カリキュラム

“視覚の科学”を学ぶことを背景にカリキュラムが組まれています。
卒業後の進路目標は、臨床現場での視能訓練士にとどまらず、眼光学関連企業、教育・研究職など、幅広い道をめざす教育を用意しています。
所定単位修得後、視能訓練士(厚生労働大臣指定国家資格)の受験資格が得られます。

●:必修  ○:選択

授業科目の名称1年2年3年4年
基礎科目一般科目英語Ⅰ
英語Ⅱ
中国語
韓国語
健康科学
スポーツ実技
情報処理
情報科学
人文・社会科学現代史
文化人類学
心理学
哲学
地域文化論
現代国語表現
生命倫理学
教育学
法学概論
政治学
経済学概論
コミュニケーション論Ⅰ
社会学
憲法
自然科学数学
基礎物理学
基礎化学
基礎生物学
基礎運動学
統計・解析
専門基礎科目人体の構造と機能
及び心身の発達
解剖・生理学概論Ⅰ
解剖・生理学概論Ⅱ
感覚器解剖・生理
感覚器解剖・生理演習
人間生涯発達学
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
医学総論
眼科学入門
耳鼻科学概論
臨床神経学
内科学
精神医学
外科・整形外科学概論
小児科学
救命救急学
視覚機能の基礎と検査機器視覚機能概論Ⅰ
視覚機能概論Ⅱ
視能検査機器概論
視能検査機器演習
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーションの理念
医療福祉関係法規
環境衛生学
公衆衛生学
保育概論
リハビリテーション概論
保健福祉概論
看護・保健概論
介護概論
生活支援工学
専門科目基礎視能矯正学視能矯正総論Ⅰ
視能矯正総論Ⅱ
視覚生理学Ⅰ
視覚生理学Ⅱ
視覚生理学演習
生理光学Ⅰ
生理光学Ⅱ
生理光学演習
視能検査学視能検査学Ⅰ
視能検査演習Ⅰ
視能検査学Ⅱ
視能検査演習Ⅱ
眼科薬理学
眼科臨床機器学
眼科臨床機器学演習
視能障害学眼疾病学Ⅰ
眼疾病学Ⅱ
神経眼科学
斜視・弱視
ロービジョン概論
ロービジョンケア
視能訓練学臨床心理学
視能訓練学Ⅰ
視能訓練学Ⅱ
視能訓練演習
臨地実習臨地実習Ⅰ
臨地実習Ⅱ
卒業研究等特別セミナー
卒業研究