文字サイズ
工学部 知能情報システム学科
工学部 知能情報システム学科

教授 石田 広幸

石田 広幸
ISHIDA Hiroyuki

学歴・学位

学位・資格
工学博士
英検二級

学歴
東北大学大学院工学研究科電気及通信専攻の博士後期の課程修了

職歴

昭和61年4月 雇用促進事業団北海道職業訓練短期大学校教員
平成5 年 4月 東北文化学園東北科学技術短期大学助教授
平成11年4月 東北文化学園大学科学技術学部助教授兼任
平成12年4月 東北文化学園大学科学技術学部助教授
平成15年4月 東北文化学園大学大学院健康社会システム研究科兼任講師
平成22年4月 東北文化学園大学科学技術学部教授
       東北文化学園大学大学院健康社会システム研究科教授

所属学会・役割

電子情報通信学会(8101002)・機構デバイス研究専門委員会幹事(2年間)・東北支部運営委員(現在)
電気学会(8503306)・会員
日本工学教育協会・会員
継電器研究会・東北北海道地区幹事(7年間)

担当科目

「電気工学概論」(IIS学科1年次後期2単位)
「物理学」(IIS学科1年次後期2単位)
情報通信工学(IIS学科3年次前期2単位)
「キャリアデザイン」(IIS学科1年次前期2単位)
「キャリアサポート」(IIS学科3年次後期2単位)
「知能情報システム実験」(IIS学科2年次前期2単位)
「インターンシップⅠ」(IIS学科1~4年次2単位)
「インターンシップⅡ」(IIS学科1~4年次2単位)
「特別講義Ⅰ」(IIS学科1~4年次2単位)
「特別講義Ⅱ」(IIS学科1~4年次2単位)
「環境情報計測システム論」(生活環境情報専攻1年次前期2単位)
「環境情報計測システムセミナー」(生活環境情報専攻1年次後期2単位)

研究テーマ

[無放電遮断現象の研究]
 地球温暖化を抑制するために各分野で二酸化炭素の排出を抑制する方向で進んでいく。電力供給分野でも同様である。エジソンが主張した直流給電システムが期待できる。しかし、直流遮断時に発生する火花が問題になる。筆者は、大学院の学生の頃から40年、一貫して直流遮断現象を研究してきた。そして、直流遮断時に無放電で遮断になる現象を発見した。この発見は直流給電システムに光を当てるものと期待できる。この発見は、図に示した装置によって得られえた。片持ち梁を利用して微速度で接点電極開離をするために開発した装置である。接触点近傍を顕微鏡で拡大して観察でき、波形記録装置によって遮断時の高速現象を観察できる。


図 微速度接点開離実験装置

主たる論文・著書

Hiroyuki Ishida:“Non-Arcing Circuit Breaking Phenomena in Electrical Contacts due to Dark Bridge”,IEICE Transactions on Electronics,Vol.E103-C, No.5,pp.238-245(March 2020)

Hiromichi Kubota, Shunsuke Sasaki, Hiroyuki Ishida, Tasuku Takagi:” Nonlinear and negative resistance in loose electrical contacts dark bridge”, American Journal of Physics and Applications, 2013; 1(1): pp.1-4, Published online June 10, 2013
(http://www.sciencepublishinggroup.com/j/ajpa)

Hiroyuki Ishida, Masanari Taniguchi and Tasuku Takagi:” Experimental Study on the Relationships Between Bridge-Voltage and Gap Length in Slowly Opening Ag Contacts”, IEICE Transactions on Electronics[Special Issue on Recent Development of Electro-Mechanical Devices(IS-EMD2002),Vol.E86-C,No.6, pp.880-884(June 2003)

Hiroyuki Ishida, Masanari Taniguchi, Hideaki Sone, Hiroshi Inoue, Tasuku Takagi:” Relationship between Length and Diameter of Contact Bridge Formed under Thermal Equilibrium Condition”, IEICE Transactions on Electronics, Vol. E88-C, No.8, pp.1566-1572(Aug. 2005)

Hiroyuki Ishida, Shosuke Suzuki, Hideaki Sone, Hiroshi Inoue, Masanari Taniguchi, Tasuku Takagi:” Formation Mechanism of Dark Bridge between Contacts with Very Slow Opening Speed”, IEICE Trans. on Electronics, Vol. E89-C, No.8, pp.1136-1140(Aug. 2006)

高木 編著;高木、石田、井上、内村、窪野、佐藤、澤、曽根、高橋 著  : 「電気接点のアーク放電現象」,コロナ社,( Feb. 1995 )( 石田広幸の執筆担当: 3.3.1(pp.107-111),4.4(pp.190-203) )

趣味・特技・好きな言葉

「継続」という言葉が好きです。


受験生の皆さんへのメッセージ

受験生の皆さん、学問・研究を継続していってください。

連絡先

E-mail:ishida●ait.tbgu.ac.jp
※●を@に変更してください。