文字サイズ
大学概要

2018年度専門職連携セミナーを開催しました

2019年2月18日~26日の期間で専門職連携セミナーを開催しました。

本年度の専門職連携セミナーは、医療福祉学部と科学技学部から90名と東北医科薬科大学1名(薬学科)、仙台白百合女子大学(健康栄養学科)2名の12職種93名の学生が参加しました。全体講義の後に、6グループ15班に分かれ模擬事例6例についてグループワークを行いました。各班は5~6職種、5~7名の編成です。各班とも活発に議論しその成果を3会場で発表しました。

参加学生の感想は、「医療には連携がとても大切」、「みんなで事例を検討していくのは大変でしたが、やりがいがあった」、「自分がイメージしていた専門職と実際に関わってみたあとの専門職のイメージが全く違って理解が深まった」など、多くの学生は参加したことで他職種の理解が深まったこと、多職種連携の大切さを学んだ様子が感じられます。

専門職連携セミナーの目的の「同じ場所でともに学び、お互いから学びあいながら、お互いのことを学びあう」ことが達成されたように思います。

参加学生の職種
看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士
社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、臨床工学技士
薬剤師、管理栄養士

2018年度 専門職連携セミナー日程表

月日時限内容参加者
2019年
1月15日(火)
教室:
3456
昼休み12:30~12:50
専門職連携セミナー実施に向けて
学生
2019年
2月18日(月)
教室:
大講義室
3時限オリエンテーション
1. 専門職連携セミナーの目的と意義、学習目標
2. 実施スケジュール
3. 事例紹介
4. 各グループ別オリエンテーション
担当教員紹介、使用教室、自己紹介、学生の役割(担当)
グループワーク日程調整
学生
教員(ファシリテータ)
4時限専門職連携について講義
1. 保健医療福祉における連携の理念と定義
2. 本学における連携教育の取り組み
3. 専門職連携教育の現状
4. 専門職連携の現状と課題
5. 専門職連携の方法と実践者に求められるもの
6. 地域包括ケアシステムと専門職連携
学生
2019年
2月19日(火)

2月26日(火)
教室:
ゼミ室等
●3号館
3281
3282
3283
3284
3285
3286
●1号館
1381
1382
1383
1384
1481
1581
●2号館
2202
2203
2208
2209
2210
グループで調整
3コマ×3日
グループワーク
1.メンバー紹介、スケジュール確認、活動計画作成
2.各職の紹介とこれまでの学び、実習経験など
3.事例について読みあわせと情報の確認
4.用語について各職種間の共通認識
5.事例の共通目標検討
6.共通目標達成に向けた各職種の目標と問題点
  問題点解決のための支援策の検討
・各専門職からの問題点の提示
・共通する問題点の検討、抽出
・支援策の検討
7.共通目標達成に向けた目標と問題点
  問題点解決のための支援策の共通認識と実現の可能性の検討
・各専門職からの問題点の提示
・共通する問題点の検討、抽出
・支援策の検討
・実現可能な支援策の検討、具体案の提示
8.発表に向けた準備
・発表資料の作成(報告書、パワーポイント、参考資料、実演など)
・発表の予行演習(発表者、発表方法、発表練習、質問に対する想定問答)
9.リフレクション
・セミナーを通して学んだこと、今後の学習に向けてなど
学生
教員(ファシリテータ)
2019年
2月27日(水)
教室:
3458
3459
3460
2時限発表会準備
・会場準備、資料準備、プロジェクタ・パソコン操作確認
学生
教員
3時限
4時限
(5時限)
●発表会
1. 開会 13:20-13:25
2. 発表 13:30-15:40
3. 討議 15:50-16:20
4. リフレクション 16:20-16:40
5. 講評 16:40-16:50
6. 閉会 16:50-17:00
学生
教員(ファシリテータ)
学部教員