東北文化学園大学にある発達支援教室

事業内容

作業療法部門

実施概要

作業療法部門では、自閉症スペクトラムのお子さんの特徴的な感覚や運動によって生じている、動作の不器用さや行動・学習・コミュニケーション等の困難さに対して、多様な作業(遊び・学習・日常生活動作等)を用いて発達支援を行います。また、感覚統合の考えを基にアプローチや、様々な支援用の道具(自助具)の考案・提供を行います。

指導内容

(1)対象プログラム(個別での指導)

幼児期・学童期の対象児のニーズに合わせて、評価(感覚・運動・認知など)を行い、その結果に基づいて個別の目標に応じて支援を行います。

(2)保護者プログラム 保護者教室(入門編)

自閉症スペクトラムに関する基礎的な知識や対応方法等を、感覚・運動や遊び・学習の観点から指導します。

保健福祉部門

福祉専門職を対象としたキャリアアップ教育を通じて、発達障害の今日的課題についての議論を行っております。

看護部門

看護部門では、お子さんの成長発達段階をふまえた健康支援を心と身体の両面から行います。健康支援内容は、子育て健康相談・保健教育・保健指導などです。専門的な立場(看護師・助産師・保健師・養護教諭)から支援します。支援対象はお子さんとそのご家族とし、個別・集団での対応も行います。

発達支援教室のお問合せはこちら
TEL 022-205-1735
受付時間
月・水・金 9:30~17:00