Faculty of Medical Science and Welfare Department of Nursing

【教授】渡邊 隆夫

2017年4月1日現在

■所属

医療福祉学部看護学科

■職位

教授

■専門領域

外科系臨床医学(救急医学)

■主な担当科目

  • 病態治療学
  • 救急医療論
  • 救命救急学演習
  • 麻酔・救急・集中医療総合講義(大学院)
  • 内科学総合講義(大学院)

 

■資格

  • 医師
  • 産業医

■学位

博士(医学)

■学歴

山形県立山形東高等学校卒業
東北大学医学部卒業

■職歴

東京女子医科大学付属日本心臓血圧研究所外科
山形大学医学部第2外科、救急医学講座 など

■所属学会・社会活動等

日本NP教育大学院協議会(監事)
日本胸部外科学会(指導医)
日本心臓血管外科学会
日本救急医学会
東北救急医学会 など

■主な研究業績等

<研究業績>

・Shimazaki Y, Watanabe T, et al. Minimized mortality and neurological complications in surgery for chronic arch aneurysm: axillary artery cannulation, selective cerebral perfusion, and replacement of the ascending and total arch aorta、2004、J Card Surg 19巻,P338~p342
・Watanabe T, et al. Optimal blood flow for cooled brain at 20゚C、1999、Ann Thorac Surg 68巻, p864~p869.
・Watanabe T, et al. Retrograde brain perfusion beyond the venous valves: Hemodynamics and intracellular pH mapping、1996、J Thorac Cardiovasc Surg、111巻, p 36~p44
・Watanabe T, Washio M, Cerebral cellular response to profound hypothermia、1993、Cardiol Young
・Watanabe T, et al. Brain Tissue pH, Oxygen Tension, and carbon Dioxide tension in Profoundly Hypothermic cardiopulmonary bypass ; Comparative study of circulatory arrest, non-pulsatile low-flow perfusion, and pulsatile low-flow perfusion、1989、J Thorac Cardiovasc Surg 97巻、p 396~p401

 

<著書>

・渡邊隆夫 他、メデイカルスタッフのための救急医学、2007、医学出版社
・Watanabe T, et al. “Nutrient blood flow in the canine brain perfused retrogradely during hypothermia.” Brain Protection in Aortic Surgery (ed. Kawashima & Takamoto S), p59~69, 1997, Elsevier Science B.V.(Amsterdam)
・渡邊隆夫 他、“心腔内注射法”、図解日常診療手技ガイド、p52~p56, 1993、文光堂

■出身地

山形県山形市

■趣味・特技

音楽鑑賞。歌も楽器演奏もだめなので、DIYでスピーカーを作りひたすら聴いています。合唱曲など好きですね。そういえば東北文化学園大学恒例のベートーベン第9交響曲の合唱は素晴らしいと思います。

■看護師を目指す学生へのメッセージ

医療の質的転換のために看護師の地位向上が必要です。チーム医療の質的飛躍を目指し社会人看護師の大学院教育をも担当しています。皆さんには展望をもって学び、明日の医療を担っていただきたいと願っています。

受験生応援サイトへのリンク

PAGETOP