新着情報

2017.05.15
【河北新報掲載】作業療法学専攻が「宮城県脊髄損傷者協会」会員を講師とした講習会を開催
メディア・プレス 大学から お知らせ(皆さんへ)

本学、医療福祉学部リハビリテーション学科作業療法学専攻が5月13日(土)に、宮城県脊髄損傷者協会の会員を講師に、講習会を開催し、その様子が河北新報に掲載されました。

 

■掲載メディア

2017年5月14日(日)
河北新報朝刊12面

■掲載内容

脊髄損傷者の日常知る「東北文化学園大生 実習控え講習会」

宮城県脊髄損傷者協会の会員を講師に、患者の実際の日常生活を学び、自立を支える技術について理解を深めた。

講習会にはリハビリテーション学科作業療法学専攻の3年生37人が参加した。 

 

学生のコメント「初めて当事者の方に話を聞き、ここまでの動作ができるまでに相当な努力をしてきたことが分かった」

大黒一司教授コメント「秋の実習を前に、障害がある方の動きや気持ちを理解してもらいたかった」

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941