ゼミ研究・ゼミ生・担当教員紹介

門屋ゼミ 〈眼の疾病や検査に関する研究〉

臨床で使用されている機器を使っての研究。

 黄斑部網膜厚の部位別検討と屈折との関係、そして調節麻痺薬点眼後の前房深度および水晶体厚の変化、この2つをテーマに研究を行っています。本ゼミの特徴は、臨床の場でよく使われている機器を用いて、実践的な研究を行っている点にあります。さらに眼科専門医の問題を解いたり、英語の論文を読むことによって、より専門的な知識の習得につなげています。

 

将来はこの大学の教師に
なれる人材を育成。

 当ゼミには4年生の半数が所属し、臨床に役立つ研究を行っています。研究以外にも、国家試験対策や、英語の論文を読み解く抄読会を行い、将来は母校の教員になれるような、見識の広い人材を育てています。

進路の相談もできる
学生思いの先生です。

 2つの研究を並行して進めるのは大変でしたが、みんなで協力しながら終えることができました。門屋先生は眼科専門医なので知識が豊富。進路相談にものっていただきました。学生思いの先生にみんな感謝しています。

 

山口ゼミ 〈小児眼科視覚発達研究〉

ヒトの視覚発達、乳幼児の身体発達と
視覚発達の関連を研究。

 眼科専門医師であり、小児眼科、とくに視覚発達を中心に弱視早期発見のための幼児眼科健診や、重複障害を持つお子さんに対して、3Dプリンターで玩具を制作して手機能と視覚機能を協応させる研究など行っています。ゼミの特徴は学外での実践で、幼児の弱視早期発見は社会貢献にもつながっています。少人数制で、学生の知的興味にそって研究ができるように対話を大切にしています。

 

医療の現場に立ったとき、
自分で考えられる人に。

 努力は決して自分を裏切らないので、地道な努力をした人ほど、卒業後に自分の力を発揮できます。医療の現場に立ったとき、自分自身で考え、工夫や応用ができる人材になれるように、思考力と行動力を育てています。

幼稚園健診を行い、
検査技術が向上しました。

 山口先生は眼科専門医としての豊富な知識を駆使して、わかりやすく教えてくださいます。幼稚園での視力検査では、検査技術が向上、健診の重要性も実感しました。視能訓練士をめざす私たちにとって貴重な経験になったと思います。

 
輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941