Ⅱ 修学案内

定期試験等

(1) 試験の種類

1年に2回、前期末・後期末にそれぞれ定期試験が行われます。また、他に追試験及び再試験があります。

・定期試験:定期試験は、原則として各学期末に一定期間実施されます。ただし、授業の担当教員が必要と認めたときは、定期試験の期間外に随時試験が実施されることがあります。

・追 試 験:試験規程により定めている事由により定期試験を受験できなかった学生に対して行う試験です。 この場合、定められた期日までに診断書等の必要書類を添えて「追試験願」を教務課に提出し、学部長の許可を受けなければなりません。規程に定められた理由以外は認められません。

・再 試 験:定期試験の結果、不合格になった学生に対して、授業担当教員の裁量で実施する試験であり、すべての授業科目について行われるものではありません。また、再試験を受験する場合は、再試験受験料(1科目1,000円)を添えて、教務課で受験申請手続きをしなければなりません。

(2) 受験資格

①受験する授業科目について履修登録を行なっていること。

②授業の出席時間数が、総時間数の3分の2以上であること。

③当該学期分の授業料等を滞納していないこと。

(3) 不正行為について

試験に際して、不正行為が確認された学生は、懲戒規程により停学等処分の対象となります。

(4) 定期試験時間割

試験期日・時限及び試験室については、掲示板、UNIVERSAL PASSPORTで発表します。

(5) 定期試験受験上の注意事項

①受験の際は、学生証を机上に提示してください。
学生証を忘れた場合は、仮学生証(手数料200円)発行を申請してください。

②試験開始後20分を過ぎた場合、入室は認められず失格となります。

③試験開始後30分を経過しなければ退室できません。

④正当な理由がなく試験を欠席した場合は、履修を放棄したものとみなされます。


詳細については、「東北文化学園大学試験規程」(別頁)、「定期試験受験者心得」(別頁)を必ず確認してください。