文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・視覚機能学専攻

学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

必修科目 選択科目
1年次2年次3年次4年次
基礎科目は、大学生として身につけるべき教養が中心です。専門基礎科目は、一人の医療人を目指すものとして必要な科目です。専門的な演習が主体となります。後期から臨地実習が始まります。実習を終え、本格的に卒業研究が始まります。同時に国家試験対策も行います。
基礎科目 英語Ⅰ
情報処理
基礎物理学
統計・解析
現代国語表現
生命倫理学
中国語
韓国語
健康科学
スポーツ実技
現代史
文化人類学
心理学
哲学
法学概論
政治学
経済学概論
数学
コミュニケーション論Ⅰ
基礎化学
基礎生物学
基礎運動学
地域文化論
教育学
社会学
憲法
英語Ⅱ
情報科学
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
TBGU プロジェクトⅠ(輝けるもの)
TBGU プロジェクトⅡ(地域活動・ボランティア)
TBGU プロジェクトⅢ(人間形成)
専門基礎科目 解剖・生理学概論Ⅰ・Ⅱ
眼科学入門
保健福祉概論
医学総論
小児科学
リハビリテーション概論
感覚器解剖・生理
感覚器解剖・生理演習
人間生涯発達学
耳鼻科学概論
臨床神経学
内科学
外科・整形外科学概論
視覚機能概論Ⅰ・Ⅱ
視能検査機器概論
精神医学
視能検査機器演習
情報科学
医療福祉関係法規
救命救急学
介護概論
生活支援工学
専門科目 視能矯正総論Ⅰ・Ⅱ
視覚生理学Ⅰ
生理光学Ⅰ
眼科薬理学
眼疾病学Ⅰ・Ⅱ
神経眼科学
斜視・弱視
臨床心理学
視覚生理学Ⅱ
視覚生理学演習
生理光学Ⅱ
生理光学演習
視能検査学Ⅰ・Ⅱ
視能検査演習Ⅰ・Ⅱ
視能訓練学Ⅰ・Ⅱ
視能訓練演習
ロービジョン概論
臨地実習Ⅰ
専門職連携セミナー
ロービジョンケア
臨地実習Ⅱ
眼科臨床機器学
眼科臨床機器学演習
特別セミナー
卒業研究

主な授業科目

視能訓練学Ⅱ
視能訓練学Ⅱ
 斜視や弱視の視力や両眼視機能の治療、獲得のための視能訓練について学びます。
観血的な治療の適応と方法、眼鏡やプリズムを用いた光学的視能矯正、家庭での視能訓練の管理と指導法、弱視訓練の適応と方法を修得します。
眼疾病学Ⅱ
眼疾病学Ⅱ
 眼の解剖、生理を復習しながら、加齢に伴う眼疾患をかわきりに、全身病に伴う眼疾患、眼心身症、瞳孔異常や眼球運動障害をきたす疾患、視神経疾患、遺伝性眼疾患について、実際の症例や最近の知見を交えて学びます。
視能検査機器概論・演習
視能検査機器概論・演習
 眼科一般検査の基本となる視能検査法の概念、検査機器の種類と特徴および基礎知識を学びます。
演習では学習した眼科一般検査機器に実際に触れ、機器の操作法、検査法、データの記録・記載法などを学びます。
卒業研究
卒業研究
  各ゼミ単位で解剖学や視能検査、視機能、幼児の視力などの視能訓練士がかかわる多様な課題に対して、実験や検査測定を行います。
その結果を考察し、新しい知見をまとめ、研究を発表。考える視能訓練士の能力を養います。

学外実習

「臨地実習Ⅰ・Ⅱ」での症例報告会
  7週間の臨地実習Ⅰ・Ⅱを修了し、体験した症例について報告します。
一つの症例について疾患の特性や症例の特徴、治療経過をパワーポイントでまとめ、全在学生の前で発表することにより理解を深めます。
学生にとって最も刺激的な機会です。

 

私の学びStyle

鈴木 渚 さん
鈴木 渚 さん[ 2年 ]
宮城県/石巻市立桜坂高等学校卒業
将来の夢を実感できる本格的な演習
 元々、理学療法士や作業療法士という仕事に興味があり、オープンキャンパス時に本学の高い就職率や少人数制指導などが魅力的に思え、入学しました。
2年次の後期から検査機器概論という実際に機器に触れる本格的な演習に入り、視能訓練士という将来の夢への実感が湧いています。

時間割(2年次後期)
時間割
※選択科目