Ⅴ 学部、学科案内

 《作業療法学専攻》

 1) ディプロマ・ポリシー、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

「知識・理解」

・作業療法士の資格を取得し、実践するための基本的な知識を身につけている。

「思考・判断」

・情報を収集・分析することや柔軟に対応・解決する能力を身につけている。

「技能・表現」

・作業療法士としての基本的評価・治療技術を身につけている。

・円滑な対人交流を行う技術と論理的に説明できる表現力を身につけている。

「関心・意欲・態度」

・人や社会に関心を持ち、自ら学び続ける意欲を持っている。

・倫理観を持ち、他者を思いやる態度を身につけている。

2. 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

「知識・理解」

・入学後の修学に必要な基礎知識を有している人。

「思考・判断」

・探究心を持ち、柔軟な判断ができる人。

「技能・表現」

・良好な人間関係を形成するための意思の伝達・受容ができる人。

「関心・意欲・態度」

・作業療法に強い興味関心があり、学ぶ意欲がある人。

・他者への敬意と思いやりがある人。

・困難に出会っても、あきらめずに努力できる人。

求める学習経験

・ひとの心とからだの仕組みを理解するための基礎として「生物」「化学」「物理」いずれかまたは全てを学習していることが望ましい。

・仲間と協力し合って課題に取り組んだことを一緒に喜び合った経験がある。

・作業療法士の仕事について調べたり、見学したりするなど自主的に学んだことがある。

3. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーを踏まえ、科目間のつながりに配慮しながら教育課程を編成し実施する。

「基礎科目」

・専門職を目指す者として幅広い知識と科学的思考力を養うための基礎となる科目を配置する。

・リハビリテーションの専門職として生命の尊さや人としての倫理観を培う科目を配置する。

「専門基礎科目」

・作業療法を学ぶ上で必要な基礎医学系と臨床医学系の科目を系統的に配置する。

「専門科目」

・作業療法に興味をもち将来作業療法士として活躍する様子が想像できる科目を配置する。

・作業療法士として必要な知識と技術、実践する力を系統的に学習できるように、障害領域別に科目を配置する。

・論理的に思考する力、わかりやすく説明し記述する力を身につけるための科目を配置する。

 2) カリキュラムの特徴

作業療法学専攻のカリキュラムは、理学療法士作業療法士養成施設指定規則に定められた内容を全て含む科目構成で、基礎分野、専門基礎分野、専門分野に分かれています。基礎分野と専門基礎分野は理学療法学専攻と共通の科目構成で、主として1~2年次の開講となっています。

専門分野は作業療法学専攻独自の科目構成で、作業療法士への志向を高めるために専門分野の基本となる数科目を1年次開講としています。学外の病院や施設で2年次から4年次に行う臨床実習(22単位)は卒業要件に含まれる必修の科目です。

【基礎分野】

専門職を目指す者は、個人が生きていく上においても、身につけるべき知識と理解力などの教養を高め、人格を陶冶することが求められます。基礎分野の科目は ① 一般科目、② 人文科学、③ 社会科学、④ 自然科学の中から選択履修することになります。専門を学ぶ導入として組まれている一般科目の学習を通して、幅広い知識と科学的思考力を養う基礎を身につけるよう努めて貰いたいと願っています。国際語としては英語を必修とし、近隣諸国との提携を考えて中国語か韓国語を選択履修すること、また情報科学や情報処理に関する基礎知識も習得可能となっています。

【専門基礎分野】

養成施設指定規則に基づいて基礎医学系と臨床医学系に大別し、基礎医学系として「人体の構造と機能及び心身の発達」を、臨床医学系として「疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進」、「保健医療福祉とリハビリテーションの理念」を位置づけた科目構成となっています。

「人体の構造と機能」には、解剖学、生理学、身体運動学演習・実習、運動制御論などを含め、「心身の発達」には人間生涯発達学を対応させ、人間の基本的な心身の機構について学習するものです。

「疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進」には、臨床医学総論、内部障害系病学、神経障害系病学、骨関節障害系病学、精神医学などの一般臨床医学とリハビリテーション医学を学習します。「保健医療福祉とリハビリテーションの理念」には、リハビリテーション概論、保健医療福祉連携論、看護保健概論、社会福祉概論など医療福祉分野の基本概念を学習します。

【専門分野】

養成施設指定規則に定められた基礎作業療法学、作業療法評価学、作業療法治療学、地域作業療法学、臨床実習に沿って、作業療法士として必要な知識と技術を系統的に学習できるように障害領域別の科目構成とし、各年次の積み上げによる履修を基本としています。学外の病院・施設での各臨床実習は学科規定に基づいて必修科目の修得を前提に履修可能となります。

早い時期から専門職への道を自覚するため、1年次に「作業療法概論」「基礎作業療法学」、「作業療法評価学」などの専門科目を学びます。特別科目では、1年次「基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ」、2年次「作業療法ゼミナール」を必修科目とし、学習支援、実践力強化の個別指導を準備しています。また特論(卒業研究)は、「作業療法実践特論」、「作業療法研究特論」の2科目からの選択必修としています。

 3) 学外実習

【臨床実習の目的と配当年次】

・臨床実習Ⅰ(2年次後期、評価計画立案実習)

実習指導者のもとで、対象者やリハビリテーションチームの専門職に対する基本的な接し方や姿勢を学習するとともに、対象者との面接や情報収集を実施し、これらの情報をもとに対象者に必要な評価を考え、評価の実施計画の立案を経験します。さらに立案した評価実施計画の一部を実施し、結果を整理する経験をします。

・臨床実習Ⅱ(3年次後期、総合実習)

実習指導者の指導のもと、前半の3週間の評価実習の中で症例を担当し、評価および作業療法計画の立案を経験し、対象者の全体像を把握しながら作業療法の評価過程を学びます。後半の7週間の実践過程実習では、評価計画に基づき、介入の実施を経験し、経過に応じて効果判定(再評価)を行い、一連の作業療法の実践過程を学びます。

・臨床実習Ⅲ(4年次後期、総合実習)

臨床実習Ⅱと同様に、臨床実習指導者の指導の下、一連の作業療法の実践過程を学びます。さらに、対象者を取り巻く種々の背景や生活を考えながら、在宅生活、地域保健活動など幅広い視点をもった作業療法や対象者に関わる他職種との連携について考えます。また、作業療法土として進むべき方向性について考え、職業人としての意識を高めていきます。

 4) カリキュラムツリー(別頁)

医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 カリキュラムツリー [PDF]

 5) 進級要件

東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科における進級及び履修に関する細則(別頁)

東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科における履修登録単位数の上限に関する細則(別頁)

 6) カリキュラム配置図(別頁)

医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 カリキュラム配置図〈平成28 年度 入学者用〉[PDF] 

 7) 授業科目一覧表、卒業要件単位数カリキュラム対照表(別頁)

【授業科目一覧表・卒業要件単位数】

医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 平成26・27・28 年度入学者用[PDF]

医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 平成24・25 年度入学者用[PDF]

【カリキュラム対照表】

医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 カリキュラム対照表[PDF]

 8) その他(詳細は別に定める)

・実習概要

・卒業研究(特論)

・その他

 9) 目標とする国家試験・資格

・作業療法学専攻の卒業により作業療法士国家試験の受験資格を取得

・国家試験に合格後、作業療法士免許を取得(厚生労働大臣)

10) 将来の仕事

作業療法士の国家資格を得て、将来の仕事として目指す職場は以下のようなものです。この他、卒業後は就労せず、大学院などへの進学も可能となります。

・病院及び診療所等の医療施設、介護老人保健施設、障害者更生施設や療護施設等の障害者支援施設

・国及び地方自治体の医療・保健・福祉行政部門

・特別支援教育への参画や大学教員を含めた教育研究機関など