文字サイズ
在学生の方へ
在学生の方へ

在学採用(二次採用)申込方法

 今回、二次採用に関して令和3年8月31日付けで日本学生支援機構より「在学採用(二次採用)における奨学生の推薦依頼」が届いています。
申込方法について掲載していますので、よく読んだうえでページ下部にある「申込手順」を参考に申込メールを送信して下さい。
メール送信以降の作業の流れも「申込手順」に記載されています。メールを送信しただけでは作業が進みませんので注意して下さい。

また、この奨学金は例年実施されている定期採用となります。
決して「家計急変」「緊急応急」の採用申込ではありません。

<本ページに記載されていること>
申込可能な奨学金の種類
申込期限等
申込資格・基準等
申込手順

申込可能な奨学金の種類

給付奨学金
貸与奨学金(二種のみ:一種はありませんので注意して下さい。)
※給付始期は2021年10月となります。
※貸与始期は2021年10月~2022年3月が選択可能です。
※上記どちらの奨学金も2021年9月以前を始期として選ぶことはできません。

申込期限等

メール申込期限
スカラネット
入力期限
(WEB申込)
マイナンバー提出期限(必着) 
及び 
それ以外の書類提出期限(消印有効)
初回振込日
(予定)

第一回
9月21日(火)
9月30日(木)
9月30日(木)
11月11日(木)
第二回
10月21日(火)
10月29日(金)
10月29日(金)
12月10日(金)
予備回
11月22日(月)
11月30日(火)
11月30日(火)
令和4年1月11日(火)
※マイナンバー提出書類はスカラネット入力後1週間以内に簡易書留で日本学生支援機構へ直接送付してください。

申込資格・基準等

<申込資格>
学部生(給付・貸与)および大学院生(貸与のみ)
現在奨学生の身分のある種別以外のみ申込可能(例:給付奨学生の学生が再び「給付」を申込むことはできません)

<申込基準>
(給付奨学金)

給付奨学生には成績のみならず、家計も精査されます。以下の「進学資金シミュレーター」で対象となるかの目安が分かります。
 給付奨学金を希望する場合には必ず「進学資金シミュレーター」で確認して下さい。➡進学資金シミュレーター
給付奨学生の成績基準は以下のとおりです。
 今年度入学生:
 ①高校評定3.5以上又は入試成績上位1/2以上
 ②高卒認定試験合格者
 ③将来、自立し活躍する目標をもって学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること。
 上記いずれかに該当すること。
 
 2年生以上
 ①GPAが平均以上
 ②修得単位数が標準単位数以上あり、かつ将来、自立し活躍する目標をもって学修する意欲を有していることが、学修計画書等を確認できること。

(貸与第二種奨学金)
貸与奨学生の家計基準は日本学生支援機構HPにて確認できます。➡申込家計基準
貸与奨学生の成績基準は以下のとおりです。
 ①出身学校又は在籍する学校における成績が平均水準以上と認められること。
 ②特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められること。
 ③学習に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められること。
 ④高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記①~③のいずれかに準ずると認められること。
上記いずれかに該当すること。
 ※現在貸与一種の奨学生で第二種との併用希望で申し込む場合は機構HPで確認できます。➡併用学力基準(第一種の基準と同等です)

申込手順

日本学生支援機構奨学金の在学採用申込は現在「奨学生」であるかどうかは問われません。但し、「日本学生支援機構」の奨学金と重複してはいけない奨学金もありますので、十分注意してください。
詳細を以下に記載しますので、熟読の上、順を追って手続きを行ってください。

(手順1)大学・学生課へメール申し込み

はじめに大学・学生課へメールにて「日本学生支援機構奨学金」の二次採用申込をしたいことを連絡する。その際、次の内容を件名及び本文に入力してから送信してください。また、メールには必ず書類の受け渡し方法を記載してください。大学ではこのメールを受けて、必要な書類等の準備を行います。
メール送付の際は、大学から付与されているメールアドレスを使用して下さい。例:〇〇〇@cc.tbgu.ac.jp

■メール件名・本文内容例
件名:日本学生支援機構・二次採用手続き希望

本文
:の内容は以下のとおりです。
奨学金種別:(例:給付のみ、貸与のみ、給付貸与両方←3つのうちいずれかを記入すること)
書類受渡方法:(例:配付・提出ともに窓口、配付窓口、提出郵送、など)
学籍番号:
学生本人氏名:
資料送付先:郵便番号及び住所(都道府県含む、またアパート名等がある場合には省略せず記載)
      資料配付を郵送希望する場合は必ず記載すること

連絡先:学生本人の携帯番号
大学名:
学部名:
学科名・専攻名:

<E-mail送信先>
shougakukin@office.tbgu.ac.jp

(手順2)レターパックライト及び学生証の写しを角2封筒に入れて大学へ送付(初回の資料受取に郵送を希望する場合には必須)

(手順3)大学から書類等が到着したのちの手続き

(手順4)web申込及び郵送後の手続き

Web申込及び郵送を行ったことで「在学採用者」申請が完了したこととなります。その後、大学の推薦を受けて「日本学生支援機構」が採用の判定を行います。結果はおよそ1か月後くらいとなります。以下に採用になった場合の大まかな手続きを記載します。
  1. 採用された場合、採用者に対して「奨学生証」等が発行されます。 
  2. 申込内容に沿った内容で採用されているか等を確認します。
  3. 「貸与奨学金」の場合には「返還誓約書」等の作成・提出が必須となります。この手続きが遅れると停止・廃止になることもあります。
  4. スカラネット・パーソナルの登録を実行する。(必須)
  5. 初回の振込の確認をする。

<お問い合わせ先>

東北文化学園大学 学生部学生課 奨学金担当
Tel:022-233-6116
E-mail:shougakukin@office.tbgu.ac.jp