東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科

村上 賢一 講師

MURAKAMI KENICHI

pt_kyoin_murakami

■職種・資格
・理学療法士
・日本理学療法士協会認定 認定理学療法士(脳卒中)
・日本理学療法士協会認定 専門理学療法士(神経)

■学歴・学位
2001.3  東北文化学園専門学校理学療法学科
2001.3  佛教大学社会学部社会福祉学科
2008.3  東北文化学園大学大学院健康システム研究科健康福祉専攻 修士(健康福祉)
2017.3      東北文化学園大学大学院 博士(健康福祉)

■職歴
2001.4〜2004.8  仙台東脳神経外科病院
2004.9〜2006.3  リハビリパークみやび
2006.4〜         東北文化学園大学

■所属学会・役割
・公益社団法人日本理学療法士協会所属
・一般社団法人宮城県理学療法士会所属
 (理事(学術局長)、専門領域研究部 神経理学療法研究班班長兼任)
・第14回神経理学療法学術大会 準備委員長
・東北理学療法学 査読委員
・理学療法の歩み 査読委員

■担当科目
・運動動作分析演習
・臨床動作分析演習
・脳・神経障害系理学療法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
・身体運動学実習
・運動制御論
・人体生理学実習
・理学療法学総合演習
・日常生活活動演習Ⅰ・Ⅱ

■研究テーマ
・筋線維伝導速度に関する研究
・立位保持補助装置の開発と調査
・脳神経障害における動作分析
・またぎ動作に関する研究

■主たる論文・著書
1) 村上賢一,小野部純,佐藤洋一郎,他:深部温の変化が筋線維伝導速度に与える影響.東北理学療法学 21:63-68,2009.
2) 村上賢一,藤澤宏幸:立位保持補助装置開発前のアンケート調査およびトイレ動作所要時間データの収集.東北文化学園大学紀要 3:41-48,2007.
3) 村上賢一:筋線維伝導速度の基礎:理学療法の歩み 20:21-26,2009.
4) 村上賢一,武田涼子,藤澤宏幸:トレ動作などの支援のための立位保持補助装置の開発と有効性.難病と在宅ケア6 (2):42-44,2010.
5) 村上賢一,佐藤洋一郎,小野部純,他:筋線維伝導速度と筋張力発揮の動特性の関係.東北理学療法学22:20-25,2010.
6) Kenichi Murakami, Hiroyuki Fujisawa, Jun Onobe: Relationship between muscle fiber conduction velocity and the force-time curve during muscle twitches. The Journal of Physical Therapy Science 26(4): 621-624, 2014.
7)MURAKAMI K, FUJISAWA H, et al.: Relation between muscle fiber conduction velocity and exerted dynamic characteristics of muscular tension in patients with hemiplegia caused by stroke.J Phys. Ther. Sci. 28: 2838-2842, 2016.

■趣味・特技

・音楽鑑賞
・ボウリング

■連絡先
E-mail:murakami〇rehab.tbgu.ac.jp (〇を@に置き換えて下さい)

PAGETOP
Copyright © 理学療法学専攻~Original website~ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.