Ⅴ 学部、学科案内

東北文化学園大学科学技術学部建築環境学科における履修の取扱いに関する細則

平成25年3月6日 大学運営会議制定

(趣旨)

第1条
この細則は、東北文化学園大学履修規程第13条の規定に基づき、東北文化学園大学科学技術学部建築環境学科に在籍する学生の履修の取扱いについて定めるものとする。

(履修要件及び履修指導)

第2条
各年次における履修要件及び履修指導は、次のとおりとする。

(1) 1年次終了時に、1年次に配当されている必修科目の過半数が単位未修得の場合は、スチューデント・アドバイザー(以下「SA」という。)と個別面談し、履修指導を受けなければならない。

(2) 2年次終了時に、2年次までに配当されている必修科目が単位未修得の場合は、SAと個別面談し、履修指導を受けなければならない。

(3) 3年次終了時に、3年次までに配当されている必修科目が単位未修得の場合は、SAと個人面談し、特段の履修指導を受けなければならない。

(4) 3年次終了時に総修得単位数が、100単位を下回っている場合は、4年次配当の「卒業研修Ⅰ」及び「卒業研修Ⅱ」を履修することができない。

  ただし、3年次編入学生及び転学部等学生については、100単位相当を修得し、教育上適切と判断した場合に限り、「卒業研修Ⅰ」及び「卒業研修Ⅱ」の履修を認めることができる。

(必修科目の再履修)

第3条
各年次に配当されている必修科目が未修得の場合は、所定の手続きに従い速やかに再履修し、単位を修得しなければならない。

(卒業見込証明書発行)

第4条
建築環境学科において「卒業研修Ⅰ」及び「卒業研修Ⅱ」の履修を許可された者は、卒業見込証明書の発行を申請することができる。

(雑則)

第5条
この細則に定めるもののほか、学生の履修に関し必要な事項は、科学技術学部教授会の議を経て、学部長が別に定める。

附 則

この細則は、平成25年4月1日から施行する。