4年間の学習の流れ・カリキュラム・科目紹介

カリキュラム

必修科目 選択科目  保健師課程必修科目
(※)は保健師課程を選択する者で、養護教諭二種の資格を取得する者は履修すること

  1年次 2年次 3年次 4年次
教養と看護の基礎知識を学びます。 疾病と対象に応じた看護に関する知識を学びます。 総合科目の学びと臨地実習を行います。 3年次に続き、臨床実習があり、卒業研究が始まります。
基礎科目 英語Ⅰ
健康科学
情報処理
生命倫理学
現代国語表現
スポーツ実技(※)
中国語
韓国語
現代史
文化人類学
心理学
哲学
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
地球科学
情報科学(※)
基礎運動学
統計・解析
地域文化論
教育学
社会学
憲法(※)
英語Ⅱ    
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
生化学
栄養学
病原微生物学
薬理学
病態治療学Ⅰ〜Ⅳ
臨床心理学
公衆衛生学
社会保障・福祉論
医療経済論
カウンセリング
家族社会学
医学外国語
健康行動学(※)
関係法規
救急医療論
疫学
保健統計学
 
専門科目 看護学概論Ⅰ
看護技術論Ⅰ・Ⅱ
成人看護学概論
老年看護学概論
精神看護学概論
看護技術論Ⅲ
基礎看護実習Ⅰ・Ⅱ
成人看護方法論Ⅰ〜Ⅴ
老年看護方法論Ⅰ・Ⅱ
小児看護学概論
小児看護方法論Ⅰ
母性看護学概論
母性看護方法論Ⅰ
精神看護方法論Ⅰ
小児看護方法論Ⅱ
母性看護方法論Ⅱ
精神看護方法論Ⅱ
看護学概論Ⅱ
〈 3・4年次共通 〉
成人看護実習Ⅰ・Ⅱ
老年看護実習Ⅰ・Ⅱ
小児看護実習Ⅰ・Ⅱ
母性看護実習
精神看護実習
公衆衛生看護実習Ⅰ〜Ⅲ(※)
統合科目 公衆衛生看護学概論 在宅看護学概論 在宅看護方法論Ⅰ・Ⅱ
看護管理学Ⅰ
チーム医療論
看護研究論
公衆衛生看護方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(※)
公衆衛生看護管理論(※)
保健医療福祉行政論(※)
専門職連携セミナー
統合看護実習
看護管理学Ⅱ
卒業研究
専門職連携セミナー
〈 3・4年次共通 〉
在宅看護実習

主な授業科目

母性看護方法論Ⅰ

 妊娠・分娩・産褥期や新生児期にある母子の生理的変化とともに、さまざまな産科的異常の基本的な知識を学び、母子とその家族への看護や健康支援の方法について学びます。DVDを活用した講義のほか、学内演習では様々な教材を用い母性看護技術を学びます。

精神看護方法論Ⅰ

 精神疾患により生活に支障をきたしている人々の様々な精神の症状や疾患、治療の中心となる薬物療法及び副作用を理解し、その援助方法を学びます。また、障害をかかえながら地域で暮らす人々への支援体制や支援方法についても学びます。精神医療福祉などに関する映画なども教材にしています。

小児看護方法論Ⅰ

 小児看護学概論での学びを基に、子どもの成長発達の特徴と小児期にみられる症状(熱・嘔吐・下痢など)との関連および看護について学びます。さらに病気や障害を抱え生活する子どもと家族についての理解を深めます。写真は、実際に離乳食を食べながら、子どもの食に関連する身体機能の発達を学習している様子です。

看護技術論Ⅱ

 1年次の後期では、前期の生活援助技術(身体の清潔、栄養と食生活、ベッドメイキング、等)を中心とした学修に継続して、さらに専門的な「診療の援助技術」(注射、包帯、酸素療法、栄養療法等)の基礎技術について学びます。これらは、2年次以降の小児看護学や成人看護学等の各領域の看護技術の基本となります。

臨地実習

実習は ①→②→③→④ の流れで行われます。 ( ③ ④ は3年次後期、4年次前期で履修 )

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941