Ⅴ 学部、学科案内

東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科における履修登録単位数の上限に関する細則

平成26年3月12日 大学運営会議制定

(総則)

第1条
この細則は、東北文化学園大学履修規程第5条の2の規定に基づき、東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻及び視覚機能学専攻に在籍する学生の履修登録できる単位数の上限について定めるものとする。

(対象科目)

第2条
学生の履修登録の上限単位数の対象となる授業科目は、卒業の要件として履修する授業科目とする。ただし、基礎科目における全学合同科目及び他学部開設授業科目のうち「海外研修」「海外語学研修」は、対象科目から除くことができる。

(履修登録上限単位数)

第3条
理学療法学専攻における1年間の履修登録の上限単位数は、55単位とする。ただし、2年次の必修科目の履修登録単位数の上限は、東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科における進級及び履修に関する細則(以下「進級及び履修に関する細則」という。)第7条の2第1号に該当した場合、進級及び履修に関する細則第7条の2第1項に定める単位数とする。
第4条
作業療法学専攻における1年間の履修登録の上限単位数は、50単位とする。ただし、2年次の必修科目の履修登録単位数の上限は、進級及び履修に関する細則第7条の2第2号に該当した場合、進級及び履修に関する細則第7条の2第1項に定める単位数とする。
第5条
言語聴覚学専攻における1年間の履修登録の上限単位数は、50単位とする。
第6条
視覚機能学専攻における1年間の履修登録の上限単位数は、50単位とする。

(雑則)

第7条
この細則に定めるもののほか、授業科目の履修登録の上限に関し必要な事項は、医療福祉学部教授会の議を経て、学部長が別に定める。

附 則

この細則は、平成26年4月1日から施行し、平成26年度入学者から適用する。