Ⅴ 学部、学科案内

看護学科

本学科では、看護師、保健師の専門職を目指し、医療人に求められる知識と豊かな資質を備えた人材の育成を行います。

1) ディプロマ・ポリシー、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

「知識・理解」

・看護職としての専門知識を修得している。

・生命の尊重や人の尊厳について理解している。

「思考・判断」

・論理的思考による看護判断に基づき適切な看護実践を選択し、一連のプロセスを評価・修正できる。

「技能・表現」

・主体的に行動することができ、周囲の人々と協調しながらリーダーシップを取ることができる。

・社会人として責任ある行動をとることができる。

・対象者に必要なケアを安全・安楽に実施できる。

・地域で暮らす人々や、保健・医療・福祉にかかわる人と、連携及び協働する力を身につけることができる。

「関心・意欲・態度」

・自らの成長を自覚し、看護職としての専門性を探求していくことができる。

・社会の中での看護の役割を展望し、地域における健康問題への取組みができる。


2. 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

「知識・理解」

・看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を有している人。

「思考・判断」

・入学後も自己啓発・自己学習・自立した生活が継続できる人。

「技能・表現」

・周囲の人と良好な関係を保つことができる人。

「関心・意欲・態度」

・人に対する思いやりがあり、人の悩みを感じることができる人。

・看護に対する意欲・関心がある人。

求める学習経験

・看護を実践するうえで重要な「コミュニケーション」に関わる「国語」及び「英語」を学習していることが望ましい。

  ・看護を実践するうえで必要となる様々な計算式を理解する基礎として「数学」を学習していることが望ましい。

  ・人間の身体の構造や機能を理解するうえで基礎となる「生物」及び「化学」を学習していることが望ましい。

・看護師の仕事を身近で見たり、1日看護体験やボランティア活動などの体験を通して、看護職について考えたことがあることが望ましい。

・自分が考えたこと、体験したことを文章にまとめる、または発表する体験をしていることが望ましい。


3. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーに定めた目標を達成するために体系的・順次的な教育課程を編成し実施する。

最初に基礎科目、専門基礎科目を学び、看護の基礎となる知識を学習する。

「基礎科目」

・専門職業人としての共感的態度および高い倫理観を備えた看護を実践できる能力の基礎を学ぶための科目を配置する。

「専門基礎科目」

・「人体の構造と機能及び疾病の成り立ちと回復の促進」、「健康支援と社会保障制度」、「健現象の疫学と統計」に大別した科目構成となっており、保健・医療・福祉に関する知識の基礎を学ぶための科目を配置する。

「専門科目・統合科目」

・基礎・成人・老年・小児・母性・精神・在宅・公衆衛生の各看護専門領域の学習は、最初に核となる概論を学び、次に専門知識と確かな技術を身につけるための方法論、看護実践能力を強化するための臨地実習へと段階的に学べるよう科目を配置する。

・地域や保健・医療・福祉に関わる人との連携および協働する力を身につけるための科目を配置する。

「公衆衛生看護科目」

・保健師を目指し2年次後期に選抜された学生が学習する科目である。

2) カリキュラムの特徴

カリキュラムはカリキュラムポリシーに基づき構成されています。

基礎看護学、成人看護学、老年看護学、母性看護学、小児看護学、精神看護学、在宅看護学の学習は、最初に重要な核となる概論を学び、次に学習する方法論では専門知識を講義で学び、確かな技術を身につけるように演習を行い、その後臨地実習を行うように進んでいきます。

【基礎科目】

看護職は、人間を身体的・心理的・社会的側面から幅広く理解する能力が必要です。また、人間の健康と生活を自然、社会、文化的環境とのダイナミックな相互作用としてとらえることも必要となります。基礎科目では、専門職業人としての共感的態度及び高い倫理観を備えた看護を実践できる能力の基礎をしっかり学びます。

