はじめに

本学の教育理念

新時代の実学を担う有為な人材を育成するために5つの教育理念を掲げ、人間教育を重視した専門教育を実施する。

(1) 豊かな人間性と創造力の養成

専門技術・知識を習得し、独自に工夫・応用できる創造性を育成する。同時に、豊かな人間性と愛情をはぐくむ。

(2) 専門技術の研鑽

専門技術の学問としての確立と研究の推進を行い、あわせて、実社会の需要に積極的に応えられる技術と情熱を持つ人材を育成する。

(3) 国際性豊かな人材の育成

高い識見と専門技術を生かし、多様な世界との文化・技術交流に積極的に取り組むことのできる国際性豊かな人材を育成する。

(4) 社会の一員としての自覚と問題解決能力による貢献

国際社会、国家、地域社会の一員としての役割、責任を自覚し、社会に対する洞察力と問題解決能力をもって、進んで社会貢献に参加する人材を育成する。

(5) 地域社会とともに発展する大学

地域社会との交流を活発に行い、同時に職業人の再教育、編入学、科目等履修生及び社会人の受け入れなど、生涯学習に対応する。

学部の教育目標

【医療福祉学部】

医療福祉学部は、広い教養と豊かな人間性を有し生命の尊厳に対し深い理解を示す能力を養うとともに、医療福祉分野の専門能力を備えた専門職としての自覚を持ち、積極的な行動のできる人材を育成することを目的とする。

① リハビリテーション学科は、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、視覚機能学の各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれに十分な知識と技能を有し、医療福祉の実践を担う専門能力及び豊かな人間性を備えた理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士等の人材を育成する。

② 看護学科は、看護学、保健学の各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれに十分な知識と技能を有し、医療福祉の実践を担う専門能力及び豊かな人間性を備えた看護師、保健師の人材を育成する。

③ 保健福祉学科は、社会福祉、精神保健福祉、介護福祉に関わる各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれに十分な知識と技能を有し、医療福祉の実践を担う専門能力及び豊かな人間性を備えた社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、福祉援助等に係る人材を育成する。

【医療福祉学部】

医療福祉学部は、広い教養と豊かな人間性を有し生命の尊厳に対し深い理解を示す能力を養うとともに、医療福祉分野の専門能力を備えた専門職としての自覚を持ち、積極的な行動のできる人材を育成することを目的とする。

① リハビリテーション学科は、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、視覚機能学の各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれに十分な知識と技能を有し、医療福祉の実践を担う専門能力及び豊かな人間性を備えた理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士等の人材を育成する。

② 看護学科は、看護学、保健学の各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれに十分な知識と技能を有し、医療福祉の実践を担う専門能力及び豊かな人間性を備えた看護師、保健師の人材を育成する。

③ 保健福祉学科は、社会福祉、精神保健福祉、介護福祉に関わる各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれに十分な知識と技能を有し、医療福祉の実践を担う専門能力及び豊かな人間性を備えた社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、福祉援助等に係る人材を育成する。

【総合政策学部】

総合政策学部総合政策学科は、社会科学、人文科学及びその他の関連する分野を総合的に学び、研究することにより、変化する社会環境を的確に分析し、対応する能力を身に付け、社会経済の変化に対する先見性、自立した事業運営力、地域活性化に貢献する情報発信力、国際社会で活躍する能力、豊かな教養と人間性をもった人材を育成する。

【科学技術学部】

科学技術学部は、実践的教育に基づき、科学技術に関わる深い見識と高度の技術力を身につけることに加えて、高い倫理観と豊かな創造力、多面的な分析力と協調性、実社会における具体的な問題把握力と解決能力をもつ人材の育成を目的とする。

① 知能情報システム学科は、情報ネットワーク、マルチメディア、ロボットメカトロニクス、医用工学の各分野について、実践的技術力の修得に加え、幅広く基礎知識を教授し自在な応用力と豊かな発想力を身につけた高度情報化社会に対応できる人材を育成する。

② 建築環境学科は、健康・福祉住環境、設備・環境工学、建築・インテリア工学の各分野を核として、環境・空間構成技術の獲得とその実践をとおして、充実した基礎教育と時代に適合した先端教育を行い、人間生活と環境の適正な関係の改善に寄与できる人材を育成する。

アドミッション・ポリシー

本学は、地域に根差して未来を志向した実学教育を目指しています。

次のような学生(高校生や社会人)を求めています。

未来:夢ある若者が人類の未来を担う

少子高齢化・国際化・情報化が進む現代において、人類の持続的な発展を実現するためには、地球の環境維持を考え、子孫のことを考えた生き方の創造と実践が必要とされています。

未来に向けて夢や目的をもち、その実現に向けて努力する人、未来に向けて革新性を発揮しようとする人を本学は求めています。

文系・理系の枠にとらわれず、学際領域にも興味をもって、情報収集や読書・学習に努めてください。

実学:専門技術を目指した学習や体験を

社会で生きていくためには教養を身につけるだけではなく、専門的な知識や技術を獲得することが大切です。それによって私たちは社会に役立つ存在となり、同時に、充実した人生を送ることが可能となります。

