学習の流れ+実習紹介+私の学びStyle

カリキュラム

 

1年次

2年次

3年次

4年次

前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
学問領域
法律
政治
経済
経営
地域
文化
環境
専門基礎科目
総合政策/法学概論/経済学概論/政治学概論/経営学概論/社会学概論/憲法/民法/刑法/ミクロ経済学/マクロ経済学/国際関係論/環境論入門/簿記Ⅰ/簿記Ⅱ/統計学 ほか
法律・政治
契約法/物権法/家族法/会社法/行政法総論/行政救済法/政治過程論/政治思想史/国際政治経済学 ほか
経済・経営
公共経済学/財政政策論/金融政策論/政策評価論/経営戦略/経営組織論/マーケティング論/企業IT戦略論 ほか
文化・地域
文化政策論/東北文化論/地域政策/アグリビジネス論/アメリカ研究/EU研究/アジア研究 ほか
一般科目 全学共通科目
文学/文章表現法/哲学/現代思想/倫理学/宗教学/心理学/教育学/文化人類学/現代史/芸術論/コンピュータリテラシー/コミュニケーション論/地球科学/健康科学/医学総論/スポーツ実技/日本の経済/東北の経済/世界の経済/TBGUプロジェクトⅠ・Ⅱ・Ⅲ(輝けるもの/地域活動・ボランティア/人間形成)
外国語
英語/中国語/韓国語/ドイツ語/フランス語
海外研修
オーストラリア/上海 等
特別講座
別講座Ⅰ「東北再発見」/特別講座Ⅱ「変貌する社会」/特別講座Ⅲ「スポーツと健康」/特別講座Ⅳ「男女」「親子」「そして家族」/特別講座Ⅴ「芸術への誘い」/特別講座Ⅵ「異文化に親しむ」特別講座Ⅶ「現場から見える社会」/特別講座Ⅶ「震災・原発・エネルギー」
実践的な
問題解決
手法を
身につける
基礎ゼミナールⅠ 基礎ゼミナールⅡ ゼミナールⅠ ゼミナールⅡ
キャリア形成 キャリア入門 キャリアデザイン キャリア戦略Ⅰ・Ⅱ
企業等インターンシップ
就職活動

目指す主な職業

  • 国家・地方公務員(自治体・消防・警察)
  • 金融機関
  • 不動産・建設業
  • 観光関連業
  • 一般企業 ほか
 

主な授業科目

特別講座Ⅷ

 震災復興や原発問題に取り組む方々を講師に迎え、復興の課題を学び、考えていく講座です。原発問題では、企業と市民の両方の立場から、再生可能エネルギーでは、海外の事例から地域の自然エネルギーの具体的な取り組みまで、復興問題では商店街やリゾート構想など、話題も多岐にわたっています。また原子力発電所構内や復興の現場も見学します。

 

国際関係論

 国際関係論のテーマは国際社会が抱える貧困と差別です。具体的な事例としては、児童労働と路上で暮らす子供たち、伝統社会における女性差別として強制結婚と名誉殺人などを取り上げます。映像資料も用いますので、受講生はよりリアルに受け止めているようです。これらの課題提示の後に、問題解決としての国際協力活動についても解説しています。

 

金融論

 今日では、個人と企業が多くの経済取引を行いますが、そのほとんどにお金のやり取りが含まれます。例えば、アルバイトをすると給料が支払われ、消費に使い、残りを預金します。企業は原材料の購入や設備投資に多額のお金を必要とし、銀行から借り入れ、株式や債券を発行します。金融論ではこのようなお金の流れに関わる様々な経済現象を学びます。

 

憲法

 国家の基礎となる法律であり、他の法律系科目を学ぶ上でも前提となる科目なので1年次に配当されています。具体的には、国家であっても侵害してはいけない国民個人の権利について扱う人権論や、国家権力の担い手やその行使の仕方についての規程を扱う統治機構論を学びます。

海外研修

海外で異文化に触れるインターナショナルな学び

 異文化交流や外国語の会話力のアップを目指して毎年、海外研修を実施しています。本学科教員が引率し、ホームステイをしたり、大学の寮に宿泊して現地の大学生らと交流を深める企画です。平成25年はオーストラリア・ケアンズと中国・上海を訪問、それぞれケアンズ大学と復旦大学で研修しました。平成29年はオーストラリア、中国のほか韓国への研修旅行を計画しています。

*

私の学びStyle

木村 茉由 さん [ 2年 ]
山形県/山形県立上山明新館高等学校卒業

進路に悩んだときも、先生が親身になって話を聞いてくれます。

 政治や経営・経済、法律とさまざまな分野を幅広く学んでいるので、将来の選択肢が広がっていくのを感じます。それでも就職のことで悩んでしまったときは、先生方に相談します。親身になって話を聞いてくださるのが、この学科の良いところだと思います。

時間割(2年次前期)

ある1日のスケジュール

 放課後に同じ学科の友人と中庭でバスケットボールをしたり、バドミントンをしたりして身体を動かして遊んでいるときが、私にとってのお気に入りの時間です。

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941