学科長挨拶
 皆さんが保健福祉学科を志望したことは、正しい選択であったということを
 実感できる修学支援をしていきます。

 保健福祉学科は、医療福祉の実践を担う専門能力および豊かな人間性を備えた社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、相談援助等にかかわる人材を育てることを目的としています。

 専門能力とは、専門的知識、専門的技術を身につけた知力、行動力です。豊かな人間性とは、感受性と幅広い知識、考え方の多様性・柔軟性を身につけた個性です。福祉を目指す皆さんには、これらをバランスよく形成できるようにしてほしいと願っています。

 そのためには、ひとつには、一生懸命学ぶということが大切です。
 教育・学びには「価値」があります。「価値がある」というのは、具体的な専門的知識、専門的技術の修得だけを指しているのではありません。
 教育・学びとは、皆さんの能力を導き出すこと、教育・学びによって進む発達は、皆さんの包みを解き開き、成長を促すことなのです。それは自己を解放し、自己変革を遂げることにもなるのです。
 ここに教育を受ける、学ぶという「価値」があります。

 二つには、コミュニケーションをとる機会をたくさん作ることが大切です。
コミュニケーションには「情報」が必要です。必要な情報は皆さんの学びから得ることができます。「情報」を基に、自己とのコミュニケーション、他者とのコミュニケーションを積極的に図ってください。
 自己とのコミュニケーションによって、自分らしさの形成が可能となります。他者とのコミュニケーションによって、考え方の多様性を得ることになります。

 三つには、いろいろな役割を持つことが大切です。
 学生サークルの活動、学友会活動、ボランティア、アルバイトなど多様な活動の中でいろいろな役割を持ってください。
 活動中のさまざまな役割による体験は、皆さんの個性を拡大させますし、自由な選択を可能とする主体を発展させることになります。

 保健福祉学科は、皆さんの夢を将来に繋いでいくために、教職員が一丸となって修学支援を行います。 


保健福祉学科長

アーカイブ

Copyright © 保健福祉学科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.