新着情報

2017.06.28
(公社)日本理学療法士協会が開催する「がんのリハビリテーション研修会」に本学教員が講師として参加します
イベント 大学から お知らせ(皆さんへ)

がんのリハビリテーション研修会

 益社団法人日本理学療法士協会が主催する「がんのリハビリテーション研修会」が7月1日・2日、本学で開催されます。

開講する13プログラムのうちのひとつ「歩行・基本動作/ ADL・IADL障害に対する対応」で、本学の医療福祉学部リハビリテーション学科理学療法学専攻の小野部 純講師が登壇いたします。

本プログラムは、「理学療法」と「作業療法」それぞれの視点から歩行・基本動作のリハビリテーションを解説するもので、講師も理学療法士と作業療法士それぞれが解説します。

実は、作業療法士の講師である高橋 勝様(福島県立医科大学)も本学卒業生で、興味深い組み合わせとなりました。

 

「がんのリハビリテーション研修会」とは

 がんのリハビリテーションを実践する上で各専門職種(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)に必要となる知識・スキルを身につけることを目的とした研修会です。

がんは、死亡者数の約1/3を占め、1981年から死亡原因の第1位となっています。厚生労働省の取り組みにより、がんによる死亡率は減少傾向にあります。しかし、高齢者に多く発生するがんは日本の平均寿命、高齢化率の増大とともにその後も増加する一方です。 

リハビリテーションではチーム医療が重要でありますが、がんは様々な臓器に発生し、がんやがんの治療に伴い、これらによって引き起こされる障害も多様であることから、特に多職種によるチーム医療が重要であると考えられています。

 

備考

公益社団法人 日本理学療法士協会HP

http://www.japanpt.or.jp/members/seminer/browse/

「がんのリハビリテーション研修会」の項目をご参照ください

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941