文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・視覚機能学専攻

学習の流れ

主な授業科目

視能検査学Ⅱ

視能検査学Ⅱ
眼科一般臨床で行われる検査の後半となる外眼部検査、前眼部・透光体検査、眼底検査、眼圧検査、隅角検査などについて、検査方法とその結果の意義、評価について学習。また疾患別の検査法や治療方針についても理解を深めます。検査のコツと落とし穴について学ぶ本講義は、並行して行われる視能検査演習において必修のものとなります。

眼疾病学Ⅱ

眼疾病学Ⅱ
眼の解剖、生理を復習しながら、加齢に伴う眼疾患をはじめ全身病に伴う眼疾患、眼心身症、遺伝性眼疾患などについて、実際の症例や最近の知見を交えて学びます。

視能検査機器演習

視能検査機器演習
視能検査法の概念、検査機器の種類と特徴および基礎知識を学習。演習では学習した眼科一般検査機器に実際に触れ、操作法、検査法、データの記録・記載法などを学びます。

学外実習

「臨地実習Ⅰ・Ⅱ」での症例報告会
  7週間の臨地実習Ⅰ・Ⅱを修了し、体験した症例について報告します。
一つの症例について疾患の特性や症例の特徴、治療経過をパワーポイントでまとめ、全在学生の前で発表することにより理解を深めます。
学生にとって最も刺激的な機会です。

 

学生の声

学生の声

澤石 悠太さん 3 年( 秋田県/明桜高等学校出身)

日頃の授業の学びを確認できる視能検査演習Ⅱの時間が好き

授業では眼の機能や構造、疾患をはじめ検査機器の特徴や検査方法なども学んでいます。特に興味深いのは、その後実際に演習を行い、授業で学んだことを確認できる「視能検査演習Ⅱ 」の時間です。