学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

必修科目 選択科目  保健師課程必修科目
(※)は保健師課程を選択する者で、養護教諭二種の資格を取得する者は履修すること

  1年次 2年次 3年次 4年次
教養と看護の基礎知識を学びます。 疾病と対象に応じた看護に関する知識を学びます。 総合科目の学びと臨地実習を行います。 3年次に続き、臨床実習があり、卒業研究が始まります。
基礎科目 英語Ⅰ
健康科学
情報処理
生命倫理学
現代国語表現
スポーツ実技(※)
中国語
韓国語
現代史
文化人類学
心理学
哲学
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
地球科学
情報科学(※)
基礎運動学
統計・解析
地域文化論
教育学
社会学
憲法(※)
英語Ⅱ    
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
生化学
栄養学
病原微生物学
薬理学
病態治療学Ⅰ〜Ⅳ
臨床心理学
公衆衛生学
社会保障・福祉論
医療経済論
カウンセリング
家族社会学
医学外国語
健康行動学(※)
関係法規
救急医療論
疫学
保健統計学
 
専門科目 看護学概論Ⅰ
看護技術論Ⅰ・Ⅱ
成人看護学概論
老年看護学概論
精神看護学概論
看護技術論Ⅲ
基礎看護実習Ⅰ・Ⅱ
成人看護方法論Ⅰ〜Ⅴ
老年看護方法論Ⅰ・Ⅱ
小児看護学概論
小児看護方法論Ⅰ
母性看護学概論
母性看護方法論Ⅰ
精神看護方法論Ⅰ
小児看護方法論Ⅱ
母性看護方法論Ⅱ
精神看護方法論Ⅱ
看護学概論Ⅱ
〈 3・4年次共通 〉
成人看護実習Ⅰ・Ⅱ
老年看護実習Ⅰ・Ⅱ
小児看護実習Ⅰ・Ⅱ
母性看護実習
精神看護実習
統合科目 公衆衛生看護学概論 在宅看護学概論 在宅看護方法論Ⅰ・Ⅱ
看護管理学Ⅰ
チーム医療論
看護研究論
公衆衛生看護方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(※)
公衆衛生看護管理論
保健医療福祉行政論(※)
専門職連携セミナー
統合看護実習
看護管理学Ⅱ
卒業研究
専門職連携セミナー
〈 3・4年次共通 〉
在宅看護実習
公衆衛生看護実習Ⅰ〜Ⅲ(※)

主な授業科目

小児看護実習Ⅰ・Ⅱ

 小児看護実習Ⅰ・Ⅱは講義で学んだ知識をもとに保育所や病院で行う実践的な実習です。実習前には学内で実習中に活用する技術の確認を行います。実習では「処置を受ける子どもにどんな看護援助が大切なの?」「子どもの生活に潜む危険をどうしたら守れる?」など学生が気づき、考え、実践する過程を教員が細やかにサポートします。

 

老年看護方法論Ⅰ

 2年次に実施する高齢者疑似体験で身体機能の低下を体験することにより、加齢に伴う身体的・心理的社会的変化について学び、高齢者の多様で個別性の高いニーズと「もてる力(残存機能)」を活かした看護について学びます。そして、高齢者の心理状態や、介助する側・介助される側の体験を通じて老年看護の学びを深めます。

 

看護技術論Ⅱ

 1年次の後期では、前期の生活援助技術(体の清潔、栄養と食生活、ベッドメイキング、ボディメカニクス等)を中心とした学修に継続して、さらに専門的な診療の援助技術(注射、感染予防、包帯法、酸素療法、バイタルサイン等)を学びます。これらの看護技術は、成人看護学等の各専門領域で学ぶ看護技術の基本となります。

 

在宅看護方法論Ⅱ

 在宅看護学では地域で生活する療養者を対象とする看護です。障がいがあっても、歳を取っても、その他さまざまな生活課題を抱えながらも、住み慣れた地域で自分らしい生き方を全うするため、その人にあった支援を実践するのが在宅看護です。子どもから高齢者まであらゆる年代を対象に居宅とされる場所での看護を追求します。

 

臨地実習

臨地実習

 臨地実習は2年次前期から4年次前期にかけて行います。最初の実習は、2年次の「基礎看護実習Ⅰ」で、地域や病院での実習から始まり、特に病院の実習では看護活動の実際を見学し、患者様とのコミュニケーションをはかり、看護のニーズを理解します。次は、「基礎看護実習Ⅱ」です。この実習では患者様の抱えている問題について、計画を立て看護実践を体験します。3年次後期からは、成人看護、老年看護、小児看護、母性看護、精神看護、在宅看護、統合看護、公衆衛生看護の領域実習(各2~3週間)が1年ほど続きます。

私の学びStyle

渡辺 晴香 さん [ 3年 ]
宮城県/宮城県泉館山高等学校卒業

コミュニケーションの取り方についても学んでいます。

 看護師に必要な知識や技術はもちろん、コミュニケーションの取り方についても学んでいます。将来、患者様にとって何が一番大切かを考えてケアができる看護師になれるよう、大学でたくさんのことを学びたいと思っています。

時間割(2年次後期)

ある1日のスケジュール

 「小児看護方法論Ⅰ」では、毎回小テストが実施されます。学んだことをすぐにアウトプットすることで、授業への理解をより深めることができ、有効な勉強法だと思います。

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941