Ⅴ 学部、学科案内

建築環境学科(人間環境デザイン学科)

 1) ディプロマ・ポリシー、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

「知識・理解」

・建築環境分野における関連専門資格の取得に必要な知識・技能を有する。

「思考・判断」

・建築環境分野に関心を持ち、健康でエコロジカルな建築環境について深く考察できる。

「技能・表現」

・建築環境の構築や改善に寄与できる技能を有する。

「関心・意欲・態度」

・高い倫理観と豊かな想像力を持って、建築環境分野や地域社会に貢献できる力を身につけている。

2. 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

「知識・理解」

・建築環境分野の基礎から応用まで広く深く学びたい人。

「思考・判断」

・物事を多面的かつ理論的に考えようとする人。

「技能・表現」

・自分の考えを的確に表現し、伝える努力を惜しまない人。

「関心・意欲・態度」

・身近な住環境に問題意識を持ち、具体的な環境改善に意欲がある人。

求める学習経験

・文系・理系志向を問わず、建築環境分野を学ぶための基礎的な学力を有している。

3. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーを踏まえ、教育課程を編成し実施する。

「基礎科目」

・人間力と社会人基礎力を育成する幅広い教養教育を行う。

「専門基礎科目」

・建築環境分野を広く深く理解するための充実した基礎教育を行う。

「専門科目」

・環境設備エンジニア・住環境プランナー養成の2つのコースを用意し、より専門性の高い教育を行う。

「研修科目」

・グループ指導体制により充実した実践教育を行う。さらに資格取得支援や学外実習など課外学習支援の仕組みも整えている。

当学科は平成11年4月に「環境計画工学科」として発足し、以来、建築環境・設備を総合的に学ぶことの出来る東北地方唯一の学科として、有能な人材を社会に送り出してきました。平成25年度からは学科名称を「建築環境学科」に改訂し、時代の要請に応えるとともに、教育内容の充実を図っています。

カリキュラムについては、専門課程を、建築設計のプロを目指す「建築デザインコース」、室内環境とインテリア・リフォームのプロを目指す「健康インテリアコース」、建築設備技術のプロを目指す「建築設備コース」の3つで構成するとともに、「医療健康系科目」、「人文社会系科目」、「自然科学系科目」、「語学系科目」などの充実した基礎科目群でそれらを下支えしています。

また、環境科学の基礎知識や社会人として求められる基本的な知識・意識・マナー等を涵養するための「環境マインド科目群」を設け、学年進行に応じて配当しております。

【建築デザインコース】

建築デザインコースは、地域環境に求められる建築デザインをテーマとしています。震災復興、人口減少、高齢化社会、エコロジカル等の今日的課題を念頭に、建築設計をはじめ企画から建設までを総合的に学ぶ内容となっております。

【健康インテリアコース】

健康インテリアコースは、健康環境に即したインテリア環境のあり方をテーマとしています。高気密住宅の普及に伴い、インテリアと人体の密接な関わりが明らかになっております。本コースでは最新の建築技術と環境技術を駆使し、健康快適に配慮した住宅や医療施設などのインテリア設計手法とリフォーム技術を学ぶ内容となっております。

【建築設備コース】

建築設備コースは、持続可能社会に求められる建築設備の在り方をテーマとしています。低炭素社会を目指した建築物の省エネルギーや再生可能エネルギー利用、巨大地震に対する課題等について、建築設備分野は大きな可能性を持っております。本コースでは建築設備の設計・施工から維持管理までを体系的に学ぶ内容となっております。

◎学科の特徴

《普通科・専門学科・総合学科に対応》

さまざまな学校の出身者に対応できるよう、基礎教育(リメディアル科目など)が充実しており、基礎的な理数系科目を再確認することで、専門科目へのスムースな移行が可能となります。

《充実したグループ指導体制》

少人数ゼミにより丁寧な指導を行います。就職指導にもゼミが生かされ、研究室に2年間所属できるのは本学科の特徴です。

《資格取得プログラム》

インテリア、福祉住環境、CAD、宅建、施工管理、健康住宅、シックハウス、ビオトープ、アメニティ技術など、メニューは多彩。在学中に資格が得られるプログラムです。

 東北文化学園大学科学技術学部における履修登録単位数の上限に関する細則

東北文化学園大学科学技術学部における履修登録単位数の上限に関する細則

東北文化学園大学科学技術学部建築環境学科における履修の取扱いに関する細則

東北文化学園大学科学技術学部人間環境デザイン学科における履修の取扱いに関する細則

 2) カリキュラムツリー(別頁)

科学技術学部 建築環境学科 カリキュラムツリー(平成28 年度入学者) [PDF]

科学技術学部 建築環境学科 カリキュラムツリー(平成24、25、26、27 年度入学者)[PDF]

 3) カリキュラム配置図(別頁)

科学技術学部 建築環境学科 カリキュラム配置図〈平成28 年度 入学者用〉[PDF] 

科学技術学部 建築環境学科 カリキュラム配置図〈平成24、25、26、27 年度入学者用〉[PDF] 

 4) 授業科目一覧表、卒業要件単位数カリキュラム対照表(別頁)

【授業科目一覧表・卒業要件単位数】

科学技術学部 建築環境学科 平成28 年度入学者用[PDF]

科学技術学部 人間環境デザイン学科・建築環境学科 平成24・25・26・27 年度入学者用[PDF]

【カリキュラム対照表】

科学技術学部 人間環境デザイン学科・建築環境学科 カリキュラム対照表[PDF]

