文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・理学療法学専攻

永﨑 孝之 教授

NAGASAKI TAKAYUKI

職種・資格

  • 理学療法士
  • 福祉住環境コーディネーター

学歴・学位

1984 国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院 理学療法学科卒業
2008 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻 修了 修士(保健医療学)
2017 九州工業大学大学院生命体工学研究科生体機能専攻 修了 博士(工学)

職歴

1984 聖徳肢体不自由児通園施設
1986 国立大阪病院
1990 国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院
1994 国立療養所福岡東病院附属リハビリテーション学院
2002 国立療養所西別府病院
2004 国立病院機構福岡東医療センター
2006 九州看護福祉大学 助教授
2015 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科 准教授
2018 東北文化学園大学 教授(現職)

所属学会・役割

・日本理学療法士協会
・理学療法科学学会
・日本リハビリテーション工学協会
・日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

担当科目

・理学療法学基礎演習
・物理療法学
・物理療法学実習
・筋・骨格障害系理学療法演習Ⅰ
・筋・骨格障害系理学療法演習Ⅱ
・地域理学療法学Ⅰ
・理学療法学特論

研究テーマ

・理学療法関連機器開発(角度計、松葉杖 等)

主たる論文・著書

<論文>
1) Fang Jin, Takayuki Nagasaki and Chikamune Wada : An estimation of knee and ankle joint angles during extension phase of standing up motion performed using an inertial sensor. Journal of Physical Therapy Science 29:1171-1175, 2017.
2) Takayuki Nagasaki, Hiroshi Katoh, Chikamune Wada et al.: Analysis of crutch position in the horizontal plane to confirm the stability of the axillary pad for safe double-crutch walking. Journal of Physical Therapy Science 28:1438-1442, 2016.
3) Takayuki Nagasaki, Hiroshi Katoh, Chikamune Wada et al.: Analysis of crutch position in the horizontal plane to estimate the stability of the axillary pad in the axilla during single-crutch walking. Journal of Physical Therapy Science 26:1753-1756, 2014.
4)永﨑孝之, 加藤浩, 和田親宗, 他:松葉杖歩行における手掌部疼痛に関する基礎研究.リハビリテーションエンジニアリング29:100-106, 2014
5)永﨑孝之, 加藤浩, 岡田裕隆:基本軸設定を自動化した新型角度計の測定精度の検討.理学療法科学28:357-360, 2013
<著書>
1)永﨑孝之:PartⅠ骨折・術後理学療法の基礎知識,3 大腿骨骨折の病態特性を理解する.斎藤秀之, 加藤浩編.極める 大腿骨骨折の理学療法 医師と理学療法士の協働による術式別アプローチ.文光堂.2017.
2)永﨑孝之:関節可動域訓練.細田多穂編集.運動療法学テキスト改訂第2班.南江堂.2015.
3)岡田博隆, 永﨑孝之:運動療法における関節可動域の維持と改善.細田多穂編集.運動療法学テキスト改訂第2班.南江堂.2015.