東北心理学会 第69回大会

大会準備委員長あいさつ

東北心理学会第69回大会を東北文化学園大学にて開催することとなりました。
皆さまの研究発表ならびに情報交換の場としてお役に立てるよう微力ながら努めて参ります。
本学は、仙台市街を見渡せる眺望の美しい丘陵(国見峠)に位置しており、
JR仙台駅から電車で10分ほどの駅前ですので、仙台駅からの移動は便利です。
梅雨入り前の初夏、美しい緑あふれる仙台で、皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

東北心理学会第69回大会
大会準備委員会 委員長 佐藤俊彦

画像

大会準備委員会からの連絡

発表申込締切は4月20日(月)24時までといたします。
締切ました。

2号通信は以下からダウンロードできます。

2号通信(PDF)

大会プログラムは以下からダウンロードできます。

大会プログラム(PDF)

※大会プログラムに一部訂正がありました。お詫び申し上げます。
5月28日発送のプログラムは訂正前のものになりますのでご注意ください。

訂正内容

◎ポスター発表の追加
PA-27 抑うつに対するPositive Data Logの効果について
―冊子群とツイッター群の比較―
菊池美歩(公益財団法人いわてリハビリテーションセンター)
織田信男(岩手大学人文社会科学部)

◎ポスター発表のキャンセル
PB-25 震災支援者における精神的負担
守屋光(針生ヶ丘病院)

◎口頭発表時間の訂正
誤)発表時間は質疑応答を含め1 人15 分(発表10 分、質疑5 分)です。
正)発表時間は質疑応答を含め1 人15 分(発表12 分、質疑3 分)です。

当日参加も受け付けております。
なお、6月7日13:00~15:30に開催される公開シンポジウムに限り
一般公開として参加費なしでご参加 いただけます。

参加・発表申込について

研究発表はポスター発表と口頭発表の形式で行います。このほか自主企画ワークショップを募集します。
本大会の研究発表、自主企画ワークショップ、事前参加、懇親会の申し込みは
電子メールにて大会準備委員会(tpa2015[at]rehab.tbgu.ac.jp)までお願い致します。
申込方法の詳細は2号通信をご覧ください。

申込締切について

研究発表、自主企画ワークショップ、事前参加、懇親会の申し込みは、
4月20日(月)24時までといたします。締切ました。

会場へのアクセス

東北文化学園大学(仙台市青葉区国見6-45-1)へのアクセスは以下のWebページをご覧ください。

http://www.tbgu.ac.jp/about/access/

【JR仙台駅まで】
JR東北新幹線 東京から約1時間40分、新青森から約1時間30分

【JR仙台駅から】
JR仙山線(7または8番線;山形または愛子行き)に乗車、国見駅下車・・・仙山線のすべての列車が国見駅に停車します(快速で約10分)

【JR国見駅から】
駅の改札を出て駅舎から数十メートル歩いていただくと、キャンパスの敷地があります(キャンパスの入口まで徒歩2分程度)

お問合わせ先

東北心理学会第69回大会準備委員会事務局
E-mail tpa2015[at]rehab.tbgu.ac.jp