文字サイズ
医療福祉学部 保健福祉学科 保健福祉専攻・生活福祉専攻

ゼミ研究・ゼミ生・担当教員紹介

佐藤ゼミ 〈パラリンピック・ 障がい者スポーツの支援方法〉

佐藤ゼミ
多様な視点で捉えるスポーツ&フィットネス
 スポーツは単に「競技スポーツ」という限られた世界のものだけではありません。福祉・医療・教育など多様な視点からスポーツ&フィットネスを捉え、障がい者の身体活動全般を支援しながら、社会参加や自立、QOLの向上などに活かされるスポーツの効果的なアプローチの方法を学び合います。
佐藤ゼミ

スポーツの多様性から 「人」が持つ可能性を学んで欲しい

学外のスポーツ活動に積極的に足を運び、障がいのある方を含む様々な人と交流し、多様な視点から「人」を理解して欲しいと思います。
また、同学年の友人だけではなく、先輩や後輩など、学年の垣根を越えて交流しながら、社会のマナーやモラルを学んで欲しいと思います。

佐藤 敬広 准教授

障がい者スポーツに関する 様々なサポート活動を実施

  積極的に学外に出向き、障がい者スポーツに関する様々なサポート活動を同ゼミの先輩達と一緒に行っています。
敬広先生には恋愛相談をするなど、先生というよりは親戚のお兄さんみたいな親近感をいだいています。

[3年]福島県/福島県立あさか開成高等学校卒業

櫻井 翔さん

黒沢ゼミ 〈高齢者福祉研究〉

黒沢ゼミ
高齢者福祉の現場で介護問題に取り組む
 社会福祉制度の一分野である高齢者福祉。超高齢化が進む日本においては核家族化による介護力の低下など、様々な問題があります。認知症高齢者、知的障害者などの方々がその地域において自立した生活を送れるような支援体制、また、介護する側の環境整備などは喫緊の課題です。その根底にある問題と解決方法などを学びます。
黒沢ゼミ

高需要の介護福祉の領域で 各種の支援や環境づくりを

 需要が高まる介護福祉の領域は、人手不足が問題になっています。その中で、利用者様の自立支援やQOL向上に向けた支援、また、介護する人の働きやすい環境づくりやモチベーションの保持には何が必要かということを体験的に学びます。

黒沢 麻美   助教

介護・福祉の発展を考え 介護福祉士の現場を深める

 今後の介護・福祉の発展に向けて、なにを行えば良いのかを学んでいます。
先生との距離が近く相談などもでき、楽しくゼミ活動を送っています。
これからは現場で働く介護福祉士について理解を深めたいと考えます。

[3年]山形県╱山形県立酒田西高等学校卒業

阿部 大次郎さん