TOPICS&NEWS

2016.11.18
【理学療法学専攻】 学会報告 / 第34回東北理学療法学術大会
学科専攻 リハビリテーション学科・理学療法学専攻 お知らせ(皆さんへ)

11月12日(土),13日(日)

秋田市文化会館にて第34回東北理学療法学術大会が開催されました.

 本学からは,以下の教員と大学院生が口述発表しました.

 

阿部玄治 他:上靴のヒールカウンターが前後方向の立位バランス制御にあたえる影響

長井真弓 他:低酸素脳症児の上肢不随意運動に対する経頭蓋直流電気刺激の効果

吉田高幸 他:立位からの長坐位への着座動作パターンの研究

 

また学生演題として,以下の卒研班(発表者)がポスター発表をしました.

 

身体運動学班(渋谷僚くん):片脚立位を用いた能動的運動課題の姿勢制御に与える影響

神経班(大場勇輝くん):またぎ動作パターンが障害物高によって変化する要因の解析

内部班(黒澤啓志くん):狭小スペースでの運動耐用能の検討

 

image3 image1

 

記事担当:阿部玄治

更新者:沼田純希

輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941