学びの特色・進路目標・学科長メッセージ

視覚の科学を学び眼科医療チームの一員を目指します。

 進歩がめざましい眼科専門分野において質の高い診療を提供するために、視機能検査、斜視・弱視などの両眼視機能異常を持つ患者さんへの訓練指導、進行した視機能障害者へのロービジョン[低視覚]ケアを担う専門家である視能訓練士を養成します。卒業とともに国家試験受験資格が取得できます。

アドミッションポリシー[ 学科が求める人物像 ]

  • 生物、物理、化学の基礎知識を有していることが望ましい。
  • 眼疾患医療の基礎となる視覚の科学を学びたい人。

目標とする資格・活躍の場

目標とする資格

  • 視能訓練士 (卒業時受験資格取得)

学科長メッセージ

 本専攻では、現在まで就職率は幸い常に100%できています。今でも視能訓練士は全国で約2万人程足りないと言われているとはいえ、これは国家試験の高い合格率と、1年次から4年の間に築きあげた医療人としての幅広い知識や実践をベースとした人格形成を特に大学病院や中核病院の眼科で評価されているものと考えています。加えて教授陣の広い人脈などからも良い就職先に恵まれています。これは、本専攻の強みであり、皆さんの夢を実現するサポートは万全です。

視覚機能学専攻
浅野 浩一

2012年4月、東北文化学園大学医療福祉学部教授に就任。一高卒業まで仙台で生まれ育つ。金沢医科大学医学部卒業後、石川県や愛知県などで主に大学病院の眼科医療に従事した後、1997年に仙台に戻り、大槻眼科へ入り副院長、管理責任者、理事などを務め、2012年退職し現職。白内障、翼状片などの紫外線関連眼疾患とボツリヌス毒素療法が専門。震災後名取仮設住宅の健康相談や被災地への眼科診療ボランティアを続けている。

学びの特色

1.4年制課程で「視覚機能学士」へ

視覚機能学専攻は、4年制課程(大学/全国で8校)の視能訓練士養成校です。本専攻では“科学的な目と思考力をもつ視能訓練士”を養成することを目指しています。大学卒業では、「視能訓練士国家試験受験資格」とともに「視覚機能学士」の称号が与えられます。視覚機能学士とは、眼科医・医療チームメンバーが望む「時代のニーズに敏感であり、眼科医療の発展に尽くす視能訓練士」に育てます。

2.眼科医療には、専門性をもつ視能訓練士が必要

 現在の眼科診療では、診断や治療にかかわる検査を行う視能訓練士(有資格)が必要不可欠です。高度医療水準が求められる眼科検査は、視能訓練士またはその他の有資格者によって行われるべきことが確認され、平成23年度からは眼科コメディカル全国統一試験(いわゆる無資格)が廃止されました。このことで眼科医療において、より専門性をもつ視能訓練士の必要性が再認識されました(日本眼科学会より)。本専攻では、この多様化する専門視能訓練士になるために、4年制課程カリキュラムを取り入れています。

3.幅広い医療業務への技術力

 視能訓練士が行う検査とは、一般的臨床に行われている眼科諸検査全般を指し、検査項目は多岐にわたっています。さらに現在では、眼科診療に係る視機能検査全般、斜視および弱視の訓練指導の他、自治体が行う3歳児健診や成人病健診などの予防医学分野への参加、ロービジョン者のリハビリテーション指導などの幅広い業務を担当しています(厚生労働省より)。眼科医療における視能訓練士の需要は一段と高まっており、その技術力を修得するために最新機器を取り揃えています。

4.眼科学をはじめとした研究者への一歩

 眼科医(医学博士)、視能訓練士(医学博士・障害科学修士)、工学博士(生理光学)、理学博士(解剖・生理学)をはじめとした多彩な学位を有する9名の教授陣が、あなたの研究者への一歩をお手伝いします。本専攻では3年次から研究室に配属されます。2年間のゼミを通して卒業研究を行い、卒業論文としてまとめていきます。これが視覚機能学士として、時代のニーズに求められている専門性ある視能訓練士です。

5.東日本から全国への就職と臨地実習

 臨地実習は、東北から東海・北陸までの大学病院・総合病院を中心に行います。実習Ⅰは3年次後期(11~12月)、実習Ⅱは4年次前期(5~6月)に各7週間(合計14週間)あります。特に最新医療を目の前に実習を行える本専攻では、眼科医療の発展に尽くす視能訓練士に育つ環境といえます。さらに大学・総合病院では、視能訓練士に臨床研究が求められ、本専攻の学生の多くが全国の大学病院に就職しています。

【主な臨地実習施設】
弘前大学医学部附属病院/秋田大 学医学部附属病院/岩手医科大学 附属病院/東北大学病院/山形大 学医学部附属病院/福島県立医科 大学附属病院/獨協医科大学病院 /自治医科大学附属病院/日本医 科大学附属病院/昭和大学藤が丘 リハビリテーション病院/富山大学附属病 院/金沢大学医学部附属病院/金 沢医科大学病院/岩手県立中央病 院/岩手県立中部病院/山田眼科 医院/森眼科クリニック/仙台赤 十字病院/平成眼科病院/前川眼 科医院/大橋眼科医院/井出眼科 病院/公立置賜総合謬院/篠田総 合病院/竹田綜合病院/済生会福 島総合病院/総合南東北病院/オ リンピア眼科病院/杉田眼科病院 /海谷眼科病院 他 (全34 施設)

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941