TOPICS&NEWS

2015.03.27
平成26年度 東北文化学園大学ボランティア表彰を行いました。
大学から 在校生へ 卒業生へ 保護者へ 高校教員・一般へ その他 お知らせ(皆さんへ)

日々の学修に加えて、ボランティアも熱心に活動した
本学生、団体を表彰いたしました。

H26_volunteer_hyousyou 平成27年3月13日、本学学長室において「平成26年度・東北文化学園大学ボランティア表彰式」を行いました。表彰式では、約10人の受賞者に学長から表彰状と副賞が授与されました。
 本表彰は、優れたボランティア活動を行い地域社会に貢献した学生、団体を表彰し栄誉を称えるとともに、ボランティア活動に対する全学的な意識高揚を図ることを目的としています。
 東日本大震災以降、ボランティアの果たす役割は従前にもまして重要となりました。そこで、本学では平成23年度に「ボランティア・ポイント制度」を設け、学生の様々なボランティア活動を奨励ならびに支援しています。この制度に申請があった各学生のボランティア活動の中から、取得ポイント数、活動内容及び地域社会への貢献度を総合的に評価し、本表彰の受賞者を決定いたしました。

受賞者は以下の通りです。

○ゴールド・ポイント賞
 上野 金一 さん(総合政策学部総合政策学科・3年)【3年連続】
 ・遺児等を支援する非営利団体「あしなが育英会」の学生ボランティアスタッフとして、各種事業推進、東日本大震災被災児童の支援などの活動に尽力した。

○シルバー・ポイント賞
 菅 麻友 さん(医療福祉学部看護学科・3年)
 ・本学医療福祉学部看護学科有志による地域貢献活動グループ「Nsプロジェクト」に所属し、2年間活動の運営に尽力した。

○ブロンズ・ポイント賞
 畠山 美咲 さん(医療福祉学部保健福祉学科保健福祉専攻・3年)
 ・地域の様々な福祉ボランティアに主体的に活動した。特に、障害者の方々が行うスポーツ活動の支援に積極的に取り組んだ。

鈴木 惇裕 さん(医療福祉学部リハビリテーション学科作業療法学専攻・2年)
 ・地域団体が行う幼児、児童のスポーツ・野外活動を支援する活動に参加し、活動の運営に尽力した。

《特別賞》
○グループ・ポイント賞
 健康支援隊(本学学生、教員有志)
 ・名取市内の箱塚桜仮設住宅団地に入居する被災者を支援するため、平成23年8月にグループを結成。入居者の体調確認やバイタルサイン測定、各種レクリエーションを提供するなどの活動を行っている。また、現在では仙台市青葉区国見地区にも活動の場を広げ、地域住民を対象としたサロン活動を展開している。

Nsプロジェクト(本学医療福祉学部看護学科学生、教員有志)
 ・名取市内の愛島東部仮設団地の集会所で毎月、仮設入居者の生活不活発病予防を目的とする運動や手遊びの催しを実施。また、ケアが必要な世帯には家庭訪問を行い、入居者の健康状態の確認なども行っている。

東北文化学園大学地域連携センター

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941