Faculty of Medical Science and Welfare Department of Nursing

【准教授】菅野 淑江

2017年4月1日現在

■所属

医療福祉学部看護学科

■職位

准教授

■専門領域

公衆衛生看護学

■主な担当科目

  • 公衆衛生看護学総論
  • 公衆衛生看護方法論Ⅰ
  • 公衆衛生看護方法論Ⅱ
  • 公衆衛生看護方法論Ⅲ
  • 公衆衛生看護管理論
  • 保健医療福祉行政論
  • 公衆衛生看護実習Ⅰ
  • 公衆衛生看護実習Ⅱ
  • 公衆衛生看護実習Ⅲ
  • 卒業研究

 

■資格

  • 看護師
  • 保健師
  • 養護教諭(一級)
  • 第1種衛生管理者
  • 産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント
  • THP産業保健指導員
  • THP心理相談員

 

■学位

修士(社会福祉学)
学士(看護学)

■学歴

宮城県古川女子高等学校普通科 卒業
東北大学医療技術短期大学部看護学科 卒業 (看護師免許取得)
神奈川県立看護教育大学校保健学科 卒業 (保健師免許取得)
放送大学 単位取得 看護学士 取得(大学評価機構)
東北福祉大学通信制大学院総合福祉学研究科修士課程社会福祉学専攻 修了

■職歴

東北大学医学部附属病院 神経内科 看護師
東北大学医療技術短期大学部 看護学科 文部教官助手
東北大学歯学部付属病院 補綴科 看護師
仙台市健康増進センター 保健師 (係長)
YKK AP株式会社 健康管理センター 保健師
宮城社会保険病院(現ジェイコー仙台南病院) 健康管理センター 保健師
東北文化学園大学医療福祉学部看護学科 准教授

■所属学会・社会活動等

日本公衆衛生学会
日本公衆衛生看護学会
日本看護協会
日本産業衛生学会
日本健康教育学会
産業カウンセラー協会
NPO法人 自閉症ピアリンクセンターここねっと 監事
NPO法人 アフタースクールぱるけ 理事

■主な研究業績等

<研究業績>

・「障害児の家族受容過程における支援 「障害児の家族受容過程における支援~エンパワメトされた家族の語り」東北福祉大学総合福祉学研究科社会福祉学専攻 修士論文 2013
・「東日本大震災の医療活動における看護職ストレス調査」第49 回日本社会保険医学会,2011
・「支援形態からみた当院の特定保健指導プログラム有効性について」 第51 回日本人間ドック学会 回日本人間ドック学会,2010
・「特定保健指導における体重減少を促進すライフスタイル要因について」第 69 回日本産業衛生学会 東北地方会,2010

■出身地

宮城県大崎市(鳴子)
山を見上げて育ったので現在も泉ヶ岳が見渡せるところに居住しています。

■趣味・特技

特技? 手抜き15分クッキング (あまりもののリメーク創作料理?でしょうか。家族はごまかし料理と思っているみたいですが本人は楽しんでいるのです。)
温泉旅行・森林浴・コンサートにいくのが好きです。
ガーデニングも嫌いではないのですがアレルギー体質なので控えています。

■看護師を目指す学生へのメッセージ

看護をめざす学生たちは、誰かのために何かをしたいという純粋な気持ちをもって入学してきますが、実は臨地実習を通して患者さんや住民の皆さん、そして指導者の方々からの応援や協力、そして熱意があってこそ「今の自分が成り立っている」のに気づいていきます。その気づきが人として大きく成長していく過程です。
与えていただいたチャンスや学びを謙虚に自分のものにして、卒業するときにはひとりの社会人の卵としてキラキラと輝くものを備えて巣立っていきます。
ときにつまずいてしまうこともあるかも知れませんがそれも自分を育てるプロセスとして受け止め、前を向いて歩いてほしいと思います。
私は学生自身が自分の人生の主役として育っていく姿を見守り、見送り、そして明るい未来を担う若い力をいつも信じて応援していきたいと願っています。

受験生応援サイトへのリンク

PAGETOP