文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・視覚機能学専攻

辻川 寛 准教授

辻川 寛 
TSUJIKAWA Hiroshi

■所属
医療福祉学部リハビリテーション学科視覚機能学専攻

■資格 
死体解剖資格認定

■学歴・学位
京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(生物科学専攻自然人類学研究室)
博士(理学)

■職歴
日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター センター長兼現地研究者
京都大学大学院理学研究科 教務補佐員
フランス国立自然史博物館(パリ) 客員研究員
東北大学大学院医学系研究科 助教(人体構造学分野)

■所属学会・役割
日本人類学会
日本アフリカ学会
日本古生物学会
日本解剖学会
コメディカル形態機能学会
Society of Vertebrate Paleontology(古脊椎動物学会)

■主な担当科目
解剖・生理学概論Ⅰ・Ⅱ(視覚機能学専攻・言語聴覚学専攻)
感覚器解剖・生理、感覚器解剖・生理演習(視覚機能学専攻)
解剖生理学Ⅰ(看護学科)
人体の構造と機能Ⅰ(臨床工学科)

■専門分野・研究テーマ
自然人類学
古脊椎動物学
比較解剖学
アフリカで発掘した霊長類化石・哺乳類化石から人類の起源と進化を探る

■主論文・著書
・Tsujikawa H, (2005) The updated Late Miocene large mammal fauna from Samburu Hills, Northern Kenya. African Study Monographs, Supplementary Issue 32: 1-50
・Kunimatsu Y, Nakatsukasa M, Sawada Y, Sakai T, Hyodo M, Hyodo H, Itaya T, Nakaya H, Saegusa H, Saneyoshi M, Tsujikawa H, Yamamoto A, Mbua E (2007) A new Late Miocene great ape from Kenya and its implications for the origins of African great apes and humans. Proceedings of the National Academy of Science, USA 104: 19220-19225
・Tsujikawa H, Ogihara N, Saneyoshi M, Ishida H (2009) The Late Miocene to Early Pliocene Fauna from the Kongia and Tirr Tirr Formations, Samburu Hills, Northern Kenya. Cainozoic Research 6: 53-60
・Kunimatsu Y, Tsujikawa H, Nakatsukasa M, Shimizu D, Ogihara N, Kikuchi Y, Nakano Y, Takano T, Morimoto N, Ishida H (2017) A new species of Mioeuoticus (Lorisiformes, Primates) from the early Middle Miocene of Kenya. Anthropological Science, 125(2), 59-65
・Kikuchi Y, Nakatsukasa M, Tsujikawa H, Nakano Y, Kunimatsu Y, Ogihara N, Shimizu D, Takano T, Nakaya H, Sawada Y, Ishida H (2018) Sexual dimorphism of body size in an African fossil ape, Nacholapithecus kerioi. Journal of Human Evolution (in press).

■出身地
新潟市

■趣味・特技
惰眠を貪る

■好きな言葉
だいじょうぶ 急ぐ旅ではないのだし 急いでないし 旅でもないし

■連絡先
tsujikawa○rehab.tbgu.ac.jp(〇を@に置き換えて下さい)