Ⅳ 各種センター、施設等利用案内

図書館の利用方法について

下記の事項と「図書館利用規程」(別頁)を参照し、積極的に図書館を利用してください。

(1) 利用資格

① 本学の学生

② 本学の教職員

③ 同窓会員

④ その他センター長が許可した者

(2) 開館時間

通常期間

平日  9:00~21:00

土曜  9:00~18:00

日曜 10:00~17:00

長期休業期間

平日 9:00~17:00

土曜・日曜は休館

※大学の定める休業日は休館、または時間を変更して開館。

※蔵書点検期間中は休館。

(3) 利用の注意

①入館の際は、学生証を必ず携帯してください。

②バッグ等の手荷物は、持ち込み可能ですが、紛失・盗難防止のため、自己管理を徹底してください。とくに貴重品は、必ず身につけるようにしてください。盗難等が発生した場合、図書館では責任を負いかねるので注意してください。

③館内での飲食、大声での談話、荷物を置いたまま長時間離席すること(場所とり)など、他の利用者に迷惑をかける行為は禁止されています。

④図書を紛失・破損した場合は、速やかに申し出てください。

⑤図書の返却期限を厳守してください。

⑥借りた図書の転貸は禁止されています。

⑦貸出手続きを行っていない資料を持ってゲートを出るとアラームが鳴るので、必ず貸出手続きを行なってください。

(4) 館内閲覧

館内の蔵書は約12万冊です。閲覧席は400席以上で、書架から図書を自由に取り出して閲覧できます。利用を終えた図書は、必ず元の位置に戻してください。

(5) 館外貸出

①貸 出:借りたい図書と学生証をカウンターに提示します。

貸出可能冊数と期間は以下の通りです。
学部学生 5冊 14日間
大学院生 10冊 14日間
同窓会員 3冊 14日間
教職員 10冊 30日間
聴講生・研究生 2冊 14日間

※貸出期間の延長:借りている図書に予約が入っていなければ、一度だけ貸出期間を延長できます。その場合は、貸出期間内に図書と学生証をカウンターに提示し、延長手続きを行ってください。

※実習による長期貸出希望者は、実習開始2週間前から受付します。1人5冊までとし、返却日は必ず返却出来る日を自己申告してください。

※卒業論文又は卒業研究による長期貸出は1ヶ月となります。

②返 却: 借りた図書は、カウンターに提出し返却手続きを行ってください。
※図書の返却が遅れた場合は、返却日翌日より遅れた日数分、貸出停止となるので注意してください。

③予 約 : 借りたい図書が貸出中のときは、カウンターで予約手続きをすることができます。予約図書の返却があり次第連絡します。ただし、連絡から2週間過ぎても貸出手続きがない場合、予約は無効になります。

④視聴覚資料:ビデオとDVDの再生機器が1台ずつ設置されています。視聴覚資料を利用したい学生は、学生証を提示し、館内でのみ利用してください。
なお、DVD・CD-Rなどの視聴覚資料は、2F PCコーナーで利用いただけます。
※視聴覚資料の持込みは認めていません。ただし、教材等の資料については、認めることがあるので、
 カウンターにお知らせください。

(6) 館内資料の複写

図書館資料をコピーする際には、「複写申込書」に記入し、カウンターに提出してください。白黒は1枚10円です。

※コピーできるのは図書館資料のみですので、プリント・ノート等、図書館資料以外の複写は禁止です。

(7) 相互利用

他の図書館が所蔵している資料については、相互利用の協定によりコピーや資料そのものを郵送してもらうことができます。コピー代、送料は利用者負担となります。

※詳しくは、「図書館利用案内」又は、ホームページ(http://www.tbgu.ac.jp/info students/library/)を参照してください。

(8) グループ学習室の利用

複数人で学習する(グループワーク)場合には、図書館入口付近のグループ学習室を利用する事ができます。予約制となっているので、利用する際にはカウンターにて手続きを行なってください。空きがあれば、当日予約も可能です。