専門知識・技術を学び社会の発展に寄与しようとする人、また、専門分野間の連携・協同活動に意欲をもっている人を本学は求めています。

実習・実験などの体験学習や職業体験などに積極的に参加し、広い意味での学習を進めてください。

地域:地域社会や国際社会まで活躍の場は広い

個々人が地域社会に貢献するためには、広く人類の文化・歴史に興味をもつとともに、社会の一員としての責任を自覚し、節度ある生活習慣を身につけることが大切です。

豊かな心とコミュニケーション能力をもっている人、創造性を活かして地域・国際社会の発展に貢献しようとする人を本学は求めています。

サークル活動や地域のボランティア活動などに積極的に参加し、社会性と倫理観を養ってください。

カリキュラム・ポリシー

本学は、地域に根差した未来志向の実学教育を目指して、三つの柱に基づくカリキュラムを実践します。

(1) 未来を担う人材の育成

(2) 実学を重んじた専門教育

(3) 地域に幅広く貢献できる力の養成

これら三つの柱を具現化するために、本学の教育では次の事柄に力を入れています。

1) 人間性の基礎や生きる力をはぐくむ教育

生命の尊厳を考える、社会の在り方を考える、科学の未来を考える、そのような新しい時代に

対応できる「人間力」を育てることに力を注いでいます。

2) 学生一人ひとりに対応した初年次教育

大学では学生自身が主体的に学ぶ姿勢が求められます。

本学では、1年次の学生に対して、学習に必要な資料の集め方やレポートの書き方など、大学で学ぶために必要な基本的事柄を指導するとともに、教育支援センターを中心として、学生の基礎学力の充実を図る取り組みを行っています。

3) 学部・学科の垣根を越えた共通教育

医療福祉、総合政策、科学技術の3学部の分野で共通して求められる、社会人基礎力*、国際性をはぐくむ語学力などの基本的能力を培う共通教育を取り入れています。また、講義形式に加えて実践的な教養教育に関するカリキュラムも充実しています。

*社会人基礎力とは?

「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力からなり、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。

4) 広い視野と高い専門性を獲得するための学際教育・研究

総合大学の特長を活かして、他学部の科目の一部を学ぶことができる学際教育(学問の領域を

超えた教育)を実践しています。また、各学部の教員が連携して、医療・福祉・経営・環境・情報など、多様な視点に基づく複合的な研究活動も行われています。

5) 多様な演習・実習を通じて知識と実践を融合させる教育

学内外における演習や各種の実験・実習を通して、知識と実践力がバランスよく身につくカリキュラムを設けています。

さまざまな演習・実習は、キャリア教育*やインターンシップ*の役割も果たしています。

*キャリア教育とは?

働くことに対する考え方や姿勢を培いながら、職業に関する知識や技能を身につけることや、自分の個性を理解し、進路を主体的に選ぶことのできる能力・態度をはぐくむための教育です。

*インターンシップとは?

学生が企業などで研修生として一定期間働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度です。

6) 高い倫理観と専門性を備えた人材を育てる専門職養成教育

専門職は、しっかりとした倫理観の裏づけがあってこそ、知識や技術を適切に発揮し、社会に貢献することができます。

本学では、人間性の基礎をつくる教養科目を通じて専門職に求められる倫理観を養い、専門科目によって高度な専門知識・技術が身につく教育を行っています。

7) 少人数主義に基づくきめ細やかな教育および学生生活支援

本学の特徴のひとつとして、1年次から4年次までの少人数ゼミナール*があります。学生は、いずれかのゼミナールに必ず所属することになります。各ゼミナールの担当教員はスチューデント・アドバイザー(SA)として、学生一人ひとりに丁寧な指導を心がけています。SAによるサポートは学習上だけでなく、広く学生生活全般もカバーします。

*ゼミナールとは?

専門性の高い授業を少人数かつ双方向的に行う形態を、ゼミナールといいます。

8) 進路選択と夢の実現を支援するキャリア教育と就職活動支援

学年進行に従って段階的にキャリア科目やガイダンスを設け、学生のキャリア観*の育成を促しています。

就職活動についても、各学生の適性、希望に応じた個別的サポートを行っています。

*キャリア観とは?

生きることや働くことに対する考え、姿勢のことをいいます。

9) 卒業生が学び続けることを支援するリカレント教育*

本学では、専門分野において、卒業後も大学での研究会や公開講座などに参加する機会が数多くあります。本学の卒業生はこうした機会を活用することで、専門職としての能力をさらに高めていくことができます。これらの学びや研究を通じて、大学との関係性は卒業後も途切れることがありません。

*リカレント教育とは?

学校教育を終えた後の社会人が、大学等の教育機関を利用して受ける教育。リカレント教育により、生涯にわたって、職業能力を向上させるためのより高度な知識や技術を学び、人生を豊かにする教養を身につけることができます。

10) 地域のニーズに即した、多様な地域貢献活動

本学には、地域との連携を専門的に行う「地域連携センター」があります。各種の公開講座、行事、ボランティア活動などを通じて、学生や教職員が地域の方々と触れ合い、社会に貢献するための活動に積極的に取り組んでいます。

ディプロマ・ポリシー

東北文化学園大学は、その教育の過程において厳正な成績評価を行い、各学部学科の教育課程における所定の単位を修めるとともに以下の要件を備えた学生に対して、卒業を認定し学位を授与します。 

1. 社会人としての基礎力

社会を構成する一員として、他者を尊重し、良好なコミュニケーションによって、自律、協調して主体的に行動する創造的能力を身に付けること。

2. 実学の修得と倫理観

専門家として、社会に評価される知識や技術を修得し、必要とされる倫理観を養い、他者と連携し問題を解決する能力を身に付けること。

3. 地域の理解と社会貢献

国際社会や地域社会を視野に入れ、地域に対する理解と社会に貢献するための実践的能力を身に付けること。