【作業療法学専攻】第1回入学前教育

  • 【作業療法学専攻】第1回入学前教育
    2018.01.12 リハビリテーション学科・作業療法学専攻在校生へ保護者へ高校教員・一般へ受験生へ 【作業療法学専攻】第1回入学前教育   12月下旬に平成30年度入学予定者を対象に第1回目の入学前教育を開催しました。 学科長、副学科長より入学前教育の概要や4年間のカリキュラムなどについて説明がありました。         模擬授業では3年生の先輩方が全体に向け自己紹介をした後、講義を行いました。      その後、先輩方や先生から角度計の使い方を教えてもらいながら、一緒に手指の関節可動域を測定しました。今回の模擬授業は、1年生後期に開講される作業療法評価学演習の一部分です。入学後は少しずつ専門的な勉強をしていきます。      午後からは在校生(3年生)、卒業生から講話や懇
    この記事を見る
  • 【作業療法学専攻】せんだい豊齢学園参加者と本専攻2年生の世代間交流
    2017.12.08 リハビリテーション学科・作業療法学専攻在校生へ卒業生へ保護者へ高校教員・一般へ受験生へ 【作業療法学専攻】せんだい豊齢学園参加者と本専攻2年生の世代間交流 11月20日にせんだい豊齢学園の方々と本専攻2年生との世代間交流を行いました。 昔の生活や昔の仙台の街並みなどの映像を見ながら、グループごとに話をしました。 どのグループも話が途絶えることなく、互いに新鮮な経験をしたようです。 実習を控えている学生にとっても今後の学習の糧になる経験だったのでないかと思います。    
    この記事を見る
  • 【作業療法学専攻】平成29年度特論発表会
    2017.10.13 リハビリテーション学科・作業療法学専攻在校生へ卒業生へ保護者へ高校教員・一般へ受験生へ 【作業療法学専攻】平成29年度特論発表会 9月下旬に特論発表会を行いました。 これは4年生の科目の一つ(作業療法研究特論、作業療法実践特論)です。 この科目では、テーマに関する先行研究の整理、研究計画の立案、データの収集、解析など一連の流れを学習することで、卒後の学会発表や仕事に役立てることができます。 4年生は5月から7月下旬まで臨床実習、実習報告会がありました。様々なことを計画的に進めてきたことだと思います。 各グループのテーマと発表会の様子を掲載します。   ①自動車運転に向けた作業療法について ―文献からの検討―      ②パーソナルコンピュータにおける空間認知と紙面における空間認知の違
    この記事を見る
  • 【作業療法学専攻】作業療法フェスタ実施報告
    2017.10.11 イベントリハビリテーション学科・作業療法学専攻在校生へ卒業生へ保護者へ受験生へ 【作業療法学専攻】作業療法フェスタ実施報告 9月17日に作業療法フェスタという、体験や説明を通して作業療法について理解を深めるイベントがサンモール一番町藤崎本館前で開催されました。台風が近づく中での開催ではありましたが、300人ほどの方にご参加頂きました。革細工の体験や福祉用具の説明、難病を抱えながら生活している方の話などに関心を示して頂き、楽しみながらご参加いただけたのではないかと感じました。本学教員も参加しましたし、学生も参加しました。 来年の開催の際にも多くの方にご参加いただければと願っています。   宮城県作業療法士会会長の挨拶(本専攻の1期生)    車椅子や福祉用具の体験コーナーや県士
    この記事を見る
  • 【作業療法学専攻】平成29年度第5回オープンキャンパス
    2017.09.08 リハビリテーション学科・作業療法学専攻在校生へ卒業生へ保護者へ高校教員・一般へ受験生へ 【作業療法学専攻】平成29年度第5回オープンキャンパス 9月3日(日)、第5回目のオープンキャンパスを行ないました。 仙台市は久々に晴天に恵まれたなかでの開催となりました。 オープンキャンパス開催に先立ち、4年生の支援学生の紹介を行いました。        ■学科・専攻の説明 その後、作業療法についての説明、本専攻のカリキュラム、臨床実習、国家資格試験状況、平成28年度求人・就職状況などを紹介しました。   ■模擬授業「自助具と福祉用具」 担当教員:犬塚 千賀子 患者さんのなかには体の機能改善が難しく、生活を助ける道具、すなわち、自助具を用いることによってこれまで通り日常生活を送ることができるようになる
    この記事を見る
輝ける者を育む!東北文化学園大学
〒981-8551 宮城県仙台市青葉区国見6-45-1
TEL 022-233-3310
FAX 022-233-7941