ここがポイント!

POINT 1

発達支援教室

 子どもを対象とした作業療法士の数は、日本全体で5%未満に過ぎませんが、世界の他の国では多くの作業療法士が従事しています。日本でも、生活に障害を持つ子ども達は多数います。また早期に生活しやすい環境を整えることで、将来社会に出て活躍できる可能性をもつ子ども達も多数います。そのような子ども達を対象とした作業療法は、医療の現場だけでなく、発達支援センターなどの療育施設、特別支援学校や普通学校の特別支援学級など、活躍の場は広がってきています。
本学では,発達障害を持つ子どもを対象とした、作業療法の実践の場として、医療福祉学部の「発達支援教室」の作業療法部門を月・水・金の週3日開設しています。学生達は、見学したり、一緒にセッションに参加したりしています。発達障害領域では全国的にどの養成機関でも臨床実習施設が少なく、子どもを対象とした臨床に触れる機会が少ないのが現状です。そんな中、臨床現場に触れられる貴重な機会となっており、現場力が身につくよい機会となっています。

POINT 2

初年次教育について

 本専攻では、大学入学前の準備として「大学入学前教育」という企画を実施しています。講義を体験したり、教員や他の参加者と懇談を行ったりしています。参加された方からは、「入学後の授業をイメージできた」、「友だちもできて入学前の不安を取り除くことができた」といった声が聞かれています。
 また大学入学後は、これまで受けてきた学校教育との学びの違いに戸惑うことが少ないよう、基礎ゼミナールⅠ・Ⅱという科目で初年次教育を行っています。ゼミでは、5人程度のグループに担当教員がつき、大学での学習方法を学んだり、自主性を育むための課題に取り組みます。課題をすすめるうえで不安や心配事が生じた場合は、それらを解消できるよう個別に対応していますので、安心して大学生活をスタートさせることができます。
 加えて1年次には、特別養護老人ホームなどの施設でのボランティア実習や作業療法士が勤務している施設へ見学を行う科目を設けており、早期から作業療法士の仕事について具体的に学ぶことが出来ます。

 
輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941