
子ども家庭福祉論
保健医療サービス
ソーシャルワーク演習Ⅰ・Ⅱ 他
ソーシャルワーク論Ⅲ・Ⅳ
地域福祉論
公的扶助論
就労支援サービス論
ソーシャルワーク演習Ⅲ・Ⅳ
ソーシャルワーク実習指導Ⅰ・Ⅱ 他
ソーシャルワーク実習
ソーシャルワーク実習指導Ⅲ
司法福祉論
権利擁護と成年後見制度
福祉経営論
卒業研究 他

主な授業科目

認知症の理解

 認知症に関する基本的知識を修得するとともに、認知症の人の体験や意思表示が困難な特性を理解し、本人のみならず家族を含めた周囲の環境にも配慮した介護の視点を修得します。また、認知症の理解ⅠとⅡの2科目あり、認知症について、医療的な視点と介護の視点を併せて学習することができます。

生活支援技術

 入浴は、皮膚の汚れを取り清潔にするとともに、体を温めることによって血液循環が促進され、心身ともにリラックスできます。しかし、利用者の心身の状態、入浴の習慣や好みに合わせた介護は難しいものです。利用者の思いに添った介護をするため、実際に入浴して学びます。入浴ケアは、ゆったりとした中でコミュニケ―ションを図る大切な場です。

医療的ケア

 介護が必要で、かつ医療的ケアの必要な方々に対して介護福祉士は一定の条件のもとで援助ができるようになりました。本専攻では、1年次から3年次にかけて介護の基本的知識・技術を学び、4年次には講義と演習を通して医療的ケアについて学びます。

演習・実習

介護実習

 介護福祉士を養成する生活福祉専攻では、介護福祉士に関する必要な知識と技術を学内の講義・演習から深く理解し実践するため、介護福祉現場で4回の実習を行います。実習では、介護実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、地域介護実習と、修得した知識・技術に応じて、段階的に学びを深めます。また、実習先は特別養護老人ホーム・老人保健施設・障害者支援施設・高齢者グループホーム等様々な種別の施設です。実習では、課題が設定されていますが、その課題を解決する過程は専門的な知識・技術の修得にとどまらず、広く学び成長できる機会となります。

私の学びStyle

昆野 由季 さん [ 2年 ]
宮城県/仙台市立仙台高等学校卒業

介護福祉士と社会福祉士、Wライセンス取得を目指しています。

 介護福祉士と社会福祉士、両方の国家資格の取得に向けて学んでいます。興味があるのは「こころとからだのしくみ」という授業。筋肉から神経にいたるまで、身体のしくみを心の動きと共に学ぶことで、人を相手にする「介護」に役立つ知識が身につくと思います。

時間割(2年次後期)

ある1日のスケジュール

 授業が終わった後や空きコマに、友人たちと教室や食堂、Eサポ(教育支援センター)で、授業でわからなかったところを教え合う時間が楽しいです。

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941