文字サイズ
科学技術部 最先端テクノロジーのパイオニアとして輝く
科学技術で成り立つ現代社会。
情報基盤を支える「知能情報」
建築環境基盤を「建築環境」
専門技師養成の「臨床工学」

科学技術学部 学部長から

科学技術学部 学部長から
科学技術学部は、それぞれ特色のある、情報基盤について学ぶ「知能情報システム学科」、建築環境基盤について学ぶ「建築環境学科」、臨床工学技士を養成する「臨床工学科」の3学科で構成されています。
「知能情報システム学科」は、情報基盤を支える、ネットワーク、インターネット、マルチメディア、バイオロボットなどを学べる情報専門の学科です。これからの情報システムは賢くかつ人にやさしいシステムになっていきます。そのために必要な先端の情報技術を幅広く学べる日本でも数少ない学科です。
「建築環境学科」は、建築物の企画、設計、積算、施工を総合的に学ぶ「建築デザイン」、室内環境に配慮した健康住宅や医療施設などのインテリアとリフォーム設計技術を学ぶ「健康インテリア」、建築設備の設計、施工、メンテを体系的に学ぶ「建築設備」で構成されています。本学科は日本で唯一の「建築デザイン」「健康インテリア」「建築設備」を総合的に学べる学科です。
「臨床工学科」は、医療技術と医療機器の高度化に基づく高度医療を支える臨床工学技士を養成する、東北で初めての学科です。広い教養、豊かな人間性と研究心を持ち、かつチーム医療の一員として働き、新たな医療機器の開発にも参加できる臨床工学技士を育成します。
講義は就職に有用な資格取得に結びつくよう構成されています。さらに少人数教育により、教員との心的交流を深めるとともに、相談しやすい環境を作るよう心掛けています。困ったことがあれば遠慮なく相談してください。

科学技術学部 学部長 和田 仁

知能情報システム学科

fig1
コンピュータの基礎を修得し多様な応用技術に挑む最先端テクノロジーのパイオニアを目指します。

建築環境学科

fig2
建築技術や環境・設備工学をもとに健康でエコロジカルな生活空間を創造します。

臨床工学科

fig3
医療現場で臨床工学技士として、医療機器の操作、安全管理を行い、チーム医療を支える人材を目指します。