基礎科目は、「一般科目」、「人文科学」、「社会科学」、「自然科学」、「全学共通科目」に大別された科目の中から選択履修することになります。英語Ⅰ、健康科学、情報処理、現代国語表現、生命倫理学は看護実践に必須であるために必修科目となっています。

【専門基礎科目】

専門基礎科目は、「人体の構造と機能及び疾病の成り立ちと回復の促進」、「健康支援と社会保障制度」、「健康現象の疫学と統計」に大別した科目構成となっています。

「人体の構造と機能及び疾病の成り立ちと回復の促進」では、解剖生理学、病原微生物学、薬理学、病態治療学など医学的な基礎的知識を学習します。「健康支援と社会保障制度」では、臨床心理学、カウンセリング、公衆衛生学など、人間、健康、環境について総合的に理解するための知識を学習します。「健康現象の疫学と統計」では、疫学と保健統計学を学び、これらの知識を活用しながら公衆衛生看護学を学んでいくことになります。

【専門科目】

専門科目では、「基礎看護学」、「成人看護学」、「老年看護学」、「小児看護学」、「母性看護学」、「精神看護学」を学びます。授業は概論、方法論、臨地実習という順序で学んでいきます。概論では看護の理論や看護の基礎知識を学び、方法論で十分な知識と技術と、人間理解に配慮した態度を身につけて臨地実習に臨みます。最初に基礎看護学領域の臨地実習を学習し、その後成人看護学など領域別の臨地実習に進んでいきます。

【統合科目】

統合科目では、「在宅看護論」、「看護の統合」を学びます。「看護の統合」では、看護管理学、専門職連携セミナー、チーム医療論など、将来看護専門職業人として活躍し、発展していくための学習をします。「在宅看護実習」は3年次後期から4年次前期に臨地実習を行い、4年次にそれまで学んだ知識を統合しながら統合看護実習と卒業研究を行います。

【公衆衛生看護学科目】

公衆衛生看護学科目は、2年次後期に選抜された者が学習する科目です。1年次に公衆衛生看護学概論を学び、3年次に公衆衛生看護方法論と公衆衛生看護管理論、保健医療福祉行政論を学習し、3年次後期から4年次前期に公衆衛生看護実習を行います。

3) 学外実習

【臨地実習の目的と配当年次】

臨地実習は、既存の知識・技術・態度を活用し、臨地実習指導者や実習担当教員の指導の下、対象に応じた看護を実施できる基礎的な能力を養います。

① 専門科目 臨地実習

・基礎看護実習Ⅰ 2年次前期1単位(1週間)

看護活動の実際の場面を見学し、患者とのコミュニケーションをはかり、患者の基本的欲求を理解します。

・基礎看護実習Ⅱ 2年次後期2単位(2週間)

病院において成人期の患者を受け持ち、看護過程を展開します。

・成人看護実習Ⅰ 3年次後期~4年次前期3単位(3週間)

病院において成人期の急性期・回復期にある患者を、身体的・精神的・社会的側面から総合的に理解し、異常の早期発見につとめ、治癒促進のための看護、または障害に起因する新たな状態に応じて自立した生活を営めるように看護を展開します。

・成人看護実習Ⅱ 3年次後期~4年次前期3単位(3週間)

病院において成人期の慢性期・終末期にある患者を、身体的・精神的・社会的側面から総合的に理解し、患者と家族がセルフケアできるように、または患者と家族が望む生活を最後まで送れるように看護を展開します。

・老年看護実習Ⅰ 3年次後期~4年次前期1単位(1週間)

地域の施設で疾病や障害をもって暮らす高齢者と家族を理解し、看護を実践します。

・老年看護実習Ⅱ 3年次後期~4年次前期3単位(3週間)

老年期にある患者を、身体的・精神的・社会的側面から総合的に理解し、疾病や障害によって生活機能が低下している高齢者に対して、残存機能を最大限活用して生活できるように看護を展開します。

・小児看護実習Ⅰ 3年次後期~4年次前期1単位(1週間)

