Ⅱ 修学案内

履修登録手続きについて

(1) 履修登録とは

授業を履修して、単位を修得するためには、所定の期間内に、当該学期に開講する授業科目の履修登録手続きを行わなければなりません。本学では、基本的にUNIVERSAL PASSPORTのWEB上で履修登録をし、学生時間割表を教務課に提出することで履修登録が完了します。この履修登録を怠ると、授業や試験を受けることができません。

下記の事項に注意して、慎重に手続きを行ってください。

(2) 履修登録単位数の上限(キャップ(CAP)制)について

本学では、平成26年度入学生より、履修登録単位数の上限(キャップ(CAP)制)を設けます。CAP制は、学生が学修すべき授業科目を精選し、1単位当たり必要な学修時間(45時間) を確保することで授業内容を深く理解し身につけることを目的に(単位の実質化)、1年間又は1学期間に履修登録できる単位数の上限を設ける制度です。

学生は各年次にわたって適切に履修することで学修の質を向上させることができます。

1年間で履修登録できる単位数の上限等は、別頁の各学部学科の細則を確認してください。

(3) 登録上の注意事項

①病気等により履修登録期間内に履修手続きができない場合は、必ず事前に教務課に連絡し、指示を受けてください。

②履修登録する際は、所属学部の履修ガイダンスに従い、授業時間割、授業概要等を参照しながら4年間の履修計画を立てて履修するよう心がけてください。

③時間割上、同じ時間帯に2科目の授業を履修することはできません。

④履修登録者数が適正履修人数を超えた場合には、履修人員を制限することがあります。

⑤履修登録者数が極端に少ない場合は、その授業を開講しない場合があります。なお、履修した科目が開講されなかった場合は、代替の授業科目を追加登録することができます。

⑥自分の学年より下の年次に開講される授業科目については、配当年次にかかわらず、履修登録することができます。ただし、所属する学年次に配当される必修科目と重複しないように十分注意してください。また、選択科目であっても、時間割の都合上、必ずしも次年度以降に履修できるとは限りませんので、できるだけ自分が所属する学年に配当されている科目を優先に履修するようにしてください。

(4) 履修登録の確認、変更期間

履修登録後、所定の変更期間内に自分が履修登録した授業科目について、確認、変更、取消しをすることができます。

この期間以外では変更や取消し、追加履修はできませんので、必ず確認してください。

(5) 再履修

不合格になった授業科目については、次年度以降に再履修することができます。

ただし、再履修の科目が他の必修科目と時間割上重複した場合等、二重履修はできませんので、できるだけ再履修はしないよう心がけてください。