文字サイズ
医療福祉学部 リハビリテーション学科・言語聴覚学専攻

石井 由起 講師

■職種・資格
言語聴覚士
認定言語聴覚士(失語・高次脳機能障害領域)

■学歴・学位
早稲田大学第一文学部哲学科卒業
早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了
日本聴能言語福祉学院卒業
目白大学大学院リハビリテーション学研究科修士課程修了
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程 修了
博士(行動科学)

■職歴
北原脳神経外科病院 リハビリテーション科
川口市立医療センター リハビリテーション科 主任

■主な担当科目
・失語症学
・失語症学演習
・アカデミックスキル演習

■主な研究業績
1)石井由起, 春原則子, & 坂本佳代. (2015). 異書体性失書を呈した 1 症例の平仮名と片仮名の書取成績の差異. 言語聴覚研究, 12(4), 255-263.

2) 石井由起, & 春原則子. (2018). 日本語慢性期流暢性失語症 2 例への Semantic Feature Analysis (SFA) による呼称訓練の効果. 高次脳機能研究 (旧 失語症研究), 38(4), 422-428.

3) 石井由起, 宇野彰, & 春原則子. (2019). 彩色画の呼称成績を予測する心理言語学的要因. 音声言語医学, 60(2), 130-139.

■所属学会・団体・役割
日本言語聴覚学会
日本高次脳機能障害学会
日本音声言語医学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会

■専門分野・研究テーマ
・失語症
・高次脳機能障害
・呼称過程に影響する心理言語学的要因とリハビリテーション方法について

■出身地
埼玉県

■趣味
海外ドラマ鑑賞

■好きな言葉・モットー
夢は必ず壁を越える