Ⅲ 学生生活案内(全般編)

奨学金制度

奨学金制度は、日本学生支援機構、地方公共団体、民間団体等によるものがあり、学資を貸与又は給付することによって、有為な人材の育成のため、経済的に支援することを目的としています。

奨学団体により、貸与・給付の基準や募集時期が異なるため、学生課ではその都度各奨学団体の奨学金申請方法等に関する情報を掲示でお知らせしますので、見落とさないよう注意してください。

(1) 日本学生支援機構奨学金制度について

①出願資格

「第一種奨学生」については、人物、学業ともに優れ、かつ、健康であって、経済的理由により修学困難であると認められる学生を対象とし、本学の推薦に基づいて日本学生支援機構が選考します。

また、「第二種奨学生」については、出身学校又は大学における学業成績が、平均水準以上にあると学長が認定した学生で、家族の年収が一定基準以下の者を対象とし、本学の推薦に基づいて日本学生支援機構が選考します。

②奨学金の種類及び貸与月額

種     類 貸与月額〔平成26年度入学者実績〕
第一種奨学生
(無利子)
下の金額から申込み希望者が選択する
自宅・自宅外通学者  30,000円
自宅通学者      54,000円
自宅外通学者     64,000円
第二種奨学生
(有利子 上限3%)
下の金額から申込希望者が選択する。
30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円
併  用  貸  与 上記それぞれの合計額

③貸与期間

奨学生に採用された月から最短修業年限とし、留年による貸与期間の延長は、認められません。

④募集期間

1) 予約採用

高等学校在学中に第一種・第二種奨学生として採用が内定している予約採用候補者は、本学に入学後速やかに「採用候補者決定通知」を学生課に提出してください。

2) 定期採用

毎年4月下旬に申込説明会を開催します。出願書類はその際に配付します。

3) 緊急・応急採用

家計支持者が失職・破産・倒産・病気・死亡又は火災・風水害により家計が急変し、緊急に奨学金が必要になった場合に随時申込みができます。(ただし、事由が発生したときから1年以内)

⑤応募及び採用決定通知

募集については、掲示でお知らせします。応募の手続きはすべて学生課を通じて行ないますが、所得証明書などの添付書類の入手に要する日数を見込んで、余裕をもって手続きするようにしてください。申込み方法については説明会を開催して周知しますが、事前に日本学生支援機構HP『奨学金の申込みにあたって(留意点)』

http://www.jasso.go.jp/saiyou/abc.html で応募内容を確認しておいてください。

また、奨学生に採用された場合は、掲示等により発表します。

⑥奨学金交付

奨学金は、原則として毎月1回、指定の銀行預金口座に振り込まれます。

なお、毎年(期日は掲示で周知)「奨学金継続願」をインターネットにより提出してください。この手続きを行なわないと奨学生の資格が無くなり、奨学金の貸与も終了します。

⑦異動の届出

休学、退学、辞退等の身分の異動が生じた場合は、日本学生支援機構への届出も必要になりますので、学生課で手続きを行なってください。

⑧返還

奨学金は、卒業後6か月を経過した月から毎月返還しなければなりません。病気、失業その他正当な理由がある場合は、願い出により返還を猶予される場合があります。なお、高等学校等で日本学生支援機構の奨学生であった学生は、入学後、「在学届」を学生課を通じて日本学生支援機構へ提出することによって在学中は奨学金の返還を猶予されます。

⑨第二種奨学金(海外)

学位取得等を目的として海外の大学、大学院に進学及び短期留学を希望する学生が対象です。

貸与月額は、学部、大学院の第二種5種類の月額から選択できます。

(2) 自治体奨学金制度

全国の都道府県、市町村等が、その出身者等を対象に実施している制度です。奨学金の金額、貸与期間、応募条件、返還方法などは自治体により異なります。

本学では、自治体等からの情報は、その都度掲示でお知らせしますが、情報提供のない自治体もありますので、その場合は各自で照会してください。

(3) その他の奨学金制度

民間団体の募集する奨学金制度については、その都度掲示しますので、希望者は学生課で応募手続をしてください。

なお、大学を通さず直接応募した場合でも、その採否について、学生課に報告してください。