Ⅳ 各種センター、施設等利用案内

健康管理センターについて

健康管理センターは1号館2階に「保健室」、1階に「学生相談室」を設置し、皆さんが健康で快適な学生生活を送るための健康相談、学生相談、応急処置、禁煙相談等を行っています。

個人情報は厳重に管理し、秘密は厳守しますので、気軽に利用してください。

(1) 健康管理センター(保健室・学生相談室)利用時間

 平 日 9:00~17:00

 土・日曜日・祝日、大学の休業日は休館となります。

(健康管理センター直通 TEL : 022-233-5245)

(2) 利用方法

①保健室

学内で発熱等の症状が出た場合や、ケガをした場合は、健康管理センターで応急処置を受けることができます。また、軽い風邪や腹痛、貧血等体調不良時は、一時的にベッドで静養することはできますが、内服薬等の医薬品供与は行いませんので、個人の体質に合った常備薬を各自準備、携帯するよう心がけてください。なお、症状により、医療機関を紹介する場合もあります。入学後、主治医が他県となってしまう場合は、以前の主治医より紹介状をいただいて、現住所近くにかかりつけ医を持つようにして下さい。

②学生相談室

大学での対人関係に関する悩みや、修学上の問題等、学生生活について何でも気軽に相談してください。直接来室、または、予約のみメールでも受け付けます。

(学生相談室面談予約専用メールアドレス: gakuso@office.tbgu.ac.jp

(3) インフルエンザ等感染症にかかった場合の手続きについて

インフルエンザや麻疹、水痘等の感染症に罹患した場合は、出校停止となります。公認欠席扱いになりますので、速やかに学生課または教務課に連絡してください。

また、インフルエンザに罹患した場合は、大学院としての出校停止期間が「インフルエンザと診断された日より7日間」と定められておりますので、受診後は速やかに大学院に連絡してください。

なお、感染症治癒後の登校に際しては、医療機関受診時の領収書、診断書または別紙の登校許可証明書の提出が必要となります。登校許可証明書については、次頁をコピーして利用してください。

(学生課・教務課 TEL : 022-233-6116)

 

登校許可証明書