Ⅵ 諸規程

東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科生活福祉専攻及び精神保健福祉専攻における保健福祉専攻専門科目履修に関する細則

平成21年6月10日 医療福祉学部教授会決定

(趣旨)

第1条
この細則は、東北文化学園大学履修規程第5条の規定に基づき、東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科生活福祉専攻及び精神保健福祉専攻に在籍する学生の、保健福祉専攻で開設している専門科目を履修する場合の単位認定方法について定めるものとする。

(履修の許可)

第2条
生活福祉専攻及び精神保健福祉専攻に在籍する学生が、保健福祉専攻で開設している専門科目を履修する場合、履修を希望する授業科目の担当教員に許可を受けなければならない。

(卒業に要する単位への算入)

第3条
保健福祉専攻で開設している専門科目を履修し、修得した単位については、次の各号に定めるところにより、卒業に要する単位に算入することができる。

(1) 生活福祉専攻に在籍している学生が、保健福祉専攻で開設している専門科目(ただし社会福祉士養成科目及び共通科目を除く)を履修し、単位を修得した場合、25単位を上限に専門科目の選択科目の単位の一部として認定する。

(2) 精神保健福祉専攻に在籍している学生が、保健福祉専攻で開設している専門科目(ただし社会福祉士養成科目及び共通科目を除く)を履修し、単位を修得した場合、25単位を上限に専門科目の選択科目の単位の一部として認定する。

(自由聴講科目の単位としての認定)

第4条
保健福祉専攻で開設している専門科目を履修し、前条の規定により卒業に要する単位へ算入できる単位数を超えて修得した単位については、自由聴講科目の単位として認定することができる。

附 則

この細則は、平成21年6月10日から施行し、平成21年度の入学者から適用する。

附 則

この細則は、平成21年11月11日から施行し、平成21年度の入学者、編入学者及び転学部等学生から適用する。