東北文化学園大学にある発達支援教室

教室参加までのながれ

趣旨

東北文化学園大学の教育研究資源を活用して地域の発達障害児、及びその家族を支援することを目的として、発達支援教室を平成20年5月に学内に開設致しました。

発達支援教室では、作業療法士の資格をもった専門教員が、それぞれの立場から個々のニーズに応じた支援を提供しています。

この他、地域に開かれた発達支援教室を目指し、専門家、保護者、学生、そして地域の方々が発達障害を理解し支援法を学ぶ場として、講演会や研修会、相談会などを開催しています。

主な業務

  1. 地域の発達障害児に対する評価、指導、訓練等
  2. 発達障害に関する教育研究の実践
  3. 保護者への相談会、研修会等の開催
  4. 教師、保育士、保健師等への相談会、研修会等の開催
  5. その他、発達障害に関すること

運営体制

発達支援教室では、医療福祉系の多くの学科専攻をもつ大学の特徴を活かし、様々な領域の専門教員が運営に携わっています。

現在、対象者プログラムや保護者プログラムについては作業療法部門が主となっていますが、その他、理学療法部門、保健福祉部門、看護部門など、各領域の専門教員が共に連携し、発達障害についての幅広い支援の実現を目指しています。

又、本学附属の国見の杜クリニックとの連携もおこなっています。

発達障害とは

「発達障害」とは、自閉症スペクトラム障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)等の障害を含めた呼び方で、脳機能の発達に関係する障害です。

「発達障害」のある人は、発達の仕方に凸凹があるのが特徴です。したがって、時に他の人にとって簡単なことが難しかったり、苦手だったりします。

しかし、一人ひとりの障害の特性を理解し、適切な援助やサポートがあれば、能力を十分に発揮することができるのです。

発達支援教室のお問合せはこちら
TEL 022-205-1735
受付時間
月・水・金 9:30~17:00