在学中に取得可能な資格

【資格取得プログラム】

建築環境学科では、カリキュラムに連動したプログラムで資格取得を徹底サポートしています。本学科が用意している「資格取得プログラム」は、在学中の複数の資格取得を目指すもので、資格取得を希望する学生が、各プログラムの専任教員が主宰する勉強会に参加する形で進めていきます。希望者による課外の勉強会ですので学年は不問、低学年から高学年の学生が同じ目標に向かって意欲的に取り組んでいます。

 A.インテリア関連資格 プログラム

■『インテリア設計士』、『インテリアコーディネーター』

在学中に「インテリア設計士」や「インテリアコーディネーター」資格を取得し、卒業研修では設計に取り組みながら卒業直後に「2級建築士」試験を受験できるよう準備を進めます。インテリア関連のメーカーやショールーム、住宅メーカー、設計事務所等で活用できる資格です。「インテリアプランナー」資格取得にも有利です。

 B.福祉住環境コーディネーター プログラム

■『福祉住環境コーディネーター』

高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案する「福祉住環境コーディネーター」を在学中に取得します。3級から勉強を始め、就職活動でアピールできる2級の取得を3年生までに目指します。

 C.建築CAD検定資格 プログラム

■『トレース検定試験』『建築CAD検定試験』

在学中早期に「トレース検定」を取得、さらに目標である『建築CAD検定資格(2・3級)」を受験します。卒業年次には建築専用CAD、設備専用CAD、3次元CADなどを駆使した設計を学びます。他の『CAD利用技術者試験』『CADトレース技能審査』などCAD関連資格にも挑戦可能な実力を磨きます。

 D.管工事施工技術者 プログラム

■『消防設備士』『2級管工事施工管理技士』:国家資格

設備工事のプロ資格である「管工事施工管理技士」資格を目指すプログラムです。在学中早期に、「消防設備士」に挑戦、更に「2級管工事施工管理技士」の学科試験を受験し、社会に出てから実地試験を受験します。社会的要請の非常に強い設備工事現場の監督になれる資格です。設備工事に関する国家資格最高峰である「1級建築施工管理技士」資格につながるプログラムです。

 E.建築士受験準備 プログラム

■『2級建築施工管理技士』:国家資格

卒業後に受験可能な「2級建築士」資格につながるプログラムで、建築士試験と共通性の高い「2級建築施工管理技士」の学科試験を在学中に受験します。社会に出てから実地試験に合格すれば、建築施工現場のプロになれる資格です。また、本学科では卒業後の建築士受験プログラムについて、日建学院と提携しており、「2級建築士」資格の取得、さらには「1級建築士」資格の取得へ大きなステップとなります。

 F.宅地建物取引主任者 プログラム

■『宅地建物取引主任者』:国家資格

「宅地建物取引主任者」とは、宅建業法、民法、建築等に関する法令を学び、不動産の売買・交換・貸借を行う不動産取引の専門家です。建築分野から法律関係まで幅広い内容であることから「マンション管理士」、「管理業務主任者」の取得にも役立ちます。国家資格で難易度も高いですが、社会からの需要は高く就職活動において非常に強い資格です。

 G.健康住宅アドバイザー プログラム

■『健康住宅アドバイザー』

住宅の衛生環境、維持管理に関する調査・診断、施工の技術者に要求される資格「健康住宅アドバイザー」を取得します。本プログラムでは、「健康な住宅の維持管理の出来る人、健康住宅の販売・住宅リフォーム事業に関係する人材」を養成します。

 H.シックハウス診断士 プログラム

■『シックハウス診断士』

「シックハウス診断士」とは、シックハウス症候群についての幅広い知識を身につけ、住宅の調査、室内空気環境の測定などを行う専門家の資格です。プログラムでは「診断士補」を在学中に取得します。「環境計量士」や「公害防止管理者」の取得にも役に立ちます。

 I.エコ検定・アメニティ資格 プログラム

■『エコ検定』『アメニティスペシャリスト』

「エコ検定」資格は、専門科目を学ぶ上での基礎知識として位置付けられ、自然環境、社会・経済との関係、時事問題など、持続可能な社会を形成するための幅広い環境問題を学びます。低学年での受験を勧めます。「アメニティ資格」は、人が暮らしやすい生活環境の提案・アドバイス等を行うことの出来る資格で、「アメニティスペシャリスト(生理人類士2級)」があります。

卒業後に取得可能な資格

【受験資格が得られるもの(建築環境学科で認定を受けている資格)】

■一級建築士

■二級建築士

■木造建築士

■建築設備士

■インテリアプランナー

■建築施工管理技士

■管工事施工管理技士

 一級建築士・二級建築士・木造建築士試験の受験資格要件

一級建築士、二級建築士及び木造建築士は、卒業後に受験資格が得られます。但し、この資格試験の受験資格要件を得るためには、在学中に指定された科目の単位を取得する必要があります

一級建築士は卒業後2年以上の建築実務の経験年数が必要となります。

二級建築士及び木造建築士は取得単位数により建築実務の経験年数が必要となる場合があります。

次の表は、一級建築士、二級建築士及び木造建築士の受験資格を得るための受験資格要件と指定科目一覧になります。

 

一級建築士・二級建築士・木造建築士試験の受験資格要件:指定科目一覧(平成28 年度入学者)
一級建築士・二級建築士・木造建築士試験の受験資格要件:指定科目一覧(平成24~ 27年度入学者)