幼児と積極的に関わり、幼児の成長発達の実際と個別性をとらえ、また、幼児の成長発達と環境との関係や望ましい関わり方について学習します。

・小児看護実習Ⅱ 3年次後期~4年次前期1単位(1週間)

成長発達と健康状態に応じて病児とかかわり、遊びを通じてルールを教え、楽しみを見出しながら発達の援助をします。また、治療・処置を受ける病児の反応および症状を観察しながら看護援助を行います。

・母性看護実習 3年次後期~4年次前期2単位(2週間)

産科外来において妊婦と関わり、身体・心理・社会的特性、妊娠に関連した社会資源、女性のライフサイクルについて学びます。また、褥婦・産婦の身体・心理・社会的特性を理解し、状態に応じた看護を実施します。早期新生児の身体的特性を理解し、胎外生活への適応を促すよう看護を実施します。

・精神看護実習 3年次後期~4年次前期2単位(2週間)

精神障害をもつ人とコミュニケーションをはかり、日常生活の自立と安全を守るための看護を実施します。

② 統合科目 臨地実習

・在宅看護実習 3年次後期~4年次前期2単位(2週間)

在宅で療養している人および家族の生活を理解し、看護援助を行います。また、在宅で療養している人の社会資源の活用や家族の介護力について学習します。

・統合看護実習 4年次通年2単位(2週間)

複数の患者を受け持ち、優先順位を考えた効率のよい看護の実施について、指導者の指導を受けながら学びます。また、質の高い看護サービスを提供するための看護管理について理解します。

③ 公衆衛生看護学科目 臨地実習

・公衆衛生看護実習Ⅰ 3年次後期~4年次前期1単位(1週間)

保健所において、地域で生活する人々に必要な保健、医療、福祉領域の社会資源や各職種間の連携を含む保健師の機能と役割を学習します。

・公衆衛生看護実習Ⅱ 3年次後期~4年次前期3単位(3週間)

市町村において、地域における人々の生活、健康課題、保健・看護組織を学習します。

・公衆衛生看護実習Ⅲ 3年次後期~4年次前期1単位(1週間)

学校、事業所において、健康を阻害する因子と心身の健康、ヘルスプロモーション教育を推進する目的と方法を学習します。

※臨地実習の時期について、実習施設の都合により変更になる場合があります。

4) カリキュラムツリー(別頁)

カリキュラムツリー [PDF]

5) カリキュラム配置図(別頁)

医療福祉学部 看護学科 カリキュラム配置図 (平成27年度入学者用) [PDF]

6) 授業科目一覧表、卒業要件単位数カリキュラム対照表(別頁)

授業科目一覧表 : 医療福祉学部 看護学科 (平成26・27年度入学者用) [PDF] 

授業科目一覧表 : 医療福祉学部 看護学科 (平成24・25年度入学者用) [PDF] 

カリキュラム対照表 : 医療福祉学部 看護学科 [PDF]

7) その他(詳細は別に定める)

・実習概要

・卒業研究

8) 目標とする国家試験・資格

・看護学科での4年間の単位修得により看護師国家試験受験資格および保健師国家試験受験資格(選択)を取得

・国家試験に合格後、看護師免許、保健師免許を取得(厚生労働大臣)

9) 将来の進路

看護師免許、保健師免許を得て、将来の職場として目指すのは以下のようなものです。

その他、卒業後は大学院などへの進学も可能となります。

保健師免許を有し、「憲法」と「体育」「情報科学」の科目を選択し所定の単位を取得すると養護教諭2種免許の申請ができます。

・病院及び診療所等の医療施設、介護老人保健施設

・国及び地方公共団体の医療・保健・福祉行政部門

・事業所の医療・保健・福祉部門

・大学を含む教育研究機関など

東北文化学園大学医療福祉学部看護学科に関する細則

東北文化学園大学医療福祉学部看護学科における進級及び臨地実習の履修に関する細則

東北文化学園大学医療福祉学部看護学科における保健師課程の履修に関する細則

東北文化学園大学医療福祉学部看護学科における履修登録単位数の上限に関する細則